gunma-IMGL6211_TP_V

その昔、ここには城があった。今じゃ跡すらないが。その城は一風変わった作りになっており、ウグイス張りのような感じで、廊下を歩くと鈴がなる。そのことから、鈴城と呼ばれていた。そこの当主は、耳が大きく、おちょぼ口の男だった。 
その男がもっとも嫌ったのは、競り(争い)だった。当時、農民は土地の 
領有権?か何かで争っていたようで、それに怒った当主は土地を平等に振り分けた。 

さらにそこの当主は、もとは唐の生まれだったようで、周辺に住む一部の農民たちは忌み嫌っていたそうだ。 
ある日、一部の農民が反乱をおこし、鈴城を焼き払い、当主の一族を皆殺しにし、当主を縦掘りの洞窟に閉じ込めてしまった。

それからというもの、その地方には天災が続き、農民は飢え苦しみ、祟りだと言って騒ぎ始めたのである。 

お察しのかたも多いと思うが、彼らはその怨念に、生け贄を捧げるようになった。 

町(当時は村)の赤子から平等に生け贄を選出するため、赤子を対面させて、泣いた方を戦わせ、最後に残った泣き虫を生け贄に捧げた。 

これが、泣き相撲の始まりである。 

唐の人は、口が小さく、赤子をそのまま生け贄にすると大き過ぎるため、その唐の人が好きだったお粥に 
赤子を切り刻んで混ぜたものを洞窟に流していたようである。 

その腐敗したものが洞窟の一方に溜まり始め、徐々に底が斜めになっていったと言われている。 
そして、皆はその怨念を忌むべき対象として○○○○○○○と名付けた。

しかし○○○○○○○は、その名前を良しとしなかったようだ。 
その後数年の大飢饉と多数の死者はすべて○○○○○○○の仕業であると人は考えた。 

そして人々は、○○○○○○○のことを「ゴギョウ様」と呼び、この地域の神様として奉った。 
洞窟は岩によって封印され、それから生け贄の慣習はオモテジョウ、無く 
なった。 
じっちゃん「 ゴギョウ様はまだ生け贄を欲しておる。 
ワシの友人のB、実は元々そうなる運命だったんじゃ。 
山沿いの家があるじゃろ?いまはアパートになっているが、そこの住人は県外の者を敢えて斡旋しておる。そこの者はゴギョウ様について知らない。 
だからすぐに泣きおる。Bもそこの住人だった。 
泣いたら連れていかれるとも知らずにな。去年もあそこの坊主が行方不明になりおった。」

あれから数十年、未だに同じ時期に子供が行方不明になっている。毎年ではないが、俺が知ってるだけでも6人だ。 
そのたびに、子供を捜索するが、絶対に見つからない。なぜなら皆あのナナゾコに落ちているからだ。 
知っている人は誰もそこを探そうとはしない。 
自分が喰われるのは嫌だから。だからだれかが犠牲になることは仕方ない、むしろ有り難いと思っている。俺もそう思う。 
Aが行方不明になったのは、可哀想だ。しかし、だからといって代わりに俺があの岩ノ下に?そういうことだ。 


○○○○○○○は何かはわからない。知りたくもない。知ったところで、もう関わりたくはない。 

日本にはまだ、そういう場所がある。