MAR96_kiyomemizu20140101_TP_V (2)

職場の近くに開かずの神社があります。 
お寺の敷地内にある神社で、神社とお寺の入り口は別々になっていて 
お寺の門と神社の鳥居が横に並んでいる形なんですが、 
お寺は普通に開いてるのにも関わらず、 
神社の方は鳥居の下に門が取り付けられてていつも閉まっています。 

家とは反対方向だからしょっちゅうは通らないんだけど 
たまに前を通る時には妙に目に入ってくるのです。 
バスに乗って下向いてスマホいじってても、何故かはっとして 
顔を上げると丁度神社を通り過ぎるところ…ということがよくあります。 
何で閉まってるんだろうって気になってたんですが 
なかなか機会が無くて前を通るだけでした。 
3年ほど前に一度だけ行けたことがありましたが、 
それっきりずっと行っていない状態が続きました。 

それで、ここ一ヶ月くらい前からウォーキングを始めたんですが 
そのコースの途中にその神社の前を通るもので、 
休憩がてら立ち寄ってみました。 
神社はお寺の敷地と繋がってて、門こそ閉まっているけれど 
お寺側からなら自由に入れるし、お坊さんも何も言いませんでした。 
神社は草が生えたりしててお寺ほどきれいではありませんでしたが、 
掃除はされているようでした。

で、いざお参りしようとしたら、鈴が無い。 
色あせた紅白の紐はぶら下がってるんだけど、鈴は無いんです。 
でもせっかくここまで来たんだから…と、鈴は無しで 
「前通るたびに気になってました。今日ここに来れて嬉しいです」と 
手を合わせてご挨拶だけしてきました。 
その後、境内をちょっと見てきましたが 
奉納されてる物を見ると十年くらい前までは 
普通に開いてて近所の人が参拝に来てたみたいでした。 

帰る時、寺の門を出ようとすると、急に大きな雨粒が落ちてきました 
夕立というには物凄いゲリラ豪雨で、 
慌てて入り口に近い神社の軒先に避難させてもらいました 
ゲリラ豪雨だからか空の半分は晴れてて変な気分。 
近くには雨宿りできそうな場所は全くなかったので、 
もしお参りに来ていなかったらびしょ濡れになってたと思います。 
神様に助けてもらったのかも…とほっこりした気分で帰宅しました。 

ここまではまあ、何の害もない話。 

神社に寄るようになってから、妙に怖い夢を見るようになりました。 
夢なんてここ数年滅多に見なかったのに。 

夢の内容はどれもリアルな感覚があって、 
誰かにどこかに連れて行かれそうになって、 
「いやだ、行かない」と断って目が覚めます。 
棺に入れられて火葬場の炉に入れられて、 
そのまま誰かに連れて行かれそうになって断る、 
ホラーゲームばりのお化けの巣窟と化した学校の教室から、 
見回りのために廊下に出ようと言われて断る、

どこかの部屋に閉じ込められてて、 
窓やドアをバンバンと叩く怖いものが外にいて、 
それから逃げるために外に出ようと言われて断る、 

怖い何かに探されてて、見つからないように必死で隠れているのに、 
足元に外から大量の血が浸水してきて、 
外には怖いものが待ち構えているのに出れば助かると言われて断る、 
何かのホラーイベントしていて「ここは危険だから出よう」と 
言われるけど「これはあくまでイベントだから」と言って断る、 
カフェかレストランみたいな場所で昔ちょっと好きだっと先輩に 
「外に面白いものがあるよ」と勧められるも断る、 
賑やかにお祭りをしている村から、 
誰かに星を見ようと誘われて外に出ようとするけど断る、 
などなど。 

今日なんかは山の中にある綺麗な泉を見に行こうと誘われて、 
木々の緑の美しさに心惹かれて山に入りかけるも、 
近くにあった池の魚に気を取られたお陰で、我に返って断れました。 
誘ってくる誰かは、知っている人だったり知らない人だったり色々。顔が見えない時もあります。 
夢の中では「何か知らないけど怖いから断らなきゃ!」と思って必死で断っています。 
神社に寄った日は夢の表現はマイルドで、 
寄らずに前を通っただけの日は夢の表現がR18Gに。 
ウォーキングに行かなかったり、別のコースの日は、 
美しい場所に誘われるパターンが多いです。 
ただの夢だと言えば夢なんだけど、同じようなものばかりで気味が悪いし、夢は怖い。 
私は一体、何の誘いを断っているんでしょうか。 
とりあえず、絶対に誘いに乗るつもりはないです。