心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    恐怖人間


    Aに電話をし3日前になったからキャンセルの電話を入れる旨を伝えると、案の定、「キャンセルの電話は俺がする!」と言ってきた。 
    僕は冷静を装いながら、3件あるから分担しようという案を出したが拒否をされた。 
    この日のやりとりで、AとDがBの失踪に絡んでいることがほぼ間違いないと睨んだ。 

    【【恐怖人間】仲間全員の進路が決まったので旅に行く運びとなった 後編】の続きを読む

    019KAI319_TP_V

    大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 
    本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びとなった。 

    【【恐怖人間】仲間全員の進路が決まったので旅に行く運びとなった 前編】の続きを読む

    kazukihiro512164_TP_V

    ある時期深夜頻繁に窓の外から聞こえる返して、○○君を返してって女性の声で起こされてた。声がするのは夜中の1~3時過ぎくらい、週に1~4回程。時に大きく、時には普通に外の道で誰かが会話してる程度の声で。 
    自分は余程熟睡してない限りある程度の物音や人の気配で目が覚めるから、二週間もした頃にはすっかり寝不足で体調すら崩し始めてた。 

    【【恐怖人間】返して】の続きを読む

    KAI428020_TP_V

    ある日、帰りが遅くなりバイクを停めていた駅に着いたのが21時くらいになった。 
    駐輪場へ入っていくと結構遅いから駐輪スペースはガラガラ。(放置自転車があるからそれなりにはあるけど) 
    混雑してる時に停めたので、スペース無くてかなり遠くに置いてあったんだけど、そこへ近付くにつれて違和感を感じた。 
    ガラーンとした駐輪場に残ってる自転車もなんか変な気がした。倒れている物も多い。見られている気配というのか、周りが妙に気になった。

    【【恐怖人間】駐輪場】の続きを読む

    smokeIMGL9001_TP_V

     本名をアーノルド・ヘンスケンズと言うオランダ人男性は 
    ミリン・ダヨという名前で、主にスイスとオランダを舞台に 
    1945年から1947年にかけて体に剣や槍を突き刺したり、 
    あるときは鉄のパイプを胴体に突き刺し貫通させて 
    そこに水をとおすといったパフォーマンスを時には懐疑的な医師の前で行っていた。 

    【【恐怖人間】無痛人間】の続きを読む

    このページのトップヘ