心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    関東

    020KAI319_TP_V

    友人のマンションは強烈だよ~ん。

    はじめは「んなもん、おれはユ~~レイなんて信じねえよ」っていってた彼も3ヶ月で「しゃれになんねえよ」といって引越していきました。

    ちなみにそのマンション、全部で各階4部屋4階建て16部屋あって3分の2が現在空き部屋。

    その友達も家賃の安さで入居したもの出るときに不動産に
    いったらどうにも不動産が(や)で「家賃が安いんだからつべこべいうな。それともイチャモンでもつけてえのか?」と凄まれたそうです。

    彼いわく・・

    【【関東の恐怖体験】足立区の某駅近くの茶色いマンション】の続きを読む

    ameman619kouzan_TP_V

    牛久市に、わりと有名な心霊スポットである、ジェイソン村がある。この一件家で昔、実の親子が殺しあうという、信じられない事件があった。

    まず、一人娘が一階の廊下で首絞められて殺され、父親が二階の寝室で金属バットでメッタ打ちにされて殺された。

    【【関東の恐怖体験】牛久市のジェイソン村】の続きを読む

    PAK85_bukiminanokisaki20140102_TP_V

    ちっさい頃に聞いた話だけど、
    鹿沼市の樅山駅付近にある赤い屋根の家。
    ココは近所じゃ有名なお化け屋敷だって聞いたよ。

    その話聞いたのは10年以上昔だけど、家は取り壊されずにまだそこにある。

    【【関東の恐怖体験】樅山駅付近にある赤い屋根の家】の続きを読む

    KAI427006_TP_V

    有名なものとして深夜に三河島駅を通過する電車の運転手が、構内に散乱する無数の礫死体を目撃したというのがある。これは前出の「JRのこわい話」や「お化けの住所録」の他にも色々な雑誌や怪談の本に登場するから一般的に知られているのだろう。

    もっとも出典は同じかもしれない。

    この話は1962年(昭和37年) 5月3日に発生し、死者160名、重軽傷者325名を出した三河島事故との因縁である。

    北千住-綾瀬間では、雨の日に黒いコートを着た男が線路を徘徊していて
    通りかかった列車がこれを轢いてしまったと思いきや、男はまたふらふらと歩き出し、やがて霧の
    ように消えてしまうという話が「JRのこわい話」に掲載されている。

    【【関東の恐怖体験】三河島駅の恐怖体験】の続きを読む

    016KAI319_TP_V


    ※『あ』さんから投稿頂きました!ありがとうございます。

    小学生の頃から噂が絶えなかったとある廃屋がある。結構有名なところでテレビ撮影も来てた。そのときチラッと見てみたら中は玄関に隣接した居間にちゃぶ台と奥に額縁、扉には札が貼ってあった

    あの廃屋って一体なんなのか知ってる人いるんだろうか

    場所は埼玉県北本市の中丸小近くの車屋向こうにある黄色い家の向かい側にある廃家

    情報が欲しい

    AME875_kouzanee_TP_V

    母親が静岡県のM市の食品工場で働いていたんですが、その工場では幽霊の噂がありました 
    そこで働いてる人たちのほとんどが一度は変な体験をしていて母親もその一人でした 

    【【関東の不思議体験】静岡県M市の食品工場】の続きを読む

    KAI427030_TP_V

    若い時、先輩たちと久○浜病院という神奈川の中の、横須賀の中のかなりやばいっていう心霊スポットに車で行った。 
    久◯浜病院てのは精神病末期患者とか?感染病隔離病棟があったって場所で、その頃はとにかくあそこに行った女が突然ホフク前進し出したとか、叫びながら屋上に行って泣いてるとかマジでやばい噂が立ってた。あそこやべーらしーよなーとか言って結局病院までたどり着いてしまった。

    【【関東の恐怖体験】久◯浜病院】の続きを読む

    PAK42_amenohinokuruma20130915_TP_V

    千葉県では地元であった話として語り継がれてる話。
    深夜、ちょっとした用事で車でお出かけをした女性がいた。

    途中でガソリンがないことに気づき、24時間営業のセルフガソリンスタンドに寄ることに。
    スタンドについて給油をしていたが、男性店員がちらちらとこちらをみてくる。
    なんかこわいなぁと思い、早く出ようと急いでいると怖い形相でその店員が走ってくる。

    【【関東の都市伝説】千葉県では地元であった話として語り継がれてる話】の続きを読む

    maebashi10IMG_3228_TP_V

    東京は世界でも有数の人口密度を誇る都市だ。
    しかも物流の中心となっており、年がら年中渋滞している。

    ところが、専門家の分析によると現在の交通量程度では渋滞はそこまでおきないとされている。

    では、なぜ渋滞が発生するのか。

    じつは東京は、江戸時代に敵が攻めづらいように作られた道をそのまま流用してしまったために、直線が少なく、見通しの悪い道路になっていて、渋滞が非常に起きやすくなってしまっているのだ。

    ちなみに、アメリカの国防総省が2002年に発表した首都攻略格付けにおいて、東京はワシントンについで第2位の攻めづらさとなっている。

    現代でも通用する徳川家の戦略的都市計画。

    渋滞に巻き込まれた際は、いにしえの技術に思いを馳せるのもよいかもしれない。

    GAK_kohokucyou_TP_V

    琵琶湖は滋賀県の6分の1の面積を有する日本最大の湖である。
    しかし、裏の顔として非常に自殺者が多いことでも有名でもある。

    大半の自殺者は水上で発見されたり打ち上がったりするのだが、
    ある特定の場所で自殺をした人は浮かび上がってこないことが多い。

    【【関東の都市伝説】琵琶湖湖底の自殺者】の続きを読む

    このページのトップヘ