心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    北海道

    KAI427027_TP_V

    ドンドン、ドンドン。 
    玄関を叩く音がはっきりと聞こえた。3人とも聞いた。 
    定岡が戸を開けっぱなしできたのでわずかに玄関が見える。 
    これも根拠はないが生きている人間がげんこつでドンドンしているような音だった。 
    俺たちは3人で手を握り合った。全員まさにガクブル状態。俺は膝がガクガクして止まらなかった。 
    この後何も起こるなと念じたが、少しの間をおいてまたドンドン、ドンドン。 
    心臓が爆発寸前だったよ。 

    【【北海道恐怖体験】昭○炭鉱 後編】の続きを読む

    KAI427027_TP_V

    北海道は昭○炭鉱での話。 
    その昔炭鉱で栄えた町で相当の人数が住んでいたそうだが、俺が友達と馬鹿なキャンプに行った時は既に廃墟だった。 
    言いだしっぺは定岡で、俺は嫌だといったが、強がりで絶対に引かない田村の性格が災いして、3人でその廃墟に一泊のキャンプに行くことになった。 
    自転車で2,3時間はゆうにかかる距離だった。 
    なぜ俺が嫌だといったかというと、親父と車で一度行ったことがあったから。 
    特にお化けがどうたらとかいう話を聞いたわけではないが、あまりいい気持ちがしなかったのと、その日に金縛りにあっていた記憶があり気乗りがしなかった。 
    ま、それはともかく、夏休みのちょっとしたお遊びのはずたった。 

    【【北海道恐怖体験】昭○炭鉱 前編】の続きを読む

    NKD2017_DSC5532_TP_V

    ある山にビバークしてクマを追っていた日のこと。突然、傍らで寝ていた相棒の猟犬が立ち上がり唸りだした 
    「どうした?」と声をかけても、普段ヒグマにさえ怯えない相棒の猟犬が、全身の毛を逆立て、テントの一点を見つめて唸っている 
    これはもしやヒグマの夜襲かと思い、ライフルを構えながらテントを開けると、猟犬はものすごい勢いで飛び出していった 

    【【恐怖体験】北海道で猟師をしている人の話】の続きを読む

    TSU885_omowakugamidareru_TP_V

    北海道の渡島半島のとある峠道。 

    日差しがジリジリと照り付ける中、車内は、クーラーが効かずにかなり暑くて俺はイラついていた。 

    峠に入ってしばらくして、前にえらい遅い車が居た。 

    60キロ制限の区間を、30~40キロで走ってるのだ。 
    周囲に車はなく、2台でトロトロトロトロ走る…。 

    【【恐怖体験】北海道の渡島半島のとある峠道】の続きを読む

    このページのトップヘ