kemuriIMGL7012_TP_V

魔のミシガン・トライアングルをご存知だろうか。 

バミューダ・トライアングルはあまりに有名だが、この五大湖のひとつミシガン湖にも、
数々の怪事件が起きている。 

魔の三角は、ラジントン(ミシガン州)、ベントンハーバー(ミシガン州)、マニトウォクを結んでいる。 

この地域では、たとえば、1937年4月28日、貨物船マクファーランドの船長ジョージ・R・ドンナーが、
船のキャビンから忽然と消失してしまった。 
  
また、1950年6月23日には、ニューヨークからミネアポリスに向かっていた、
ノースウェスタンエアライン2501が、3人の乗組員と55人の乗客とともに、 
突如、消失してしまったのだという。 

今度はニューヨーク市からミネアポリスへと飛び立ったノースウェスト航空機が、
ミシガントライアングル上空にて 
まるで蒸発するかのように消え去ってしまった。

この事件はその後長年にわたって調査されているが、残骸は未だ発見されていない。