008AME5031_TP_V

これは数年前の話である。高校時代の同級生Bから電話があった。 
Bは親の家業の農家を継いでいる。 
「なあ、今日うちでバーベキューしないか?」 
「んああ、お前のところ田舎だろ、今車持ってないし」 
「大丈夫、Cのやつが途中で乗せてってやるってさ。あいつもバーベキュー 
 楽しみにしているからさ」 
そいうわけで、僕はBの住んでいる田舎まで行くことになった。

Cが来たのは午後4時前だった。車は初代のホンダク○スロードだ。 
クロス○ードに乗った僕はCに 
「へえー、クロスロードとかすごいじゃん。これレ○ジローバーだろ?」 
「ああ、親父の車でな、近道していくぞ」 
そういうわけで、カーステレオで僕が好きなセルジュ・ゲンズブールのベストアルバムを 
聞きながら、Bの家にまで行く近道を入った。 

トンネルを通り過ぎると廃墟がかなり並んでいた。僕は道路を見ると 
ルーマニア系の美女が歩いていた。 
「へえ珍しいな」 
と僕はにやける。 
それから数キロ走ると、さっき出会ったルーマニア系の美女にあった。 
顔をよく見ると顔が血まみれだ。 
真っ青になっていたCはクロスロードを飛ばす。 
その時ドンという音がした。

振り返ってみると、火だるまの女がいるではないか! 
僕たちは急いでクロスロードを飛ばし、近道を通り抜け国道に入った。 
なんとか、Bの家に着いた。家には高校の同級生が何人かいた。 
「あれお前ら遅かったな?」 
Bにニヤケながら言う。僕は事情を説明した。 
「ふーん廃墟のところだろ?」 
「ああ」 
「お前らルーマニアの落ち武者って知っているか?正確にはルーマニアの落ち 
 ノーメンクラツーラなんだが」 
Bは僕たちに平成になって間もないことのことを話した。 

1989年のルーマニア革命が起こって、ルーマニアのノーメンクラツーラや 
セキュリターテがこの田舎に逃げ込んできた。 
田舎の住民は夜も眠れず過ごした。そんな時、反共主義者の県議会議員から 
「やつらは、この地上から消し去るべき、自堕落で、宿無し同然で、残忍で恩知らずな人種である。」 
「小さいのも大きいのも、すべて殺して頭の皮を剥ぐべきです。卵はシラミになりますから。」 
と一笑しながら言った。 

次の日、警察と地元の青年団が一緒になって落ちノーメンクラツーラ狩りを行った。 
隠れ家に行くと落ちノーメンクラツーラは白旗を掲げた。しかし青年団は突然、落ちノーメンクラツーラに発砲した。 
警察署署長はこの無差別虐殺の命令として、警察官や青年団たちにこう叫んだ。 

「殺せ! どいつもこいつも頭の皮を剥げ。大きいのも小さいのもだ。シラミの幼虫はシラミになるからな!」 
警察官や青年団がこの隠れ家に突入し、男も女も子供も問わず、無差別銃撃を浴びせた。 

人々は散りぢりになり、走り始めた。 
女子供は泣き叫びながら後の山の方へ逃げた。丸腰の男たちは抗議しながらシェルターへと退却した。 
警察官や青年団による無差別銃撃は、午後になっても続けられた。セキュリターテは交戦を試みたと言うが、 
人数も武装も足りず、戦闘と呼べるものではなかった。老若男女を問わない皆殺しだった。

Bは一息つくと、ビールをがぶ飲みして 
「これは俺が親父から聞いたんだ」 
と話を続けた 

数少ない男たちは、全くの丸腰だった。女たちは自分たちと子供たちを隠すために、死に物狂いで 
土手の砂を爪で引っ掻いて穴を掘っていた。 
土手の陰に、5人の女たちが隠れていた。軍隊が近づいてくると、彼女らは走り出て、 
自分たちが女であることを知らせようとしたが、警察官たちは彼女らを撃ち殺してしまった。 
3~40人の女子供が穴に隠れていたが、女たちは6歳くらいの女児に白旗を持たせて送りだした。 
この女の子が2、3歩足を踏み出したか踏み出さないかのうちに、彼女も射殺されてしまった。 
穴の外に4、5人女がいて、慌てて走り出した。彼女らは全く抵抗の気配を見せなかった。 
殺された落ちノーメンクラツーラたちのすべてが、青年団によって頭の皮を剥がれていた。 

一人の女は腹を斬り裂かれて、胎児を引きずり出され、その胎児は脇に転がっていた。 
ほとんどすべて、男も女も子供たちも、頭の皮を剥がれていた。
どの体も恐ろしく切り裂かれており、頭蓋骨が叩き割られていた。私は彼らが射殺された後、 
このようにされたものと判断している。指輪を取るために、指が鋸で切り取られており、また男だけでなく女も 
、いくつかの体が青年団によってのこぎりで切断されていた。

次の朝、親父は男の子が死体の間でまだ生きているのを見た。親父は、警部補がコルトガバメントを取り出して、 
この男の子の頭を吹き飛ばすのを見た。一部の男たちが指輪を奪うために死体の指を切り落とし、 
銀の装飾品を奪うために、死体の耳を切り落しているのを見た。 
親父は、先ほどの警察官たちが、夜の間に落ちノーメンクラツーラたちの頭の皮を剥いで、埋葬された死体を 
掘り起こして装飾品を奪うのを見た。

女・子供の死体は、見るもおぞましい方法で切断された。それ以上はとても正視に堪えなかった。
彼らは、とてつもなく切り刻まれていた。...彼らは頭の皮を剥がれて、むごいやりかた...で切り裂かれていた。 
セキュリターテ幹部の死体は、鼻、耳、男性器を切り取られて転がっていた。

一人の青年団が 「煙草入れを作るのだ」と言っていた。女たちは皮膚をえぐり取られていた。 
ありとあらゆる略奪が、彼らの身体に加えられた。彼らは頭の皮を剥がれた、彼らの頭は打ち砕かれていた。 
男たちはナイフを使って女性を切り開き、小さな子供たちは、銃尻で頭を潰されて脳味噌を飛び散らせていた 
彼らの体を損壊したやりかたは、どんな言葉でも言い尽せない。それはこれまで見たこともないものだった。
 
女は全員、バラバラに切断されていた... まだ生まれて2、3ヵ月の乳飲み子から大人まで、すべての世代がそこに転がっていた。 
兵士たちは指輪を奪うために指を切断し、子どもも合わせた男性の皮膚は「小物入れにするため」切り取られた。 
男性と合わせ、女性も「記念品として」切り取られ、警察官たちはそれを帽子の上に乗せて意気揚々と 
警察署へ戻った。 

Bが話を終えると、僕は質問した。 
「なんでマスコミは騒がなかったんですか?」 
「あんときは冷戦まっただ中でな、みんなアメリカマンセーだったから、誰も記事に 
 しないんだ。それからなんだ、元の隠れ家、つまりお前らが通った廃墟から 
 呻き声が聞こえたり、お前らがさっき見た火だるまの女が出たりと 
 幽霊の話が出てくるようになったのは」