KAZ_P1020402_TP_V

夏休みになると、よく旅に出てた。海外とか、自分探しとかそんな崇高なもんじゃなくて 
18切符で知らない街まで行ってソバ食べて、風呂入って、土産買って帰って来るそんなレベル。 
世紀末のようやくインターネットが普及しだした時代、携帯じゃなくてポケベルが最高の装備品、 
これから向かう先の情報なんかも調べる方法が無くて基本的にいつもノープラン、 
ネットカフェに泊れるのはまともな方でしばしば駅で野宿してた。 

でもって、ある年の夏の日、関東某県のローカル線の終電に乗ってた俺は終点の一つ手前の駅で降りた。 
降りたのは俺一人、なんで降りたのかって言えば駅名に魅かれたから、ただそれだけ。 
終点の次の方が知名度もあるし大きな駅であることは想像できたんだけど、もうこの時点で駅寝だと腹はくくってた。 
結果的にこの判断がこれから始まる恐怖の一夜の始まりだったんだけどな。

人里離れた無人駅、の割には駅舎は結構立派で一晩過ごすのは問題無かった。 
民家一軒無いので当然商店も無いんだけど、自動販売機もあるし清潔感のあるトイレもある。 
そして嬉しいことに徒歩で歩いて行ける範囲に野天風呂の看板があった。 
夕方に一度別の駅の近くの温泉に入ってたけど行かない理由も無いのでその風呂に向かう。 
温泉街の外れの山道を登ると雑木林の真ん中にポツンと佇む小さな風呂と屋根、 
料金箱に小銭を入れてミニランタンを頼りに夜の風呂に浸かってた。 
そうしてのんびりしてたんだけど急に風が冷たくなった、霊が…とかじゃないからな。 
こりゃ雨になるなあと感じた俺はさっさと着替えると、再び麓の駅に向かう。 
ポツポツと降り出した雨が駅に着くと同時に豪雨になってまさに危機一髪、 
俺冴えてるじゃん、と自画自賛しながら駅舎の中のベンチに荷物を下ろして、ベンチに横になった。 
舎内は暗かったけど、ホームを照らす明かりが改札越しに射しこんで荷造りには特に困らなかった。 
愛用の寝袋を出してそれに包まる、ミニ目覚ましの時間を始発前1時間にセットして眠りに着いた。 
そん時な、初めて気がついたんだよ、駅舎内の違和感に、自分の物と異なる獣臭、 
暗闇に目が慣れてきて俺の目に映ったのは駅舎の隅で膝を抱えて蹲る男の姿だった…。

心臓がどきんと跳ね上がるのを歯を喰いしばって抑え込む。 
外はさっきから降り始めた豪雨、なんか遠くで雷も鳴り始めてる感じ。 
俺、駅に入ってから結構ドタンバタンしてましたよね? 
ずっとそこで黙って見てたんですか? 
ドキドキしながらその男の様子を見る。 
膝を抱えて体育座り、眠ったように顔を伏せてるので表情は解らない。 
チノパンに襟付きのシャツを着てて、俺よりまともな身なりに見えた。 
無造作にセットしたような髪と太目の体躯はピクリとも動かない、て言うか寝息一つ聞こえない。 
遭遇して1分も経ってませんがこの辺で感じてましたよ、あれ、こいつ死んでるんじゃね?って。 
「ぉ‐ぃ…」 
おそるおそる小声で声をかけてみる。反応無し…。 
パン! 
いきなり拍手。反応無し…。 
意を決す、さっきセットしたばかりのミニ目覚ましのアラームを現在の時刻にセットする。 
ジリリリリリリ!!。反応無し…。 
決定、こいつ死んでるわ…。

電車がついた時には駅舎に電灯もついていたんでこの男がいなかったのは間違いない、 
つまり俺が湯に浸かりに行ってた間にこうなったわけだ。 
問題なのはこれが事件なのか事故なのか…、駅の外に公衆電話があったのを思い出してとりあえず警察を呼ぼうと考える俺。 
しかし万が一この男が本当に寝てるだけだったら失礼なわけで…、大きく足を踏み鳴らしながら男に近付く、 
んでもって顔を覗き込む、見なきゃ良かった…、口から涎みたいに血を流してるよ…。 
いや、それでもと思いなおして腕に触れてみる、冷たいよ!堅いよ!死後硬直してますよ!死亡確認ですよ! 
外に行こうと扉に手をかけた、その瞬間ふと考えた、あれ、ここで警察呼ぶと俺が第一発見者だよね? 
そしたら色々面倒なんじゃね?事情聴取されたり、下手したら犯人扱いされちまったり…。 
少し考えよう…、思い直してベンチに座り直す俺。 
とりあえず寝袋その他を再びリュックに詰め直す。