DSCF0782-Edit_TP_V

「ひとりおしゃべり」ってご存知でしょうか。降霊術のひとつだそうで、椅子を2つ用意して片方に座り、もうひとつの空いた椅子に向かっておしゃべりを続きをすると霊が出るというやつです。 

これに似たことをしてしまい存在を感じたある出来事を書かせていただきます。 
当時私は病院の栄養士をしていました。始発に飛び乗って職場へ向かい、帰りは夕方なんてことがしょっちゅうで休みも録に取れず肉体労働でかなりハードな職場でした。 
あまりにストレスが溜まるので、職場の同僚は20代前半で胃カメラ飲む子がほとんど。 
なので、休日がある日は寝てすごす時が多く友人知人と遊びに出かけることも激減していきました。 

そんなある日、ふと寂しさからか寝る準備をして布団に入ってからひとりで誰に語るでもなくおしゃべりをはじめました。 
その日は「明日もまた4時起きで仕事だし寝よう」と寝ました。で、翌日も仕事から帰ってあれやこれやして布団に入ってから また誰に話すでもなく独り言を続けました。 
そんなことを数日続けたある晩、また同じようにしゃべってから眠りにつこうと目を瞑ると布団の左側に気配がしました。 

目を開けると誰もいない。目を瞑ると誰かが見下ろしているんです。 
気味が悪くて、仰向けに上を向く体勢で眠ることが出来ず顎を思いきり引いて下を向きながら眠りにつきました。 
これが1ヶ月くらい続きました。別段、金縛りにあうわけではないので1ヶ月も経てば気にならなくなってきました。 
そんな時に事が起こりました。うつらうつらしながら、いつも見下ろされているように感じる側を背にして眠っていました。 
すると急に金縛りにあい、何故か両脇に手を差し込まれる感覚がしたのです。部屋は鍵がかかっているわけで、誰かが入り込んだ形跡もないのに一体誰がそんなことをするのか……。 

金縛りにあったまま気がつくと眠ってしまっていました。 

結局、見下ろされている→金縛り→脇腹に手を差し込まれるという現象は引っ越すまで続きました。 
あれはストレスから来た何かなのか、病院から誰かが憑いてきてしまったのか、それともおしゃべりが原因なのか。 
いまだに不思議でしょうがありません。