N811_cimcity_TP_V

私は大学の3年生の夏休みに24時間営業のガソリンスタンドで深夜アルバイトをしていました。ここの店は客が自分で給油した後、レシートを持って店内のレジで精算するという形をとっていました。 
深夜シフトは2人体制なのですが1人はアルバイトでもう1人はこの店のオーナー夫婦が交代しながらのシフトでした。 
このオーナー夫婦の家は店の前の道路を挟んで向かいにあるため夜中はほとんど自宅にいました。 

なので実質的に深夜は店にアルバイト1人しかいないことになっていました。 
ガソリンスタンドの近くには小高い台地が広がっていて深夜になると走り屋の人たちがそこの台地に車で走りにきます。 
そのため深夜にこの店に来る客層もスポーツカーに乗った男性客が1人で来ることが多かったです。 
深夜はあまり人が来ないので私は店の中のレジで座りながら大学の論文を書いて過ごしていました。

私がアルバイトをはじめて三週間ぐらいが過ぎたときに一人の男性客がやってきました。 
その男性はここの常連で30代ぐらいの細身の人で青いスポーツカーで来ていました。 
私がなんとなく給油している男性を店内の窓ガラス越しに見ていると、 
男性はふいに自分の首の後ろの付け根部分を左手でさするように掻いていました。 
10秒ぐらいして掻くのをやめましたが、給油が終わり精算を済まそうと男性が店内に入って来たときにも 
先ほどと同じように男性は自分の首の後ろを掻いていました。 
私は男性が蚊にでも刺されたのかなと思いあまり気にとめていませんでした。 

次の日もアルバイトをしていて、今度は金髪の20代ぐらいの若い男性が来ていました。 
この男性も深夜にこの店に来る常連で、改造した白いスポーツカーに乗りいかにも走り屋という風貌でした。 
男性の給油している姿を見ていると、その人も昨日の男性のようにときどき首の後ろを掻いていました。 
そのとき私は妙な感覚に襲われました。 
言葉で説明するのは難しいのですが変な違和感を感じたのです。

その事が気になり客が来るたびに客のしぐさを細かに観察するようになりました。 
すると自分の首の後ろを掻くような動作をする人は走り屋の男性客に限られている事がわかったのです。 
ただ、わかったところで何かあるわけではなくそのまま日々は過ぎていきました。 

そして夏休みが終わるまで後1週間となった深夜に恐ろしい体験をすることになりました。 
この日の深夜も常連の30代の男性が青いスポーツカーに乗って店に来ていました。 
私は論文も書き終わり他にすることが無く、暇を持て余していたので 
普段全く見ない店の防犯カメラのモニターをぼんやりと眺めていました。 
カメラは各給油機に一台ずつ設置されていて、客が給油機に付いている操作画面に向くと 
顔の正面を斜め上から映す形で設置されています。

私は男性の写るモニターの映像を見ていたのですが、その時何か違和感を感じたのです。 
モニターには男性の正面がみえました。 
その右肩の後ろにサッカーボール位の大きさの黒く丸い塊のようなものが映っていました。 
よく見るとそれは髪の長い女の顔でした。 
女の表情は目が虚ろ、口はだらしなく半開き状態で全く生気を感じないように映っていました。 
そして女の顔は常に男性の肩の後ろにべったりと付いていて離れません。 
男性にはそれが見えていないのか存在に気づいていないのか淡々と給油機の画面を操作しているようでした。 
しばらく様子を見ていると、ふいに女は男性の首の後ろに顔を近づけ、口をすぼめて息を吹きかけるような仕草をしたのです。 
すると男性は自分の首の後ろを右手で掻きはじめました。 
それを見た女は口を大きく開き、顎を小刻みに震わせケタケタと不気味に笑い出しました。 
以前、私が感じていたあの違和感の正体が判明したのです。 
それと同時に自分の中に恐怖がわきあがってきました。

私はしばらくの間、モニターに釘付けになり身動きかとれませんでした。 
店の入り口の自動ドアが開き、客が来たことを知らせるチャイムが鳴った音を聞いて私は我にかえりました。 
顔を上げると先ほどの男性が給油の精算をしにこちらに歩いてきたのです。 
男性の肩に目を向けたのですが、先ほどのモニターに映っていた女の顔はありません。 
あれは自分の見間違いではないかと考えながらレジを打っていました。 
しかし私がお釣りをレジから出そうとした時、おもむろに男性が自分の首の後ろを掻きはじめたのです 
(いる!いる!目には見えないが男性の肩に女は確実にいる!そして今も無邪気にケタケタと笑っているのだ) 
と私は自分の心の中で叫びました。 
体中が震え、油汗が額に滲んできました。 
そんな私を男性が怪訝そうに見ていましたが何とか済ますことができました。

男性が店を出てからはあの女の不気味な笑顔が頭から離れず、気持ちが落ち着きませんでした。 
レジの椅子に座り震えながら朝が来るのを待っている事しかできなかったのです。 
防犯カメラのモニターを見ることもありませんでした。 
幸いにも交代の時間まで客が来なかったので何事も起こらず朝を迎えることができました。 
その後私は残っていたアルバイトをすべて病気を理由に休みました。