PAK86_hanrasenkaidanjinsei_TP_V

サンタフェにあるロレット・チャペルは、建築家 P.ムーリーによってが設計されて 
1873年から工事が始まった。しかし構築物がほとんど完成されてから一つの恐るべき誤りが発見された。 

せっかく作られた聖歌隊用の二階の桟敷行く階段が無いのである。 
困ったシスターたちは、多くの大工を呼び相談したが、皆、これに、ふさわしい階段できない。 
バルコニーを作り直すか、ハシゴで登るかだというダケだった。 

途方に暮れたシスターたちはノヴェナ[九日間の祈り]をすることにしたという。 
そしてノヴェナの最後の日に一人の灰色の髪の毛の男が一匹のロバを連れやってきた。 

その老人は一つの道具箱を持ってアカデミーの所で止まり、シスターたちのために 
一つの階段を建設することができるかどうかを尋ねた。シスター達は喜んで同意すると、 
彼はシスターたちの前で木片をタライにつけて作業を開始した。 

用いた道具は一本の鋸、T定規それに金槌だけ。 

出来上がった階段は33段、完全に360度を2回転するらせん状。 
木の釘は使われているが、鉄の釘は一本も使われていない。そして驚くことに、 
螺旋階段を支えるはずの支柱がなく、まるで宙に浮いているようにみえる。 

この支柱の無い現在の科学を持ってしても建築工学上の謎であり奇跡、聖ヨゼフの階段 といわれている。 
そして階段が完成すると、その男の人は支払いを受ける前に不思議にも姿を消してしまったという。
 
なお、地方の材木工場は、この事業のために購入されたいかなる木材の記録も持っていなかったという。