C785_gakkounowasikitoire_TP_V

10年位前の話。

私は経営コンサルの会社やっていて、全国あちこち出張で飛び回っていた。
割と名前が売れていたので、講演会などにも講師として呼ばれる事が多かった。

ある時、山梨県にある中堅どころの機械製造メーカーの講演会に呼ばれた。

講演会は近場の会議室を借りて行われ、出番があるまで小さい会議室を控え室としてあてがわれた。

待ち時間中トイレに行きたくなり席を立つと、案内係を務める若い社員がこちらですと誘導しはじめる。
しかし部屋に入る時すぐ横にトイレがある事を見ていたので、案内など必要ないよと告げると、
「隣のトイレは古いので、施設の人が下の階を使った方がいいと言っていました。」
という。
どうせ小さい方だったので流れればそれでいいよと、そのまま隣のトイレに入った。
確かにそのトイレは古びていて陰気な感じだったが、あまりに気にせず四つある小便器のうち一番手前の方で用を足した。

用を足した後、手を洗いながら目の前の鏡をふと見ると視界の端に人影が映った。
あれ?さっき人居たかな?と鏡越しそちらを見ると、一番奥の小便器にこちらに背を向け立っている男性がいる。
その人物は用を足すわけでもなく壁の角をじっと見ていた。

なんか気持ち悪いなぁと思っているとその人物がゆっくりと振り返りはじめた。
その不気味な雰囲気にあわてて外にでた。

外で待っていてくれた案内の男性に、
「なんか変な人が居るよ」と言うと、
「ちょっとやめて下さいよ〜」
と冗談のように言いながらおそるおそるトイレの中をのぞき込む。

「誰も居ないんですけど…」
「いや、絶対に居た。鏡越しに見た。ちょっと確認してくれ。」
しぶしぶ中に入った彼が真っ青な顔で飛び出してきた。

「こ、このトイレ鏡無いんですけど!」

私が見た物とは一体・・・