iphoenx-21_TP_V

帰宅中、俺は急に腹が痛くなり、途中の駅で降りて、トイレに駆け込んだ。

運良く開いていた個室に飛び込むと、大いにその開放感に浸った。
ほんとにぎりぎり危ないところだった。

第二波が来るまでの間、手持ち無沙汰にトイレの壁一面に書かれている落書きをながめていた。
下品なものから、手の込んだ力作まで多種多様。
その時、その中に少し気になる落書きを見つけた。
それはトイレのドアの隅の方、電話番号だった。 

その番号の上にはこう書かれている。

「かけるの禁止!、後悔するぞ」 

まあ、よくある悪戯書きだったが、とても気合いの入った字で書かれている。 
退屈さもあったので非通知でかけてみることにした。 

番号を入れ、通話ボタンを押した。
隣の個室から着信音が聞こえてきた。