cyusyaPAS01313_TP_V

私の祖母が亡くなる直前の話です。 

私が高校生の頃、祖母が足を悪くしほぼ寝たきり状態になり、
母が身の回りの世話をしていました。 

そんな状態の祖母ではありましたが、ボケなどはなく、母や私には冗談を言ったりできるほどで、足以外はほんとに元気でした。

そんなある日。

母は頂き物のリンゴを持ってきて、祖母に話しかけた。

母:「おばあちゃん、リンゴむいてきたよ」 

祖母:「えらいすまんなぁ」 

母:「二切れでええやろ?」 
祖母:「うん、ほいなら中谷さんと半分づつ分けるわ」 

母:「はぁ?中谷さん?誰?どこにいるんよ?」 
祖母:「ここにいはる。ハイ中谷さん、リンゴやで」 

明らかに誰もいない場所にリンゴを差し出す祖母。 
あっけにとられる母に祖母がつぶやいた。 

祖母 「あれ、中谷さん、よく見たら目も鼻も口もあらへん!」 

それから一週間ほどで急に体調を悪くし、あれよあれよという間に祖母が亡くなった。 
母からその話を聞いた時、かなり怖かった。
いつか私にも「中谷さん」が見える日が来るのかなぁ。