心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    関東

    naganohara0I9A5340_TP_V

    裏見の滝・・・。景観はいいし、 
    観光スポットとしては風情もある場所ですが…。 

    個人的評価として間違いなく「群馬県最凶」の称号をつけます。 

    自分も偶然それと知らず此処に行ってしまった事がありますが、 ちょっと洒落にならないです。間違いなく洒落にならない。 

    霊障が極めて強く、訪れるだけで

    「その場で引きずり落とされる」 
    「行った帰りに発狂」「行った帰りに死亡」

    等という話が 
    後を絶えず、語る事自体忌み避けられる様になった場所です。 

    滝を横切る道があり、流れる水を下(裏)から見る事は可能です。 

    しかし裏見の滝が「恨みの滝」の当て字というのは本当です。 

    かなり昔から度々悲惨な事件の舞台になってたらしく 滝を横切る道の先には小さい神社が置かれています。 

    書いてる間に色々ものが落ちてビビってしまった 

    PAK752_fensu15042024_TP_V

    約40年前までは、(古墳跡も含めて)大小十数基の古墳があった。 

    ここを造成して作られたのが朝倉、広瀬団地。怪奇現象、殺人、強盗、事故死、自殺 が多発している。 

    付近には天川大島町ににある松並木がある。 

    朝倉町4丁目にある八幡山古墳。前方後方墳(双方墳というのか)で珍しい。 

    古墳横の駐車場には、以前、幽霊屋敷があった。怪奇現象が頻発したらしい。 

    広瀬一丁目の天神山古墳。 

    30年くらい前に発掘(古墳自体を切り崩した)されたが、その直後、周囲で大量に人が死んだ為、朝倉4丁目の八幡山古墳発掘は流れた。 

    以前、天神山古墳の上の休憩所で首吊りがあった。以下は25年以上昔、天神山古墳発掘後に付近に住んでいた人の話。 (詳細な場所は不明) 

    ある日、団地の端から一軒に一人ずつ事故や病気で死人がでて 毎日のように近所でお葬式があったのを覚えています。 

    そして、ついに隣の家のご主人が亡くなって、 わが家はあわてて引っ越しました。 

    もっとも引っ越した理由は別にあったのですが。昼間母親が家で一人になるのですが、 洗濯とか掃除をしていると江戸時代の着物姿の女性が家中を歩き回り、掃除をしてる母親とはち合わせをするそうです。 

    私も父も最初は本気にしてませんでしたが 母がノイローゼ気味になったので引っ越したわけです。 

    ちなみに引っ越し当日、私たちの乗った車が横転事故を起こしました。 

    幸い家族は全員軽傷ですみましたが、父は耳もとで死んだ祖父の声を聞いたそうです。

    「何をしている。早く逃げろ!」と。 

    天神山古墳南西50mにある(あった?)家は、怪奇現象が多発した事で有名。住人は、自殺したり、発狂したりした。 

    すぐ近くの店は一年おき位に つぶれては別の店になり、またつぶれては・・ 

    を繰り返していた。店長がそこで自殺したという噂も聞いた。 

    【【関東の恐怖体験】広瀬団地周辺の心霊スポット】の続きを読む

    KAZ532_P1000865_TP_V

    国道405号線を長野原から北へ約20キロ。野反湖は巨大な人造湖で、 
    世界でもめずらしいロックフィルダムの建設では多くの犠牲者が出た。 

    ダムサイト近くにあるキャンプ場では、その犠牲者と思われる霊が目撃されている。 

    「新井さんいますか?」と言いながらバンガローを巡り歩く男の霊が出るらしい。 

    野反湖に行く手前の裏見の滝。 

    真っ昼間に、突然足を引っ張られ滝壷まで一気に霊にもって行かれるらしい。 

    その後数十分で高熱。 かなりの確率で取り憑かれる。名前は「裏見」だが、滝の裏に空間は無い。 

    やはり「怨み」または「恨み」の当て字なのだろう。裏見の滝駐車場で、七輪使った自殺があった。 

    数年前、医者が滝で自殺した。 

    NAT5_nihonnkaokunosuijiba_TP_V

    中之条町の、「だいどう峠」に、「富沢家の~」という看板がある。 

    富沢家は、一応観光スポットとして家を保存している。しかし、イワク付きの家らしい。 

    昔{不明}そこは元旅館でそこに宿泊した客を 次々に殺して、金品を奪い、遺体を家の下に埋めたそうです。 

    その家の中にある「触れないで下さい」と注意書きが 書かれた鍋を、 地元の子供が触ってしまい、落としたらしい。 

    その日の午後、その子供の母親が夕食に味噌汁を作っている最中、 子供が母親の横に来た所、誰も触れない鍋が、子供の半身にこぼれて大火傷をしたらしい。 

    富沢家の鍋を落としただけなのにこれだけの祟りが。 

    kazukihiro512150_TP_V

    榛名と伊香保を結ぶ道にぽつんと電話ボックスがある。 

    夜、奇数の人で行き電話をとってかけずにそのままにして車を出すと、 女の人がミラーごしに受話器を戻しているらしい。 

    構わず走り続けるとミラーにその人の顔が写るとか。 

    伊香保から榛名山を登りきるとやたら長い下りの直線がある。 

    そこでライトを消して100キロだすと いきなり女が飛び出してくるらしい。 

    昔そこで彼氏とケンカしておきざりにされた女の子が 走り屋に跳ねられたらしい。 

    SHI863_jimejimeochiba15045040_TP_V

    榛名湖は、そこで水死した人の死体は浮かび上がらない。 

    20年くらい前、前橋市内の高校生がボートから身を投げたが(目撃者もいる) 

    その死体は、いまだに発見されていない。 湖底には藻じゃなくて流木が多くあり、 死体はそれに絡まって浮かんでこないという。 

    しかも、湖底の水は氷みたいに冷たいので、死体は腐らず、まるで生きてる みたいに生前の姿のままらしい。

    湖で入水自殺する人が多い。湖で自殺した人の幽霊が出る。 
    ボートで湖面を進んでいると、水面下にキレイな黒い藻の塊のようなものが現れる。 

    それを掬い上げると・・・。それは人間の髪の毛である。 

    湖畔を伊香保方面から直進していくと榛名神社方面に行く道が左に出てきますが、 そこの右側に遊覧船の船着き場があります。湖側の手摺りの下から子供が顔だけのぞき込んでいたそうです・・・ 

    その下はすぐ湖で2~3㍍の高さがあるため人が立てる場所ではありません。 

    魔の17番カーブのコンクリ壁の上に白い影が出る。 首なしライダーも 伊香保の17番カーブに出るらしい。 

    榛名湖から伊香保に下る魔の17カーブを過ぎたところで車のウィンドを少し開けたらすぐ閉める。 すると女が見えるらしい。 

    014KAI319_TP_V

    高渋線を渋川方面に進みスカイラークの信号を左折する。 

    左側の朝日新聞社様営業所の信号を左折。突き当りの絶壁を右折。 

    次のT字路を左折して進むと切り立った林道になる。 

    右手に地蔵尊やコケシ工房がありその奥右手に旧渋川教習所がある。 

    ここは現在では閉鎖され公安の観察下にあるが ここで走りの練習をする人たちが奥側の木が茂ったカーブで 女性を目撃しているという。 

    教習所に向かう途中の山道で、 ダイナマイト自殺があったらしい。 

    昔、建物の中で他殺体が発見されたらしい 。

    KUMA1892096_TP_V

    吉岡伊香保線を上って行くと煌びやかなホテル街があり 
    滝の看板があるのでそれに沿って左折をする。 

    突き当りを左折しすぐに斜め右方向に進む(石碑がある)。 

    数分走ると左に駐車場がいくつかありその先は遮断機が下りていて進めない。 

    右手に船尾滝へ通ずる道があるので徒歩で10分ほど上って行く。 

    舗装道は山道に代わり茶屋や小川が見えてくる。 

    川沿いに進むと滝が見え木の橋がある。 

    付近の精神病院の患者が脱走した時にはなぜかほとんどの場合ここで 水死体で発見されるという。そのためまず最初に滝に探しに来るという。 

    船尾滝周辺の夜景が見える場所で人影が良く出る。 

    黒かったり白かったり。 

    チラチラとミラーに写り、振り向くとサッと隠れる。 

    miya1021DSC_4716_TP_V

    群馬県太田市北金井町の「北金井キャンプ場」。 

    戦前この場所の近くには「中島飛行機薮塚地下軍需工場」があった。 

    この地下工場の掘削の際、強制連行されてきた朝鮮人の方々の多くが 、落盤などによる事故死をしている。 

    切迫する戦況の中、学徒動員で徴兵された多くの若者が 米軍の絨毯爆撃により青春を謳歌することもなくこの地で短い一生を終えた。 

    犠牲者の多くは工場労働者として働いていた若い女性だった。 

    この地を彷徨う数多くの怨念が影響したのか、 数人の若者がキャンプに訪れていた時、 
    そのうちの女性のひとりが突然狂い出しキャンプ場脇の 貯水池で入水自殺をするという事件が起きた。 

    以来キャンプ場では狂った笑みを浮かべた女の霊が多く目撃されている。 

    20140126-P1010474_TP_V

    7年位前に2年ほど、千駄ヶ谷某トンネル近くの設計事務所に 
    勤めていました。

    小さな事務所で実際に働いていたのは、私と 
    社長だけのハズですが、気配だけの人も数人いたようです。 

    よってその事務所、日中奇妙な物音がするのは当たり前ですた。 

    社長はあっちの席、私はこっちの席、 ほんじゃあいだをウロウロしているこの足音だーれ? と言う程度に。 

    そうそう、人影がスッと通りすぎることもあった。 けどもうどうでも良かったんで覚えてないのです。 かまっているほど暇じゃなかったのです。 

    で、そんな事務所で何が妙だったかというと 夜になるとむしろ静かになったこと。 
    出払った、と言う表現がふさわしいほど気配が 消えるのです。 

    それともどこかから通勤してたんですかね? 

    辞めるまで残業時に勤務時間中のような体験をすることは 一度もありませんでした。 

    このページのトップヘ