AMEMAN17826009_TP_V

家族で飲食店経営してた頃の話で常連の芸能人の隠れ家的店ってことで紹介されて以来 
本人さんとその連れてくるお友達目当てに地元だけでなくほうぼうからお客さんが来るようになった 

ここまでなら美味しい話なんだが 
それひっついてるものもよく置いていかれるようになった 

俺は不運なことに見聞きが出来てしまう 

もっとも100回遭遇してもはっきりとしたのは1回くらい 
大抵は姿はぼやけすぎでわからないしはっきりと声が聞えることもない 
逆にそのほうが怖いのではっきりとした姿が見えたり 
死のうよとかささやいているのを聞いたりすると逆に落ち着いた気分になれてた 
その客が入ってきてしみついたくせでいらっしゃーやせーと営業スマイルしたんだが 
視界にいれなきゃよかったと後悔した 

実態の体から犬やら猫やらイタチやら猿やらの幽体が突き出してるような姿 
本人はなんともないみたいで座敷席の衝立の向こうを覗きこんだり 
一緒に来た男性とここって芸能人よくくるんだってーみたいにして話してる 
けど突き出た動物の顔という顔は右に左に首をふるようなかんじで揺れて 
目に入ったもの全部睨みつけてるかんじで 
ヴォオオという感じの声ともなんともいえないものがずっと聞こえてた 

二階からはうちの犬が怯えきった声でひゃんひゃん鳴く声が響き続けた 

そのお客さんのお会計の時 
隣の番地の住所が記載された名刺を渡してきて 
「うちは躾もやってるんですよ。鳴き癖噛み付き癖等あったらよろしくどうぞー」 
いやおまえそのくっついてるやつしつけろよと言いたかったよ 

ペットショップなんちゃらと書いてあったので合点がいったかんじ 

命を売り買いする商売ってのも業が深いものなんだなあと思って以降ペットを買うっていうのも同じように思えて 
うちの犬が死んだら二度とペット飼うものかなんて思ってたんだけど 
やつは死後も二ヶ月くらいは生前のようにかーちゃんの後をついてまわって 
生前のバカ犬ぷりをそのままに餌のおねだりをしていたよ 

それみてると愛してやればいいのかなと思えたので 
以来代替わりのたびに例の名刺の店から迎えるようにしてる 合言葉は「売れ残っちゃいそうな子」