001KAI319_TP_V

霊能者を連れ、某廃墟ホテルへと行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。 
そのホテルでは昔火災が発生し、多くの人が亡くなった場所でもあり、女性の霊を見た、 
叫び声が聞こえるなど、そういった噂が絶えないまさにいわくつきの場所でもあったようだ。 

ホテルに入ると中はかなり物が散乱しており、かつてここがホテルとして通常に営業していたとは 
思えないほどその光景はひどいものであった。 
そこから2F、3Fへと上がって行くと、ふいに霊能者が人が叫ぶような声が聞こえると言い出した。 
早速カメラを再生してみると、確かにうめき声?のようなものがかすかに聞こえる。 
この声がどうも隣の部屋から聞こえるというので部屋に入ってみる。 

部屋の光景は他と同様、散らかっており、かつての面影はない。 
ふと目を向けると大きな窓がついており、カメラマンが下から見下ろすと 
ちょうど見下ろした位置に大きなプールがあった。 
とりあえずホテル内は一通り回ったので、最後にプールへと寄ってからロケを終りにしようと 
いう事で、全員プールへと向かうことにした

プールへと着いたスタッフは、霊能者に何か感じるかと聞いてみた。 
すると指をスッと向け、あそこの部屋から物凄い形相をした男がこちらを見下ろしているという。 
その霊能者が指を差した方向を見ると、先ほどうめき声が聞こえるというので覗いてみた部屋である。 
「もうこれ以上は無理です。これ以上ここへはいたくない。早く帰りましょう」と怯えた表情の霊能者が言うので、 
スタッフも了承し、ロケバスへと引き返すことにした。 

ホテルを後にし、車中にて霊能者が恐ろしい話をする。 
「私は最初、あの男の霊は我々を見て睨んでいると思った。でも違うんです。そんなことじゃない。もっと恐ろしいことです。 
ホテルの火災は放火によるものです。部屋が燃え、男が逃げられない状況であると知っている中、犯人は男の目の前で息子を惨殺し、 
男に見える位置に死体を置いたんです。あのプールへと・・・ 
男が我々に見せたあの表情は死への絶望とどうすることも出来ない無念によるものです。男は死んだ後も、永遠にその場面を繰り返し 
繰り返し見ているんです・・・。」 

・・・・犯人はいまだ逮捕されていない