KAI427027_TP_V

ドンドン、ドンドン。 
玄関を叩く音がはっきりと聞こえた。3人とも聞いた。 
定岡が戸を開けっぱなしできたのでわずかに玄関が見える。 
これも根拠はないが生きている人間がげんこつでドンドンしているような音だった。 
俺たちは3人で手を握り合った。全員まさにガクブル状態。俺は膝がガクガクして止まらなかった。 
この後何も起こるなと念じたが、少しの間をおいてまたドンドン、ドンドン。 
心臓が爆発寸前だったよ。 

小声で話し合った。 
田村「もしかしたら本当に誰か来たのかもしれない、出てみようか。」 
俺「馬鹿野郎、人間だったらノックと一緒に声をかけてくるはずだ。」 
定岡「ガクガクブルブル」 
その後ドンドンは途絶えた。が、俺たちのガクブルは収まらなかった。 
3人で寄り添っていたわけだが、ふと定岡に異変が起きているのに気付いた。 
便所の時からの震え方がどうみても尋常じゃなくなっている。痙攣みたいな感じ。 
おまけに何かを話そうとしている風なのだが「・・・・ヒッ・・・・ヒッ・・・・ヒャッ」って感じ。 
「サダ、なにやってんだよ、落ち着け、気持ち悪い声出すなよ」田村が小声で怒った。 
もうわけわからん状態でこっちまで気が狂うんじゃないかと思った。 
田村だけが頼りだったけど泣きそうな顔してた。

時間は10時を過ぎていたが、俺たちはどうにかしてここを飛び出して自転車で帰る事を画策していた。 
荷物はテントくらいだがそれは自転車に括り付けたまま。 
外にさえ出られたら自転車ダッシュでとにかくここを離れよう、そんな計画をしていた時だった。 

今度は何やら大人数が歩いているような音がざっざっと聞こえてきた。 
というか、最初は小さい音だったので無視していたのだけど、徐々に大きくなってきていて聞き流すことができなくなったわけ。 
話し声らしきものも聞こえた気がしたが、日本語とは思えない理解のできない声だったし、まだ遠くのような気もした。 
良く考えると足音かどうかも知れないのだが、こういう時は本能的にそう感じるものなのね。 
いずれにせよ、まだあやふやで断定はできないというかしたくない状況だったので、俺たちはそれが近づいてくる前に脱出することにした。 

定岡はまだ「ヒャッ、ヒャッ」状態。 
「サダっ、いいか、これから帰るぞ。自転車で一気に行くからな、しっかりしろよ」 
二人で定岡を両脇で抱きかかえるように和室を後にして玄関の前に来た。 
俺たちは恐怖から逃れるために思考を停止させ、とにかく一気にいくぞ作戦だった。 
「いいか、3人でドアを開けてとにかく一気だ」 
「せーの」でドアを開けるのだが、北海道というのは雪が積もるのでドアは基本引き戸なわけ。 
(雪が積もると開けられなくなるでしょ) 
で、小声で「せーの」で戸を開けて一気に突っ走る予定だったのだが、もろくもその算段は崩れ去った。 
戸を開けたその先には恐ろしい形相の男が仁王立ちで俺たちを睨んでいたんだよ。 orz

俺たちは後ろにのけ反るようにしりもちをついた。というか、たぶんぶっ飛んでいたと思う。 
で、なんでかわからんのだが俺は土下座して「すみません、すみません」を連呼していた。 
途中からも田村も加わっていたが、定岡は声も聞こえないし、実際どんなだったのかは覚えていない。 
とにかく「すみません、すみません」を連呼していたのだが、ふと気配が消えた気がして恐る恐る顔を少し上げたところ、男はもう見えなかった。 
でかい声を出したせいか少し恐怖心は吹っ飛んだ気がした。 
俺と田村は顔を見合わせて、定岡を両脇で抱え上げてとにかく階段を降りた。 
一気に行きたかったけど定岡がそんな調子だし、廃墟の階段だし降りるのがなんとも危険でまどろっこしかったのを覚えている。 

道路はほぼ一本道で左が昼間の祠?へ続く道、右が俺たちの町へ帰る道だった。 
ざっざっという音は左から聞こえてきていたと思う。 
唯一月明りが恐怖心をほんの少しだけ和らげてくれたが、見たくないものが見えそうな気もした。 

その時また異変が起きた。

さっきまでのサダがすっかり気を取り戻して目が気味が悪いくらいに爛々と輝いているんだよ。 
「カエサン」確かにそういって一瞬物凄い形相になった。 
そして再び口を開いて何かを言おうした瞬間、田村がおもいっきりビンタを一発くらわした。 
続きざまに横にいた俺は思いっきり定岡の背中を叩いた。 
何が起きていたかは俺も田村も理解できていたんだと思う。今思えばすごいコンビネーションプレーだった。 
当時2ちゃんなんかないし、どっか別なところで仕入れた知識だったと思う。 
ビンタが効いたのか背中をドンが効いたのか、定岡の顔が元の泣き顔に戻ったのを見た俺らは、いちもくさんに自転車をこいだ。 
田村が「ナーミョンホーレンゲッキョー」を大声で唱えだした。 
俺んちは「ナムアミダブツ」だと思ったがここは合わせたほうが良いと思い、大声で「ナーミョンホーレンゲッキョー」を繰り返しながらとにかく漕いだ。
途中から少し余裕が出てきて学校の校歌に変わったが、とにかく大声で歌いながらひたすらに自転車を漕いだよ。 

絶対に後ろは振り返らなかった。

 
○和炭鉱の山あいを抜けるまで、止まるのが怖くて1時間はノンストップだったと思う。 
道路たって砂利道な。それなりに脚色すればこの1時間だって超怖かった。 
途中田村は「やめろー引っ張るなー」って叫んでいたし、夜中の山道ってだけで十分怖いし。 
ま、そこは割愛するよ。長文は嫌われそうだし。ってか十分長文だな。 

とにかく初めて外灯が見えた時は涙がでるほど嬉しかったね。 
0時近くなっていたと思うが、何かの小さな駐車場みたいなのがあってそこにわずかに外灯が灯っていた。 
電気だ電気だって感じ。 
俺たちはいったんそこに自転車を止めて、しばらくの間ゼエゼエハアハア息を整えた。 
携帯電話があれば家に電話するところだけど、そんな時代じゃなかった。 
あったとしても絶対電波が届かないような所だったし。 
定岡は泣きそうな顔をしていたが、とりあえずノーマルに戻っていた。

色々選択肢はあったけど、俺たちはそこにテントを張って一夜を過ごした。 
電気が何よりもの守り神に思えたんだな。 
何かを期待している人には申し訳ないが、その後は何も起きなかった。 
というか俺はすぐに眠ってしまったんだよ。相当疲れていたんだと思う。身も心もね。 
朝目が覚めると、定岡と田村はまだぐっすり寝ていた。 
外に出て朝日を見た時、昨夜のことが一体何だったんだろうと、まるで夢のような出来事に思えた。 
今思えば、実際夢か何かだったのかと思う。 

中学を卒業して、定岡にも田村にも会っていない。 
俺は北海道を出て、今神奈川のとある場所からこれを書き込んだところです。 
あまり思い出したくもない経験でした。 
どう思おうが自由だけど、実話な。