N811_notepcwosawarubiz_TP_V

その職場はそこの社員と他の会社からの出向組でごったまぜになったような 
所で人の出入りは結構多かった。 

そこで働くようになってまだ間もない時、出向組のAさんが自宅で亡くなっている 
のが見つかって大騒ぎになってね。 
ちゃんとした病名は結局分からず仕舞いで急性心不全とだけ職員には知らされた、 
過労だったのかな。 
他のみんなはもちろんその人の事を知っていたけど、そこで働くようになってすぐの 
俺はAさんの顔と名前が一致しなかったんだけど、漠然とあの人かなという顔は 
思い浮かんだ。

その件から2、3日したくらいに俺は夜9時くらいまで職場に残って仕事してたんだけど、 
別のチームがちょうど帰ってきて。 
実はそのメンバーの中に俺が先日Aさんだと思い浮かべてしまった人がいたんだよね。 
俺は心の中で「ああ勝手に思い込んじゃってすいません」とか思いながら、帰ってきた 
人たちに挨拶して各々声をかけてくれたり会釈してくれたりした。 
もちろんその「思い浮かべてしまった人」も会釈してくれた。

翌日、隣のデスクに亡くなったAさんと同じ出向元の人がいてたまたまその人がその 
会社の社報を持ってきてて、何の気なしにそれを読ませてもらった。 
社報の最後のページはおくやみ欄だった。 
そこにはAさんの写真が載ってたんだけど、それが昨日声をかけすれ違った 
「思い浮かべた人」の顔だったんだよね。 
怖いとかそういう感覚は全く無かったけど、不思議でしょうがなかった。 
どうして言葉も交わしたことない自分がその人を見てしまったんだろうって。 
その後は一切会うことはなかったけどね