心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    九州・四国

    KAI428020_TP_V

    20年程前、友人と連れ立って登山に。 
    福岡のA山へ。 
    登山と言っても、舗装された道路を自転車で登るだけのもので、長い坂道を自転車から降りずに走り抜くという根性見せゲーム。学生時分のことだから、何が楽しいのか分かんないけど数回通った。 
    これは良い思い出。 
    七号目辺りまで登りきると開けて平らになっていて一般的にはここが頂上とされる。駐車スペースと、売店と、綺麗な夜景が見える場所。 
    今回はその先の獣道を進んで見ようという試み。 
    ここに向かう頃にはもう夕方に差し掛かっていて、道中真っ暗闇を歩く事になった。

    当時、携帯電話持ってたろうか忘れた。 
    ともかく視界の頼りは月の光だけだったような。 
    木々に遮られて空の明かりが届かなかった。 
    目が頼りにならないから、枝を投げ、先に道があるかどうか確かめながら進んだ。 
    もちろん怖かったが、興奮と楽しいのが勝った

    【【恐怖体験】福岡のA山へ】の続きを読む

    PAK752_zawazawa15043345_TP_V

    この間のことですが長崎から来た友達と熊本で遊んでいた時の事です。 

    ここで彼の事を「K」と呼びましょう。 

    Kは最近鹿児島の友達と遊んできたようでした。 

    Kは長崎での彼女と結婚を控えており、私もそれを楽しみにしていました。 

    「Kちゃん、そろそろ結婚やろ?いつごろすると?」 

    K「その事なんですが、結婚の話無くなったんすよ」 

    「え!?どうしたの!?なんで!」 

    K「チャマさん、幽霊って信じますか?」 

    チャマ=私です 

    正直なんでいきなり幽霊の話に飛ぶとは思わなかったのですが、
    この時私は心霊スポット巡りはしていたけれど見たことが無かったので信じていないと答えました。

    【【恐怖体験】鹿児島のおおすみという場所】の続きを読む

    20140613-P6130019_TP_V

    知り合い(仮名:田中さん)から仕入れてきた怖い話 

    場所は霧島の某キャンプ場。そこで田中さん達は仲間数人と夜中まで飲んでいた 

    そのキャンプ場には人一人渡るのがやっとのつり橋があった 

    時刻は午前3時。友人がつり橋奥の方に忘れ物をしたから、付き添って欲しいと言われ、田中さんはつり橋の真ん中くらいで待っていた

    【【恐怖体験】霧島の某キャンプ場】の続きを読む

    PPU_yuuguretokoukashita_TP_V

    筑紫野有料道路が開通して数年後の話だが深夜時頃に筑紫野有料道路から県道31号を使って佐賀市内の友達の家に向かっていた。 

    深夜だしそこそこスピードを出して走っていると急に道に人が飛び出して来て急ブレーキとハンドル回避でどうにか轢かずにすんだ。

    【【不思議体験】佐賀市内の友達の家に向かう途中に事件が】の続きを読む

    GAK85_yorunominato_TP_V

    鹿児島出身の祖父(故人)から聞いた話をひとつ置いて行かせて下さい 

    祖父は某漁師町(イリノ、という名前を聞いたのをぼんやり覚えています)の網元の出身で子供の頃から海で遊んだり魚を獲ったりして、海に慣れ親しんで大きくなったそうです 

    ある夜、じいちゃんが家で寝ていると、夢の中でひっきりなしに誰かが呼ぶ声がしたそうです 

    で、放っておくのもアレなので、ひとまず応じてみる事に 

    じいちゃん「誰だよ、こんな夜中に…」 

    夢の人「申し訳ない、すぐに来て欲しいんだ」 

    【【不思議体験】今は長崎鼻にいるんだ】の続きを読む

    ZUB_DSC_0300_TP_V

    その時は大して気にしてなかったので詳細な日時は不明だが初夏のこと。7月だったと思う。 

    その日の昼頃、俺は帰宅しようとチャリで家の前を通ったんだ。 
    そしたら家の窓辺に女がいた、、、 

    いかにもアレな顔をしていて只々、恐ろしかった。 

    けれど母親が似てなくもない。「今日は仕事が休みなんだろう。 
    さっき見た顔だって、考えてみれば屋外が明る過ぎて見えるわけない。」 

    そう思いつつ、何処かで恐怖を感じつつ、家のドアを開けたが誰もいない 

    うちはマンションだから隣の家と間違えても不思議じゃない。 
    その日のことはただそれだけ。

    【【不思議体験】九州の「おふどうさん」】の続きを読む

    PAK160323020I9A4945_TP_V

    九州の某県での出来事。 

    あれはまだ自分が中学生だった頃。 
    家はごく普通の平屋の一軒家。 

    庭もついててそこそこ広くていい物件だった。 
    立地も中々で、住みやすい場所だった。 

    んで、この家で体験した出来事。 
    その日母親と弟は地域のソフトボールの試合か何かに行ってて自分は家で留守番してた。 
    居間でクーラーつけてソファーで某有名な魔法学校の小説読んでた。 

    本を半分位読んだ時だった。 
    廊下から ズル・・・ズル・・・って何かを引きずる音が聞こえてきた。 

    【【恐怖体験】九州の某県の幽霊のたまり場】の続きを読む

    このページのトップヘ