KAI427030_TP_V

もう10年も前になりますかね。私が九州に住んでたころの話です。 
Kさんという友人がいまして、彼とは蛍がいるっちゃ山に行ったり、ロケットうちあげっちゃ見に行ったりと、なあんの用があるでもなく、よく車でそこいらを走り回ったりしたものです。 
あるうす曇りの蒸し暑い夏の夕暮れ。その日も、何の用だったかK県のほうへ車を走らせた帰り道。そういえば、と突然Kが切り出した。 

「Y君、この辺あるらしいよ」 
「あるって、なにが?」 
「病院。廃病院だよY君」 
当時から怪談話が好きだったし、心霊スポットなんてのもいいねなんて話をしていたもんですから、どっかで仕入れきた情報なんでしょうね。 
それがこのとある温泉町を抜けた街道沿いにあるとのことでした。 
よしいこう!てんで鼻息荒く車を走らせると、案内されたのは国道沿いのラブホテル。 
「おい・・・冗談キツイよ」 
「違うから」 
どうやらそのラブホテルの駐車場の先に、その病院への道があるらしい、とのこと。 
男二人でラブホテルの駐車場に入るのはなんかいやだなあと思いながらもご入場。 
確かに道があるんだ。ラブホの裏手が林になってて、そこに薄暗ーくて鬱蒼としてて、うわーこれ入んのやだなぁって道が。 
「これ?」 
「うんたぶん。」 
内心余裕でびびってたんですが、まあ調子づいて行こう行こう言ってた手前、やめようか?なんて言うにいえず。 
相手にとって不足なし、イザァ!なんてうるさい空元気とともにそこ入っていったんです。 
林の中は想像以上に真っ暗で、空だけがかろうじて青みを帯びて頭上の葉陰を浮かび上がらせている。地面をはいずるように進むと、じきに丸太でできた階段になる。 
階段を上るとばっと視界が広がる。丁字路になってまして突き当たりががけのようにぐっと落ち込んでて真っ暗。右手は林道がつづいてまして手前に小屋が一軒林に埋もれるようにある。 
左手はっていうと、錆びた鉄の門がドラム缶をゴロゴロ積んで封鎖してあって、その奥が上り調子にこうぐーっとカーブしてて、目の前のがけをグルーと回って岬のようになって終わってる。 
その背景に真っ白い、病院。

何でこんなところに、というような大きな病院の建物。カーテンのない窓が妙に不気味でどくろの眼窩を髣髴とさせる。窓が割れるでも落書きがあるでもなく、妙に綺麗に白っぽいのがかえって不気味。 
時間も時間なので湿っぽい空気がひんやりして来て、いわゆる生ぬるい風がふわぁと吹いてて。イヤーな雰囲気なんですよね。 
「Y君、こりゃやばいよ。やめとこうよ」 
いつの間にか、ややうしろにいたKがぽつりと言う。正直、ぞっとしました。しかも正直それに激しく同意なんですが、こちとら空元気で動いてますからね。 
ここまで来て臆病風吹かれたなんて思われるのもなんかイヤだったし。更なる空元気で、だいじょぶ!いこうぜ!なんてこと言ったんでしょうね。 
大げさに大股でずんずんと門に近づき、さてこのドラム缶をどう超えてやろうか、と手を伸ばしたその瞬間、 
「Y君!Y君!!Y君!」 
見たことないくらい引きつった顔のKが横向きながらこっちへちっちゃくなって駆けてくる。私の肩をドンッ!とつかむと、 
「あれ…!あれ…!」 
と無理やりKの見ているほうへ私の体を向けながら指差す。 

でもなーんにもないんだ。そこは病院の前庭の端っこで、岬になったようにがけに突き出てる。木が二、三本ばかり立ってるだけ。 
「おぉいぃ。おどかすなよォ。びっくりしたぜ。でもおまえそういうの上手いのね。あーびっくりした」 
なんだ脅かしか、と急に緊張が解けたもんですから笑顔が出るんですが、Kは一向に笑わない。きっと鹿が突然猟師に出会ったらこんな目をするんじゃないかなと思える必死さで岬を見つめてる。 
「Y君、あの木、あの木。…動いてない?」 
ありゃーどうしちゃったのかな?と思いながらも、その岬の先にある木を見てみる。 
うす曇りのやや青みがかった空をバックに立つ三つの木のシルエット。…確かにゆらゆらと揺れているような気がする。 
「いや、風だろ。木もあれぐらい揺れるだろ」 
引きつった笑顔でKの方へ向き直り、またふと岬の方へ目をむけると、木の位置が変わってるんだ。三本ほぼ等間隔だった木が、今はほとんど二本に見えるように重なってる。 
「え?え?あれ?おかしいな?」 
「人だよ…あれ人だ」