PPW_mushitorikago_TP_V

小学校の時。 
同級生が一軒家に引っ越した。
水まわりがイカレていたのか、そういう土地柄だったのか、
コオロギが大量発生するのだ、と話してくれた。 
あまりに多いため、お母さんが一日じゅうコオロギを退治するのだ、と言っていた。 

それから半年ほど経って、その子の家に遊びにいった。 
いわゆる建て売り住宅。玄関を開けると土間のところに一匹のコオロギ…
いや、コオロギと聞いていたがやたらでかい。これはいわゆる便所コオロギ、カマドウマだ。

こんなのが大量発生だなんて大変だな、と思いつつ中に入った。 
台所ではモーターの唸る音がする。
それが止むと奥から友人の母親が出てきた。 
友人と二人、台所に通され、菓子を御馳走になっていた。 
母親の手作りらしく、不思議な香ばしさのあるクッキーだ。

キッチンを眺めると大きめのミキサーが置いてある。さっきの音はこれらしい。 
だがチラリと見て、違和感を感じた。ガラスの容器の中身。胡麻?漢方薬?

そこに母親がどこからか戻ってきた。手の中には大量の便所コオロギ。
一匹でも気持ち悪いのだが、それが十数匹となると気持ち悪さより恐怖を感じる。

母親はそれらをミキサーの中に投げ入れるとスイッチをいれた。
みるみる粉砕される便所コオロギを無表情でじっと見つめている。 

「ウチのお母さん、少しアタマおかしくなっちゃったの」 
友人は少し困ったような顔をして、その不思議な香ばしさのクッキーをほおばっていた。