009sukagamino17103_TP_V

田舎の大きめの家を借りていました。 
そこは前の住人の布団やタンス、ベット、鍋が置いてあったままでした。(入居する時全て処分した) 

仏間は仏壇こそ無いけど、そこに人の気配がして何人かいるなぁと思ってた。 
初めは、そのオバケは私達をよそ者扱いして冷たかったけど、 
そこの大家の玄孫がうちの子と同じ年で一緒に遊んだり泊まったりするうちに、オバケは優しい雰囲気になった。(近くに親戚の家有) 

突然の雨を知らせて洗濯物を濡らさず済んだり、 
私にとって嫌な人が来ると、具合悪くさせて帰してくれたりした。 

ある日オバケがやたらとざわめいていた。 
いつもより。 
引き戸の部屋をパーンと音をさせて開けたり閉めたりして、他の家族をビビらせる位だった。 
(引き戸のある部屋は二階。誰もいない。) 

なんだろう?と思ってたけど、そのままにしてた。 
話しかけても反応が無く、悲しそうな焦ったような感じが伝わってくるだけ。

廊下から水音がして行ってみると、なんと、壁からポコポコと結構な勢いで水が溢れてる。 
穴も何も空いてないのに。 
半径30cm位の円形で、壁の真ん中から湧き水みたいに。 


たまたま家族全員揃ってたので、皆で唖然として見てたけど、 
私は「しゃーないなぁ…」と思って、家族にタオルケットやバスタオルを持って来させて床に置いた。 

結局タオルケット二枚、バスタオル数枚ビシャビシャになったけど、数時間で止まった。 

私が「私がいる間は大切に住まわせて頂きます。どうかご心配なさならいで下さい」と心の中で伝えてた。 

後からその日、大家さんのお婆さんが亡くなったのを近くに住む方から聞いた。 
息子に買ってもらった家で、とても大切にしていたけど、 
息子さん夫婦が亡くなり、孫夫婦の世話になるのに都心に越したお婆さん。 
本当はこの家が大好きだったようです。 

私にとっても、いい思い出のある素敵な田舎のお家でした。