心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    北海道

    BOB96P8110050_TP_V (1)

    今から15年くらい前の若い頃、オートバイで北海道ツーリングをした。
    網走の隣にある東藻琴村に住む友人を訪ねたのだが、予定時間を大幅に
    過ぎ、彼の家に着くのは夜中になってしまった。

    【【北海道の恐怖体験】オートバイで網走の隣にある東藻琴村に住む友人を訪ねた】の続きを読む

    kumakichi923_19_TP_V

    大学の卒業旅行で、北海道の山にスキーへ行ったのだそうだ。
    地元とは桁の違うスキー場の広さに感動したらしい。

    【【北海道の不思議体験】大学の卒業旅行で、北海道の山にスキーへ行ったのだそうだ。 地元とは桁の違うスキー場の広さに感動したらしい。】の続きを読む

    Yuki1244SDIM0045_TP_V

    ユペッに住んでいるパレアシクルと言う者です。
    不思議な体験をしたんだ。
    俺は大抵、狩に行く時は若いのを一人連れていくんだけど、
    そいつは若いのになかなかしっかりしていて気立てもよい、村でも評判なやつで、いつでも一緒に出かけてた。
    仮にそいつをA君としとこう。

    【【北海道の不思議体験】さっき寝てるあいだ誰か来てませんでした?】の続きを読む

    horror442_TP_V

    兄貴が刑事やってるんだけど正月聞いた話を。
    札幌にいるんだが北海道って大麻絡みの麻薬犯罪が凄いらしくて。

    【【札幌の不思議体験】祖母が夢に出てくる】の続きを読む

    kum07012054_TP_V

    Oさんは俺より一回り年上の42歳 一昨年の6月に俺のいた部署に入ってきた 
    前職は大手の住宅メーカーでバリバリのスーバー営業マンだったが、 
    前の年に脳の髄液が漏れる病気にかかり入院、復帰後は内勤に移動になったが合わなくて退職、うちの社長の地元の後輩だったので俺のいた会社にスカウトした 

    【【恐怖体験】昔暴走族が燃やして無くなった米里の家って知ってる…?】の続きを読む

    NAT86_eijishinbuntochoko_TP_V

    小4だった俺は当時「壁新聞係」という係をやっていた。 
    廊下の掲示板に貼られた手作り新聞だ。 

    【【恐怖体験】壁新聞係の怖い話のコーナー】の続きを読む

    cyusonjitumiishiIMGL1286_TP_V

    髪が伸びる人形「お菊人形」で有名。
    お菊人形は、近くに住む鈴木永吉さんが大正7年札幌市において開催された大正博覧会を見物の帰り、8月15日札幌狸小路の商店で幼い妹菊子におみやげとして買って来たオカッパの胸の鳴る人形であった。

    しかしお菊はほどなく三歳で死亡。
    納められた遺骨と共に髪が伸びるという。

    KAI427028_TP_V

    北海道の道東にはその昔、雄別という町に雄別炭鉱があった。 

    【【北海道の恐怖体験】雄別炭鉱】の続きを読む

    KAI427027_TP_V

    ドンドン、ドンドン。 
    玄関を叩く音がはっきりと聞こえた。3人とも聞いた。 
    定岡が戸を開けっぱなしできたのでわずかに玄関が見える。 
    これも根拠はないが生きている人間がげんこつでドンドンしているような音だった。 
    俺たちは3人で手を握り合った。全員まさにガクブル状態。俺は膝がガクガクして止まらなかった。 
    この後何も起こるなと念じたが、少しの間をおいてまたドンドン、ドンドン。 
    心臓が爆発寸前だったよ。 

    【【北海道の恐怖体験】昭○炭鉱 後編】の続きを読む

    KAI427027_TP_V

    北海道は昭○炭鉱での話。 
    その昔炭鉱で栄えた町で相当の人数が住んでいたそうだが、俺が友達と馬鹿なキャンプに行った時は既に廃墟だった。 
    言いだしっぺは定岡で、俺は嫌だといったが、強がりで絶対に引かない田村の性格が災いして、3人でその廃墟に一泊のキャンプに行くことになった。 
    自転車で2,3時間はゆうにかかる距離だった。 
    なぜ俺が嫌だといったかというと、親父と車で一度行ったことがあったから。 
    特にお化けがどうたらとかいう話を聞いたわけではないが、あまりいい気持ちがしなかったのと、その日に金縛りにあっていた記憶があり気乗りがしなかった。 
    ま、それはともかく、夏休みのちょっとしたお遊びのはずたった。 

    【【北海道の恐怖体験】昭○炭鉱 前編】の続きを読む

    このページのトップヘ