kazuhiro17810001_TP_V

僕が小学生の頃、自殺をする人が増えそれに関するニュースも 
よく目にするようになりました。その頃は自分で自分を殺すなんて怖いなあ位で 
あまり深くは考えていませんでしたが。 

ある日、夢を見ました。 
僕は見知らぬビルの屋上を眺めていました。 
ゲームでいう一人称視点のような感覚で、ただ見ているだけ。 
動くこともできず自分の体すら視認できません。 
田舎で生まれ育った僕が何故こんな場所にいるのか疑問に思っていると、 
屋上には自分の他に見覚えのない人がいることに気がつきました。 
表情をうかがうことはできませんでしたが、 
その人を目にしたとき何か嫌な予感がしました。 
  
「この人は飛び降りる気だろうか」 
うろたえていると突然僕の視点がビルの下に移動して、 
(すみません、これの他に言い表せません)目に男性が映りました。 
  
そのとき直感で思いました。 
「あの人が飛び降りたら、男性を巻き込んでしまう」 
どうにかしないとと思いましたが、いかんせん体を動かせません。 
そうこうしているうちに、視点がまたずらされて 
今度はビルの真下から屋上を見上げるような形になりました。

そのとき直感で思いました。 
「あの人が飛び降りたら、男性を巻き込んでしまう」 
どうにかしないとと思いましたが、いかんせん体を動かせません。 
そうこうしているうちに、視点がまたずらされて 
今度はビルの真下から屋上を見上げるような形になりました。 
  
そのときまた直感しましたが、遅かった。 
その人はもう飛び降りていました。 
僕はビルの下で騒いでいる人達をぼんやりと眺めていましたが、 
二人が最終的にどうなったかは目にしませんでした。 
  
夢はそこで終わりました。 
僕は全くわけがわからず「あれは僕の自殺願望なのか?」 
と思いましたが、当時の僕にそんな悩みは無く 
「たまたま昨日はあんな夢だったんだ」で済ませて。 
  
数日後母と夕食を食べているとき、母がいきなり 
「あんた、自殺なんて思ってもしたあかんよ」と 
言ってきました。 
こういうときの母の雰囲気が僕は苦手で、いつもなら 
軽く流しているところでしたが、母の「自殺」という言葉が 
気になってつい「どうしたん?」と聞き返していました。 
そこで母は、朝ニュースで見た事件のことを僕に言いました。 
ビルから飛び降り自殺を図った人が、 
下にいた人を巻き込んだという事件のことを。

あの夢が本当にただの偶然だったのかはわかりません。 
ただ、自分が見た夢と当事者二人の性別や状況が一致していたとわかり、 
小学生だった当時すごく怖かったことや、 
自分があの夢を見たのには理由があるのかということは 
今でも時々考えたりします。