NKS_akaitetteou_TP_V

電波ジャックとは今の日本の放送局では、単に番宣のことをいったりしているが本来は、 
正規の放送に第三者が許可なくいきなり割り込んできてメッセージなどを送信することを言う。 

いくつか有名な事件があるが、1987年にアメリカのマックス・ヘッドルーム事件は未だ犯人が捕まっていない事件として有名である。 
この奇妙な放送の内容は、テレビドラマの最中に、突然、画面にマスクを被った男が現れて意味不明な言葉をまくしたてる。 
そして、そのマスクの男はお尻をハエ叩きで叩かれるという映像だった。 

どことなくユーモラスな内容で、おおくの人々の関心を引いた。 

さらにワイオミング事件という、不気味な放送が流れたというものがある。

現在では砂嵐の映像が鮮明すぎるので、フェイクではないかと言われているが 
犯行グループがマスターに近い所で録画した物が流失したものである可能性も提示されている。 

日本でかつて発生していた電波ジャック事件は、過激派がなどが起こした 
政治的な内容のもんが主体であったが、デジタル放送への移行で技術的にテレビの電波ジャックは不可能になったとされる。 
一部でデジタル放送への移行を急いだ理由に、有事の際に某国からの電波ジャックを恐れていたためと言う話もある。 

しかし実際のところは現在、アナログ波が開いている状態であり以前より低出力でアナログ波に電波が 
乗せれる状況になったっているという。それに現在はまだ受信チューナーもかずおおくでまわっている状態である。 
放映そのものは確認されていないが、アナログ放送終了後に、2chにて 
西日本でのアナログ波の電波ジャックを予告するような内容の書き込みがあったりしたことが一部で知られている。