kusatuIMG_3839_TP_V

一昨年、会社の友達3人と東北に車で旅行に行った時の話です。 
会社はソフトハウスで、とあるシステムの完成祝いでした。 
閑散期だったので予約はせず行き当たりばったり。 
最悪は車(エスティマ)の中で寝ましょうね、という小旅行。 
かなりの山奥で●●荘という看板が目にとまり、よし今夜はここにしようという事になりました。 

到着すると、年季の入った規模の小さな旅館でした。 
私「ごめん下さい、予約していませんが泊めていただけますか?」 
ご年配の女将「申し訳ありませんが、うちはご予約のお客様だけでございます。」 
田中「食事がなくても、泊まれるだけでもいいんですが、どうにか・・・」 
村田「今当日予約ということで・・・ダメですか?」 
女将「そういわれましても...」 
私達「お願いします。」 
と、ごり押しして、離れの部屋で良ければということで、どうにか泊めてもらえることになりました。 
部屋に通され、とりあえず座卓に座って一段落。 
離れというのは本館に廊下1本でつながっている別館でした。 

田中「離れって、何だろ、混んでいるのかな」 
村田「若い女性客でもいるといいねぇ」 
みたいな話をしていましたが、少なくとも車は私達の1台だけで、ロビーも閑散とした雰囲気で静かでした。 

二人は風呂に行くといい、私は一休みしてあとで一人でゆっくり入ることにしました。

私は畳の上に枕を出してすぐに寝入ってしまいました。 
突然、体を揺すられて目が覚めたのですが、誰もいません。 
二人にからかわれるのもしゃくに障るので「お前ら何やってんだ」っとハッタリをかけたましたが反応はなく、シーン。 
肩か背中を揺すられた生々しさだけは体感として残っていました。 
妙な感覚でしたが、夢か何かか、さほど気にも止めず再び眠りにつきました。 

ふと目が覚めた時、後ろに誰かがいるような気配を感じました。 
奴らがまた脅かそうとしているのだろう、逆に脅かしてやろうと思い勢いをつけてバッと寝返りをうった時です。 
私の目に飛び込んできたのは、顔面血だらけの女が両手をもがくようにガリガリしている姿でした。 
私はもんどりうって「ぐうわぁぁぁぁ」と叫んだ時、その自分の声で目が覚めたのです。 
回りを見ても誰もいません。瞬間何がなんだかわからず、心臓がバクバクしながらも冷静になろうと上体を起こし息を整えました。 

そしてまもなく二人が帰ってきたのですが、二人の表情がこわばっていて神妙です。 
田中が「ここはやばいかもしれない、キャンセルしてここを出よう。」といい、村田も無言で頷いています。 

話を聞くと、二人が風呂に入った時、一人の男が湯船につかっていたそうです。 
湯気で良く見えなかったそうですが、彼らは「失礼します」と挨拶しながら湯船につかり、雑談しながら旅の醍醐味を満喫していました。 
かなり長湯していたそうですが、奥の男は俯き加減のまま身動き一つしなかったそうです。 
聞いていて、私はついさっきの事もあり、恐怖な雰囲気になってきたので「ま、でも裸の幽霊というのも聞いたことないよね」とちゃかしましたが二人は笑いません。

彼らは湯を出て体を洗いはじめましたが、村田は長湯をしている男のことが気になっていたので、時折気づかれないようにチラチラと見ていたそうです。 
良くは見えなかったものの、俯いていた男が突然顔を上げて、なんとなく目があったような気がしたそうです。 
さりげなく目をそらし前を向いた時、自然と目に入った鏡に、じっと自分を見つめている男の顔が写っていたというのです。 
横には田中がいます。村田は「うわっ」と悲鳴を上げてイスから転げ落ちました。 
振り向いても誰もいません。湯船にはまだ男がいます。 
気の毒そうに笑う田中に、小声で今の事を話しましたが、まさか、みたいな感じで最初は信じられなかったそうです。 

気を落ち着かせ、村田がまだ頭を洗っていた時、田中の方は洗い終えて、再び湯船へ向かいました。 
その時「おいっ、さっきの人いないぞ」田中の声が浴場に響き渡りました。 
音も立てずに、二人に気づかれないように風呂から出られるわけがない。 

二人の話というのはそこまででした。 
特に村田が相当怖がっていましたが、私はごり押ししてせっかく泊めてもらったのに今更キャンセルもないだろうと思いました。 
一応私が代表みたいな立場でしたし。 

ですから「まぁ古い旅館だとそんな事もあるかもねぇ」みたいな感じで彼らに同調を見せながらも、今更・・・と話をしていた時、夕食が部屋に運ばれてきました。 
賄いさんはまだ20台後半と思われる女性でした。7時にお願いしていましたので、その時間だったと思います。 
そんな流れから、私達は食事の誘惑にはかなわず、風呂の一件は棚上げとなりました。 
食事をしながら、村田は懸命に恐怖を力説していましたが、話しているうちに落ち着いてきたのか、終いには楽しい夕食になっていました。 
私は内心、さっきの自分の方がよほど怖かったぞと思いましたが、それを話すとまた帰るとか言い出しそうだったので、止めました。

夕食は地の山菜と川魚が主で、大変美味しかったです。 
私はどうしようか迷いましたが、汗をかいていましたのでお風呂に入ることにしました。 
今考えると馬鹿な奴だと思いますが、私は「信じない人」でした。 

脱衣室の様子から、誰もいない事がわかりました。 
貸し切りだなと思いましたが、戸を開ける時は流石に少しびびりました。が、誰もいませんでした。 
「そりゃそうだろぉ」と、私は誰はばかることなく大声を出して湯船へ向かい、貸し切りの湯を満喫していました。 
両足をのばし、頭にタオル、目をつぶって放心状態でいた時です。 
急に、誰かが私の足首をつかんだのです。ヌルっとしたとても嫌な感触でした。 

引っ張られたかどうかは覚えていませんが、私はパニックになり、両足であたりかまわず思い切り蹴りまくりました。 
バタバタ暴れながら、とにかく湯船を出て上から見渡しましたが、そこには誰もいませんでした。 

信じてもらえないかもしれませんが、こんな怖い思いをすれば叫びながら裸で浴場を飛び出ていきそうなものですが、 
恥ずかしい思いは時に恐怖心を上回るのか、私はとりあえず手短に体を洗い終え、流石に湯船には入らず浴場を出ました。 
鏡はできるだけ見ないようにして洗いましたが、半泣きでした。