KAZDSCF2688_TP_V

おれが当直だった夜に、急患でおれは叩き起こされた。 
患者の様態急変とかで、まあよくあることだ。 

処置室に行くとちょうど患者が救急車で病院に着くときだった。
急患らしい。 
救急車からストレッチャーで下ろされたのは、真っ黒に焦げた死体(にみえた)だった。
救急車のスタッフにきくと、交通事故をおこしたドライバーで引火した車のなかで取り残されたらしい。
50代位の男性だった。 

一応、生きてはいるが、そりゃもう表面なんかコゲコゲで
人の肉の焼ける独特のにおいがあたりに立ちこめ、俺はもう吐き出しそうになった。 
全然動く気配もない。もう時間の問題だ。 
「すごいですよ。一応心停止してません。まあ、もうだめでしょうけど」 
と救急隊員は言った。 

医師も 
「あー、こりゃすごいね」と言って治療をする気もなさそうだ。 
「ひどい・・・・」看護婦も目が怯えていた。 
普通ならば2度熱傷といわれるやけどが体表の30%を超えると死亡率が上がるといわれている。
誰の目にみても助からないのは明らかだった。

俺は一応検査をするための準備にかかった。
機器を用意している部屋に入って準備をしていたら、その黒こげの患者が運ばれてきた。
おれは腕に検査の為に針を刺すのでその患者の血管をさがしたが 
表面が黒こげでどこに血管があるか分からなかった。 

「あー、これ、メチャクチャでどこだか分かんないよ」と俺は言った。 
皮膚のまともなとこを探そうと腕をつかんだとき、その黒こげ患者が言った。 
「・・・そんなに私、ひどいんですか・・・・」 

「あ、あ」 
俺は声にならなかった。ずっと意識はあったんだ。 
今までの俺達の会話を聞いていたんだ。