TSURU17623011_TP_V

俺は普段あまり夢なんかあまり見ないんだがある夢を見た。 
四年程前になくなった祖母の夢 

突然FF7のスラム街の様な場所にいてボーっと何故か道の真ん中にうつるテレビを見ていたらばーちゃんがテレビにうつりだした 
「ヤッホー」 
「おっ、ばーちゃん!久しぶり!」 
何故か疑問に思わなかった。 
「◯◯ちゃん元気かね?」 
「おう!めっちゃ元気やで!」 
「じーさまは?」 
「あー、ばーちゃん死んでから若干はぶて気味やな」 
「ははっあのバカたれは(笑)あっ△△と□□は元気?(俺の母と叔母の名前)」 
「あぁあの2人は元気だよ。ばーちゃん元気なん?」 
死んでるのに元気もないが 
「めっちゃ元気やで!毎日楽しいわぁ」 
「そりゃええ(笑)あっばーちゃん死んでそん後に大震災あったんで!知っとる?」 
「おぉっ知っとる知っとる。めっちゃいっぱい人きたけぇね」 
「まじかぁ、その人等はどーしてんの?成仏とかしてんの?」 
「基本ここええとこやけぇね、みな楽しくやりよんよ」 
「へぇー、なぁばーちゃん神様っておんの?」 
「神様(笑)おるっちゃおるね」 
なんてばーさまだ 
「まぁ楽しくやってるならええわ。今日はどーかしたんか?」 
「いやな、そっちに忘れもんしてな…もう使えんしそれ◯◯ちゃんにあげようと思って」 
「はぁ?忘れもん?なになに?」 
「あたしが使いよった桐の箪笥あるやろ?あれよー調べてみーさん。なんかあったらみなやるよ」 
「ふーん…わかった。そんだけ?」 
「そうそう。まぁ悪りぃもんやないからね。用はそんだけ!ほなね!」 
相変わらずサバサバしたばーさんだ

起床 

いつも夢とか全く覚えてないのに完璧に全部覚えてた 
朝起きてすぐに祖父の家に行った 

桐の箪笥がある。今までちゃんと見た事がなかったので初めて触る 
中には祖母の遺品の着物が沢山入っていた 
祖父に聞いたら死んでからまともに整理してないそうだ 
一端着物を全部だして調べはじめた 
祖父は不思議そうな顔でチラチラ見ていた 

調べていると仕掛けみたいなのがあった 
仕掛けといってもただ二重底になってただけなんだが 

開けてみると札束が何個も入ってた 

思わず声を出して驚いた 


ってゆう話。オチとかないっす。