nichinanIMGL9310_TP_V

ある夏の日、田舎に帰省する朝、3回目の乗り継ぎの特急電車、滑り込みセーフ 

最終両の一番端の空いてる席に座れた、6人掛け 
若い女の子3人に私に老夫婦 
フェリーでまた特2の部屋に同じ6人 
そして着いたバスもそのメンバー6人 
そして田舎の連絡船に乗り込んだのもその6人 
3人の女の子は見知らぬ女の子、私より少し、3歳ぐらい若い高校生かな 
老夫婦は田舎では見たことない夫婦、 

朝7時に乗った大阪の繁華街の大きい駅の特急電車、午後2時発の田舎の連絡船まで 
いっしょ・・・ 

こんな偶然あるかな・・でも田舎でもその人たちがどんな行動とったか 
どこのおうちのお客なのかわからないまま・・・

特急電車は当時終点まで1時間45分 
高校生の女の子はこじんまりと楽しく、明るく過ごしていた 
老夫婦はこれも静かに 
特2の船室でいっしょになったときは、それぞれに、あ、いっしょ・・というような 
安心感のような連帯感のような・・私は本を読んでいたので話しはしなかった 
バスでは、え、いっしょなの??ざわざわと高校生 

連絡船ではもうみんなが  ・・・・・ 状態 

船を下りて家に帰って母に、こんなことがあったよって言ったけどあのラジオ局のような母が 
この話しに乗ってこなくて、あ、あそこの親戚の子が来てるやら、どこそこのおじちゃんおばちゃんが 
帰ってきてるんや・・というような話しはなかった。 
田舎にいた4日間では何事もなく噂も聞かなかった。