059horror0523_TP_V

俺がまだ上京したての頃 
ネットで適当に情報あつめて不動産に直接いったんだ 

今まで地方に居た俺は東京の部屋の多さと、毎日かわるすごい量の物件情報に圧倒されてな 
こんな都会での部屋の探し方とか都会に住むことに対して知識もなくてよ 
とりあえず行って話し聞いてすれば何とかなるだろうと思って行った 

店の名前はかけないけど新宿に事務所かまえてるとある不動産 
ネットで見た限りだと結構な数取り扱ってるみたいだったからでかいとこなのかなと思ったんだが 
その不動産の名前は聞いたことないとこだった 
大通り沿いに大手の看板が出てて、その一連にあると思って探したが見つからず 
電話してナビしてもらいながらついたのはビルの合間 
大丈夫かよここって思いながらも入っていったんだ

その不動産は入り口まではボロっちかったけど中はリフォームしたてって感じでピカピカだった 
で簡単な受付すまして部屋探しにになった 担当はAさん(仮) 
Aさんは俺が東京の部屋探し(大きさ、場所の相場とか立地条件の優劣)をあんまりわかってないのを察すると 
セールスっていうのかな?たくさんの部屋候補だしてきてマシンガントークで色々推してきた 
いくらわかってないと言っても 何となく、捌き難い物件を見せられてるんだろーなって感じだった 
俺の言ってる予算微妙にこしてるやつとか、敷き礼の値段設定が変な奴 
あとは共益費がやけに高い物権とか そんで、どれも広さとか築年数とか微妙で 

この値段でこういう感じなんですか?って聞いても 
「都内はねー」「仕方ないですよねー」「ちょっとがんばってもこれくらいで妥協しますよみなさんー」 
という感じにあしらわれた ちなみにネットでいくつかよさそうなのをピックアップしていったんだけど 
全部 あーここは埋まってますね、こっちはさっき埋まったらしいですよー、これ募集かかってなかったとおもうんだけどなー情報ふるいかも? 
と全部流されました

で、どうも納得がいかなかった俺なんだけど都会の不動産事情を知らないので 
決めるとも決めかねるとも言えなく悩みこんでしまった 
したら、Aさんが じゃあ僕がオススメをいくつか選ぶんで現地行ってみましょうと提案 
私は並べられた多数の物件がどれも微妙に見えてしまってたので迷ったんですがAさんは 
「見たら以外といいところって思うかもしれませんよ?結構、図や写真より全然いいことってあるんですよー」 
と押し切られて物件のいくつかを回ることに 

いくつか回ったんだけど、どれも微妙 
すげー狭かったり、ボロかったり 
一つよさそうなのがあったんだけど、何ていうか変な位置に窓(?)みたいなのがあったり引き出しがあったりする家で 
それだけでも少し気味悪かったんだがベランダの前が一戸建ての家の庭で、その庭から真顔でこっちずーっとみてるお婆さんがいたから不気味でやめた 
で夕方も過ぎてちょっと今日はもう決まらないかもってなったとき 
「あ、そういえば私の知り合いのオーナーさんに聞いてみますよ」って言って 最後にもう一個いこうって事になった

そのマンションに行くと迎えてくれたのはどこにでもいそうなTHEおばちゃんって感じのエプロン(?)つけたおばさん 
Aさんは深々と頭をさげると鍵の場所をきいて(不動産の人だけで紹介できるようにどうやら扉の脇に隠してあるらしい) 
そのあと大家とAさんはしばらく喋ってた 
「じゃあ、終ったら鍵閉めて戻して帰りますので、わざわざ有難うございますー」ってAさんは大家さんにつげると大家さんは車で帰っていった 
てか、「鍵かくしてあるなら大家くる意味あったのか?」とか思ったけど何もつっこまなかった 
じゃあ部屋にいきますかーとエレベーターに乗ったんだが押したボタンは最上階 
場所は新宿らへんとしか言えないが、結構背高いマンションの最上階 予定家賃こえるようなとこじゃないだろうな・・・ 
と思ったのでAさんに「家賃って大丈夫なとこですよね?」って聞いたら「おっしゃってた金額より1.5万も安いですよ!」と 
マンション自体の築年数的には結構たってそうだったし中身がすんごいボロボロなのかなと思った 

で、その階に到着 さすがに最上階ってだけあって景色はすさまじいものだった 
新宿の夜景なめてたわ 恋愛ドラマの撮影に使えるんじゃねーかってくらい綺麗だった 
ここに女でも連れてくれば夜景だけで落とせるだろ・・・とかくだらなく素晴らしい東京ライフを妄想してたらAさんが部屋の鍵をあけてくれた 
部屋はなんとリフォーム済みで清潔 水まわりもちゃんと改装されててお湯も追い炊きできる 
トイレ洗面はもちろん別で 床は何か防音加工みたいなのがされてた 1LDKでさらにベランダも広い 
正直これで文句いうやつなんていねーだろってレベルだった 強いて言うなら扉が少しボロいくらい? 

俺は微妙な物件ばっか紹介してきたけど、粘ればこういうのも紹介できるんじゃん!とか心の中でAさんこの野郎って思ってた 
Aさんは部屋の説明として、最近空き部屋になったんだけど見てのとおりマンション自体は築年数がそこそこ経ってるし 
中身が汚いときょうび皆敬遠するので大家さんがリフォームした と言ってた 
リフォームしてあるのはまだこの部屋だけで 他の部屋は人が住んでるしだから景観崩さないために扉はそのままだとか 
どうですか?と聞かれて俺はもうここがいいです!って宣言  不動産の事務所に戻ると大満足で判をついた 

それから帰路について 契約した日から2日後くらいかな 
家に電話がきた 
かけてきたのは例の不動産の店長だった 
色々前置きはあったが端折って簡潔に言うと 「お客様のご契約なさった物件は住めなくなった」って事だった 
理由を纏めると 俺が見に行った時のほんの僅差前に他の不動産のほかの人が来てて契約しちゃって先着でーとかそんな感じ 
当然俺は切れた そんなもん確認してからハンコつくのが当然だろうが!って 
こっちは引越しの準備とかもう予定くみはじめてて またそっち行って部屋探しってなったら予定も色々ずれるし 
第一そんな事してる時間とるのは難しいんだよボケが!って切れた