HBBsone727_TP_V

オーストラリアでは史上最も不可解な未解決事件の一つTaman Shud事件。 

1948年12月1日にオーストラリアの海岸で身元不明の男性の遺体ず発見された。 
夏の暑さにもかかわらずセーターとコートを身につけていた、この奇妙な死体は、 
身元を表すようなものは一切持ち合わせておらず、 
捜査機関が歯科治療記録や指紋などを調べたのだが、身元を特定するに至らなかった。 

ただ近くの駅で、この男性のものと思われるスーツケースが見つかり、 
そこには隠しポケットのあるズボンが収められていたという。警察が、この隠しポケットを調べ、 
中から、本から破りとられた「Taman Shud」と書かれたページが発見された。 

この隠されたページを調べていくと、付近で発見された鍵のかかっていない自動車の 
後部座席に置かれていた「ルバイヤート」の希少本から破られたものだという事が判明した。 
そして、人々の興味を惹いたのが、その本の裏表紙には何らかの暗号とおぼしき文字列であった。 

WRGOABABD 
MLIAOI 
WTBIMPANETP 
MLIABOAIAQC 
ITTMTSAMSTGAB 

この男は何らかの組織に関係するスパイだったのだろうか。 
しかし何故、希少本のページを切り取りポケットに隠したのだろうか。 
全ての謎を解くキーとなるはずの暗号は、今日になるまで、誰にも解かれていない。