gunma-IMGL6066_TP_V

小学生のとき、友達とよく隣町の山へ登りに行っていた。 
少し荒れているハイキングコースだけど、小学生でも2~3時間もあれば頂上付近まで行ける。 
いつもは2~3人で朝から登って、途中の川にある少し水を溜めるダムみたいなところで泳いだりして、夕方降りて帰るだけだけど楽しかった。 

ある時、別の友達とお弁当を持って遊びに行くことになった。 
男6人でいつもと違う道を登っていくと、とうとう道がなくなり山と山の間の斜面の隙間を登っていた。 
小学生はなんでも楽しめてしまうから、そんな所でも笑いながら登り続けた。 
実際いつも登る道とそんなに離れていないはずだけど、景色は全く違うし、登り辛い所なのでどんどん陽が傾き、その内日が暮れはじめた。 
いつも登る面子と違うので慣れていないため、不安になったのかみんな「そろそろ帰ろうぜー」と斜面をズザザザーと転がりながら降り始める。 
帰りも適当に山あいの斜面を降っていると、急にうんちがしたくなった。 
小学生の間では皆の前でうんちしたいなんて言うと、たちまちウンコマン呼ばわりされる。自分達もするだろうに、ほんと子供だ。 
そんななので皆を先に行かせ、ちょっと隠れた場所を探して野ぐそをしようと考えた。 

急斜面ばかりだったけど行きに見なかった道を見つけ、そっちの方でしようと少し歩いた。 
すると小屋を発見。 
見た目にもかなり古臭く傷んだ小屋でまさに廃屋。 
小学生の好奇心とうんちの我慢が限界に来ていたので、この小屋でしちゃおうと入ることにした。 
窓のない小屋で、あるのは入り口の扉のみ。 
何かの物置なのかなと、ボロいし人も居ないだろうし中でしちゃってもバレないと思って扉を開けようとした。 

引き戸には鍵がついていたけど、壊れているのか鍵が開いたままぶら下がっていた。 
とにかく入ってうんこをする場所を探す。外にすれば良かったのに何故かこの時は中でしないと!!と思い込んでいた。 
小さな小屋だけど、中はなんか間仕切りがされていて更に狭い。 
取り敢えず入った右側の突き当たりの壁際に座り込みうんこをし始めた。

ガタンッ 

突然暗くなりパニックになった。 
扉を閉められた!? 
誰か居る!?ヤベー!! 
でもうんこ中で動けない。 
うんこし終わるまでに色々考えていた。 
あれ?もしかして友達がコッソリついて来て脅かしてるんじゃ。 
そう考えたら安心した。 
「なーんだ」 
暗がりの中、ボロ壁の隙間から漏れる陽でなんとかうんこをティッシュで拭き捨てズボンを履いた。 
狭い通路みたいになっているので、足下も見えないし左手を壁に添えながら歩いて入り口まで進む。 

誰だよ全く、と扉を引いたが、開かない。 
くそっ!扉抑えてやがるな! 
全力で引くが、ガタガタ鳴るだけで動かない。 
なんだよ、皆で抑えて俺をからかってるのかよー。 
しばらくウンコマンだなあと観念し、外に声をかけた。 
「あけてくれよー」 
だけど誰も返事しない。 
陽も暮れ夜がやってきているのに、みんなこんな遊びをするとか馬鹿かよ。 
「あけてー」 
しばらくガタガタッと引くけど動かない。 
ガタガタッガタガタッ ガチャン 
え? 
ガガ…ガチャガチャッ 
扉の音が変わった。鍵かけた? 
「おまえら、鍵閉めやがったのかー?おーい」

『しまってるよ』 

ひっ! 
いきなり返事が返ってきた。女の子の声… 
ビックリしたけど綺麗な声だったので怖さはすぐ消えた。 
「だれ?なんで閉めたのさ、あけてよー」 
『でれないよ』 
なんで知らない僕を閉じ込める真似するんだと思ったけど、よく考えたらこんな時間に山の中に女の子が居るわけない。 
居たとしても家族と一緒だろうし、そしたらこんな真似しないだろうし。 
「お願いだからあけてよ」 
………しばらく間があってから声が聞こえた。 

『むりだよ』 

「うわぁぁ!!」 
突然後ろから聞こえた。 
暗くて見えないけど、入り口から左側の壁の奥から聞こえた。 
仕切りがあるから入り口からすぐに右か左と分かれてるんだけど、そんな広くないからほんとすぐ先の壁を右に曲がったところら聞こえた。 
凄く驚いて、そして怖くなった。 
中に居たのか?え?でもさっき外から聞こえた声と同じ…。 
なんかヤバイ、ヤバイよ。 
凄く怖くなって扉をガチャガチャとゆすった。 
けり破れるんじゃと蹴ったり叩いたけどだめ。 
『あかないよ』 
同じ女の子の声が奥から聞こえる。 
怖くて声も出なくなって、ひぃっ…て感じで扉に背を向けたまま奥を見つめていた。 
暗いからわからない、でもだれか居るんだ。