HIRO_20130407-P4070174_TP_V

米国政治史に燦然と輝くケネディー家であるが、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺に続き、 
弟のロバート・ケネディも大統領候補指名選中に暗殺されたことを始めとして、 
その家族は皆決して幸せな人生をおくったわけではない。 

ケネディー家の中でも、その存在がタブー視されている人物にケネディーの妹、ローズマリー・ケネディがいる。 
彼女は知能指数が若干低かったという話や時として不機嫌になり周囲に暴力をふるうことがあったという。 

しかしながら、その一方で、彼女の知能には一般生活においては何の問題も無く、 
それが証拠にオペラを鑑賞したり、男性とダンスに興じるのを好んだという話もある。 

彼女は、その素行不良から、父のジョセフ・ケネディから女子修道院に入れられたのだが、 
しばしばそこを抜け出して、遊び歩くこともあったという。 

彼女が23歳の時、父ジョセフは彼女に前頭部の左右の神経線維を切断するロボトミー手術を受けさせる。 

素行不良が解消し順応になるという話であったが、手術の結果、彼女の知能は三歳程度に退化し尿失禁をわずらい 
何時間も壁を見続けるようになり、話す言葉も支離滅裂になってしまった。 

この事件がきっかけとなり、ケネディ家はロボトミー手術に対して 
徹底的に調査を行うように政治的に働きかけ米国でのロボトミー手術は下火になった。