kumakichi0221043_TP_V

高校時代、たまに肩をパシーンと叩いて横切ったりする変な奴が友人にいた。 
周囲からはそういう奴だから…みたいに見られていたが、あるとき理由を聞いてきた。 
「お前、いきなりひっぱたいたりするのって何なの? あれ結構いてぇぞ?」 
「いや、俺、何となく霊感みたいなの見えるんだ、で、変なのが見えるとひっぱたいてやってるw」 
って笑いながら話してた。 

嘘か本当かわからないけど、こっちはむしろ霊感のところに興味津々。ムーとか流行ってたしw 
「じゃぁ、今までで一番怖いと思った霊とかってある?」と後に尋ねてみた話。 

彼は数年前、中学時代に家族で旅行に行っていた。 
その時見た湖が、写真では良くある観光地だな~って感じだけど、実際には何倍も綺麗に見えたらしい。 
うわ~すげぇ綺麗じゃん! 
とかひとしきり感動して、同時に「これなんかおかしいぞ…湖から目が離せなくなってるし」と思った。 
金縛りとかじゃないけど、水面をずっと見ていたい、この湖をもっと知りたい…って心境になっていた。 
結局、家族がもう行こうって事で他の場所への移動になったが、両親からは 
「ずっと見てたけどなんかあったの?」って心配されたらしい。

で、夜になってホテルに入る。 
温泉につかって、豪華な夕食食べて、ゲーセンで遊んで、寝たらしい。 
そしたら、湖のほとりに立ってる夢を見たと。 
ただし、足元は湿地の様で、舗装もされていないし、観光地になるずっと前の風景のようだったらしい。 
夢の中の風景は早送りみたいになっていて、あっという間に夜から朝、朝から夜を繰り返している。 
そこに、力ない感じの狐が来て、最後に水を飲んで息絶える。 
遺体はあっという間に腐り、腐葉土のようになり、長いのに短い冬を経て、そこから緑が芽生え、そして枯れていく… 
次の年には力ない熊が来て、最後に水を飲んで、やはり息絶える。 
遺体が腐敗し酷い悪臭がしてそこで目が覚めたらしい。 

不思議と悪意や嫌悪感は感じられないが…何かやべぇな…これなんか変なもん拾ってきたかな? 
子供の頃から心霊現象には慣れていたらしく、彼は中学生の頃にはそんな感じで折り合いをつけていたらしい。 
けど、良くある金縛りや人の気配とかではなく、何なのか意味がわからなかったので寝なおしたらしい。 
彼曰く「悪意が無いのは無視するのが一番」らしいので。

また同じ夢を見た。 
狐が息を引き取り、四季がめまぐるしく変わり、また熊が息絶え、その悪臭で目を覚ます。 
起きる、寝る、夢を見る、また起きる…をそこから3,4回は繰り返したらしい。 

それで、普通じゃないというのは理解した、けどこの状況がなんなのかが理解できない。 
霊感や悪霊みたいな悪意は感じられない。 
そこで、最後まで見てみようと思ったらしい。 
四季が移り変わり、狐、熊が息を引き取り…熊の死体の悪臭にも耐え、雪に埋もれたそれから勇壮な芽吹き… 
その時、ふと理解したらしい。 
この水を飲んで、湖の一部となる事で初めて湖の事が理解できるのか…それを促していたんだ… 
あぁ、自分が知りたかった湖の事ってこの事なのか…この水を飲めば自分もこの一部になれる… 
しゃがみこんで両手で水をすくって口をつける…という瞬間にヤバイ!!って目を覚ましたらしい。 

全身鳥肌、汗びっしょりで目覚めて、その後は目を閉じて、湖さん、湖の神様?何だか良くわからないけどごめんなさい! 
俺はまだあなたの一部にはなれません、まだ生きていたいです、勝手な事ですけど許してください!! 
って念じながら寝たら、気がついたら朝になっていたらしい。

で、彼の中でのとびっきりの怪談?を聞かせてもらって、 
何度も言うようだけど、その時の夢に悪意は感じられなかった。 
それが自然の理で、多分迎えいれてくれようとしてたんだよな~ 
やっぱ自然ってすげぇわ、少なくとも自然の中に神様って居るわ!! 
ってな感じで幽霊が見えるって人から、神様について熱く語られましたw 
彼が言うには、悪霊、怨念、霊魂とかは個人の物で、そんな物は自然の力と比べれば全然だと。 
大自然の意思?みたいな物は口では上手く説明できないけど、圧倒的に雄大でしかも寛大なパワーで、それに触れたら、 
もう後は何されても隣の家の壁ドンうるせぇ!(当時は無い言葉ですが) 
位にしか感じられなくなるって言ってました。 
話全体は、シリアスにやりつつ、笑いも含めつつだったんだけど、最後にシリアスに 
「でも、多分あの時「まだ」って言っちゃったんだよな…もしかするとあそこで俺死ぬのかもな~」 
って、しみじみと言ってたのが印象的です。 
高卒後、特に連絡とかもしてないけど、まだ生きては居ると思いますが。