心霊不思議な話

【心霊不思議な話】太いクレヨン使って犬って描いてみてほしい。

55 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/14(土) 04:14:23.40 ID:/XrvZWrEI [1/5回(iPhone-wifi)]
後々気が付いてゾワッとした話しなんだけど。 
俺、10年前に立会川って東京の品川区にある場所に住んでたんだ。 
ある日、ちょっとした事情で、親戚の子供を週末預かる事になって… 
当時四歳の男の子。 
お絵かきが大好きだったんだ。 
クレヨンと画用紙さえあれば静かにお絵かきをしていた。 
俺の似顔絵描いたりして自慢気に見せてくる。


続きを読む

【心霊不思議な話】着物を着た見ず知らずのおばあさん

48 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 01:17:42.64 ID:wLF2sLrG0 [1/4回(PC)]
中2の頃に体験したことです。 
俺はベッドで寝てる自分を部屋の天井当たりから見下ろしてて、 
枕元には着物を着た見ず知らずのおばあさんが立ってた。 
しかもそのおばあさんの後ろにあるはずの部屋の壁がなくなってて、 
そこに無数のお墓がずらーっと並んで霊園みたいになってて、 
おばあさんは寝ている俺に向ってなぜかお辞儀をしてた。 
そこで目が覚めて、時計を見ると深夜1時半くらいだったと思う。 
当時はまだ真っ暗にして寝れなくて、オレンジ色の豆電球を点けて寝てた。 
そのオレンジ色の部屋がいやーな感じで。 
夢のせいで眠気が完全に吹き飛んじゃって、まだ夜明けまで全然時間あるじゃん・・・って憂鬱になってた。

 
続きを読む

【心霊不思議な話】消えた乗客

799 : 本当にあった怖い名無し[age] 投稿日:2012/01/10(火) 22:20:26.46 ID:2bKDGk9o0 [1/4回(PC)]
消えた乗客 

昨日(2012/1/9)島根で怖い体験してきた。18切符の消化旅行で山口と島根にいったんだが 
出雲市から広島に抜けるのに三江線に乗車した。三江線とは江川に沿って江津から三次へ南下していく 
一部で超有名な路線。山陰線から江津でのりつぎ15:08発の列車に乗り込んだ。キハ120のボックスシートに座りこみ、ぼけーと車窓を見ていた。 
乗ったことある人ならわかるんだけどこの路線の沿線って堤防がやたらでかかったり、民家の屋根がオレンジだったり、 
街灯が青色だったりと特徴がある地域なんだよ。列車は山間部を進み、浜原についた。時刻は17時ちょうど(列車だが時刻表で時間がわかる) 
あたりはたいぶん暗くなってきた。乗客も自分含め8人。やがて自分は朝から列車に乗っていた疲れで寝てしまった。 
どんぐらいか時間が立ち、列車が止まっていることで目が覚めた。外は真っ暗で列車はどこかの駅で止まっている。しかし妙に静かだ。 
列車のエンジンが停車しているのがわかった。だけど室内灯はついている。おかしーなーと隣の席を見た。そしたら・・・誰もいない。 
「え?」俺は驚き、立ちあがり周囲を見まわたす。だが、列車には誰ものっていなかった。普通なら乗客はみんな降りてしまったと考えるんだが 
運転士もいないんだ。しかも一番不気味だったのは、座席に荷物は残ったまま、まるで神隠しにあったかのように人が全員突然と消えていた。 
とりあえず、状況を確かめようと外にでてみた。ホームにはもちろん誰もいない。ホームの灯と車内灯で雪がまだそれなりに残っているのがわかる。 
乗客乗務員はどこへ行った?俺は寂しく覚えながら駅からでてみることにした。 


続きを読む

【心霊不思議な話】オカルト信じない理系の俺

IMA20160724325716_TP_V

472 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/07(土) 06:05:59.64 ID:o8v9lHjQ0 [1/3回(PC)]
オカルト信じない理系の俺が初投下してみる 

二年前の12月に、大学の部活の先輩と湯原温泉に旅行に行ったんだ。 
そこには砂湯という、砂ごとお湯が噴き出している温泉があって、そこ目的でいったんだけど、露天&混浴でしかも水着禁止だった。 
女の子多かったしこりゃ砂湯は無理だなってことで、やたら道端にある足湯に入ってた。 
で、夜になって皆で飲んでて一息ついた頃、男のうちの一人が 
「深夜だし男だけで足湯いかないか」 
って言い出した。 
多くはもう面倒くさいからいいやって感じだったけど、俺含め男四人で夜の砂湯に行くことにした。


続きを読む

【心霊不思議な話】気持ち悪さと物珍しさに俺一枚買っちゃったんだよな

PAK12_oshironoishigakitt1224_TP_V

410 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:36:59.19 ID:W9Vt3UHk0 [1/4回(PC)]
自分でも不思議なよくわからない話をひとつ。 
小学生の頃、近くの城跡の山に遠足に行くのが恒例でさ、 
小5くらいの時学年で揃って登ったんだ。 
歌でも歌って登って、みんなで頂上で昼食べて、探検とかして下山する。 
毎年変わらないけど子供だからすごい楽しいイベントだったんだよな。 

 
続きを読む

【心霊不思議な話】一生の思い出に残る旅行になる・・

202 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/03(火) 18:00:59.64 ID:pQdzjZJe0 [2/4回(PC)]
俺は家族で旅行に行った。(夏)一生の思い出に残る旅行になる・・ 

はずだった。写真が現像されたと聞いて、大急ぎで写真を見て凍りついた。 
俺の首に手がある。それも首を絞めているような感じだった。一人になって写真を見てると、いきなり誰かに首を絞められた。 


続く 
ちょっと後になると思います


続きを読む

【心霊不思議な話】青白いものがボーっという感じで浮かんでいた

197 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/03(火) 17:37:41.36 ID:zqwj6ghO0 [1/1回(PC)]
では、もう何年も前でまだ実家にいた頃の話しになるが自分の部屋で休んでたときに 
金縛りは何度か体験していてその日も金縛りに遭って動けねぇ面倒くせぇ早く解けないかなっと 
思っていたんだがその日は部屋の片隅に何か違和感があるのに気づいた。 

ふと目を向けると青白いものがボーっという感じで浮かんでいた。 
注意して見ると人のようだが下半身はなく白い着物を着ているようだったが 
髪型がソバージュっぽかったので俺はおっ若い娘かなw? 
どんな顔してるんだろ?と興味津々で見たら 
無表情ってか目、鼻、口がなくおったまげて声も出なかったけど絶叫しちまった。 

別の部屋では両親がテレビ見ながらしゃべってるのが聞こえてたので 
助けてもらおうと必死に声にならないけど叫んでいたがしばらくすると金縛りから解放された。 
Bダッシュで親のところへ行き年甲斐もなく 
俺「今、俺の部屋で出た!お化けがでたああ!」と言ってしまったら 
呆れた親父が「んなもん、おるかボケぇ、寝ぼけんなら寝てからにしろ」と言われたので 
俺「んなら親父が俺の部屋で寝てみろや」と言い返して親父が俺の部屋で寝ることになった。 

次の日に親父は何もなかったように黙っていたが 
親父に口止めされたおかんが俺に言うには 
親父「あれからあいつの部屋で寝たんだが足の方につめた~いものが3回ぐらいきた」 
と言っていた。 
オチもなくてすまない。

【心霊不思議な話】歩いていた人に助けを求めました 後編

76 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/30(金) 17:14:11.48 ID:KPlgYPRV0 [4/6回(PC)]
なりました。車の中で覚えているのは4人乗りの車で自分の他に3名いたこと。 
ポケットにお菓子が入っていたので、その人達に分けてあげると、「そのお菓子は 
この世界にもあって、この世界だとこうなっているんだ」と言われて見せてくれました。 
同じ味だけど見た目が全然違うのが衝撃的でした。 
そしてなぜか、3名のうち1名が知らない間に違う人になっていました・・・


続きを読む

【心霊不思議な話】歩いていた人に助けを求めました 前編

71 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/30(金) 16:58:54.37 ID:KPlgYPRV0 [1/6回(PC)]

まずは、1回目の夢から・・・ 
私は寝ていたところと違う場所から目覚めます。目覚めて外へ出ると 
知っている道なのですが、知らない道へと続いていきます。 
ただ、わかっているのはここは現実ではないということです。 
早く現実に戻らないとと思い、その辺を歩いていた人に助けを求めました。

 
続きを読む

【心霊不思議な話】おまえら邪視って知ってるか?

56 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:39:00.60 ID:VenYw24x0 [1/1回(PC)]
誰もいなそうだけど・・・ 

小学生の頃の話なんだけど、夏のある日の夕方に自転車を家の物置にしまってたんだよ。 
そしたら庭から猫の声が聞こえてふりむいたんだ。まぁ普通に猫がいたんだけどなんかすごい違和感をかんじたんだ。 
黒の毛に黄色い目なんだけど目がすごいおかしい。 

おまえら邪視って知ってるか? 

知らない人はググってほしいんだけど簡単に説明するとそいつの目を見ただけで死にたくなったり気持ち悪くなったりするんだよ。 
本当にそんな感じだった。 
見た瞬間体中がゾクッて鳥肌がたってなんかすごい不の感情的なものが心の中に入って来たんだ。 
死にたい 死にたい 別に死んだっていいじゃん 
よし死のうって感じ、 
目を離したらなんか少し軽くなってあっヤバイって思って自転車投げ出してそのまま家の中に逃げ込んだ。 

親が帰ってくるまでずっと布団の中でふるえてた。でその間ずっと 
ニャー ニャーって猫の鳴き声が聞こえてきて怖かった。 

結局親が帰ってきた頃にはその声は聞こえなくなってて急に安心感がでてきて終わりなんだけど 
なんか最近その邪視の話をみてあ!俺もあるかもって思って書き込んでみた
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
最新コメント
スポンサードリンク
メールはこちら

名前
メール
本文