PP_naisendenwa_TP_V

高校に入学して直ぐに、クラス内のちょっとしたトラブルに巻き込まれ不登校になった。 
昼間は家で、テレビを見たりゲームをしたり年の離れた弟の面倒を見て、夜は近所の公園に行ってスケボーをしたり、友達の家に遊びに行ったりしていた。 
ある時、いつものように弟と二人で飯を食いながらタモリを見ていた。 
母親は確か病院とかで家には弟と二人きりだった。 

飯を食い終わりボーっと小堺を見ていると、弟が突然 
「あ、でんわ。でんわしなきゃ。」 
と言い出した。その当時弟は4歳。 
「え?どこに?誰に?」 
と聞くが 
「でんわ、でんわ、でんわ・・・・」 
と繰り返しながら電話が置いてある廊下に飛び出して行った。 
慌てて追いかけると、弟は電話の置いてある台に精一杯手を伸ばし 
「ねえ、でんわとって!でんわ!でんわ!」 
と騒いでいた。 
「だめだよ。誰に電話すんの?ママならもう帰ってくるよ?」 
と言ったが今度は 
「でんわ!はやく!でんわ!」 
と泣き喚き始めた。 
参ったなあと思いながら、無理やり弟を抱きかかえリビングに戻ろうとした時だった。 
プルルルルルル!と電話が鳴った。 
その音を聞いた瞬間 
「でんわ!A(弟)のでんわ!」 
とすごい勢いで暴れだした。俺は弟をガッチリと掴んだまま 
「わかった。ちょっと待って。先に兄ちゃん出てからね」 
と言いながら受話器をとった

「はい○○です」 
「・・あ、あのAちゃんお願いします」 
聞き覚えのない40、50の位のおばさんの声だった。そんな奴が4歳の弟に何の用なのかと不信に思い 
「あの、どちらさまですか?」 
「・・・とも」 
「えっ?友達?」 
と聞き返したと同時くらいでブチっと切れた。 
戸惑いながら受話器を置くと、弟がキョトンとした顔でこっちを見ている。 
「なに?どっかのおばさんに番号教えたの?」「さっきのおばさんに電話しようとしたの?」 
と聞いてみたけど 
「しらない。わかんない。いやだ。」 
の繰り返しで真相はわからなかった。 
ナンバーディスプレイを確認すると地元じゃ見たことないような番号だった。 
何回か掛け直してみたがずっと話中で一向に繋がる気配がない。 
そうこうしてるうちに、母親が帰宅したので一連の流れを説明すると、母親も身に覚えがないらしく気味悪がっていた。 
その日から、その番号から時々電話がかかって来るようになった。 
俺や両親が出てもすぐにブチっと切られる、掛け直すと話中で繋がらない、電話が鳴る前、なった後に弟が 
「でんわ!でんわ!」 
騒ぐのも正直怖かった。 
あと弟が間違って電話に出ないように、椅子を使っても届かない場所に電話も移した。 
それから何週間か経ち、そろそろ警察に言おうと話しいていた矢先だった。 
昼間、便所にいると電話がなった。 
その日も母親は不在で、弟と二人きりだった。 
「あ、あのババアかも」と思ったが「まあ、どうせ弟は電話に届かないしいっか」と 
そのまま着信音が鳴り止むのを待っていると、ガンって音の後に 
「もしもし?もしもし?」 
と弟の声が聞こえた。驚いてトイレから出ると線を引っ張ったのか、電話が本体ごと床に落ちていた。 
その横で弟が楽しそうに 
「うん。そうだよ。あそびにきてね。」 
と電話をしていた。 
その日から弟が「でんわ!でんわ!」と騒ぐことも、見知らぬ番号からの電話もなくなった。電話番号も話中から現在使われていませんになった。 
あれから7年経った。弟は全く記憶にないそうだ。俺や両親に言われる度に「うそ乙」って感じの顔でため息をしている。