人間の怖い話

【人間の怖い話】新盆の話

urenokottasusi_TP_V

 数年前の新盆の話。亡くなられた方のお仏壇に線香と供物を捧げ、お茶を頂く事になった 
何故か真夏なのにクーラーを入れず、扇風機が回っているだけ 
喪服なんか着ているから余計に暑い 

続きを読む

【人間の怖い話】「…る…してくだ…い」 後編

AME845_kouzan845_TP_V

 「て…くだ…い」「…る…してくだ…い」…ゆるしてください?うまく聞き取れなかったが、 
たぶんそんな事を言ってたと思う。なんか、Kが取り付かれたようにずっと謝罪をし続けている… 
俺は、このままじゃ危ない、今までの経験からして悪い前兆だと即座に解かった。 
「K!そいつの言う事を聞くな!!!」「何も答えず、今すぐそこから抜け出せ!俺がついとる!!」 
と叫び、ダッシュで上の階へと急いだ「俺がついとるぞ!!」自分に気合を入れる為に叫びながら3階のある部屋に行くと 
そこには―Kの変わり果てた姿があった… 

続きを読む

【人間の怖い話】「…る…してくだ…い」 前編

AME845_kouzan845_TP_V

 俺のじいちゃん、寺関係の仕事してて霊感あるんよ 
俺がガキの頃よくじいちゃんが「とりつかれた時の対処法とか」
「立ち寄ってはいけない場所の判断の仕方」 
とか色々教わって育ったお陰で、じいちゃんレベルとまではいかないけど、
それなりに霊感が培われて育った 

親父はそういうのはぜんぜん分からんっていうんだけどな 
で、あれはたぶん5・6年前、すまん記憶が曖昧で覚えてないんだが、とにかく 
俺の悪友(結構イケメンでスケベ。だが、面倒見がよく、男女わけ隔てなく好かれるタイプ) 
と一緒に、K県の某廃病院(地元の人なら分かるかも)に行ったんだよね、 
俺と悪友と、あとその地元でナンパしたJS三人と肝試し。

続きを読む

【人間の怖い話】下手な好意 後編

HOS8512_TP_V

恐る恐る玄関に近付いたら警官だった 
警官は真っ先に俺が大丈夫かを聞いて来たが何がなんだかわからなかった 

で、ドア開けたら新聞配達の人もいて、事情を聞いたら、その前に見た方が早いと言われて玄関を見たら包丁が深々と刺さってた 
鍵穴もぐちゃぐちゃになってた 

新聞配達の人は強盗か空き巣と思って警察に連絡したらしい 
警官から色々質問されて、心当たりは無いか聞かれたから真っ先に隣の奴を上げた 
 続きを読む

【人間の怖い話】下手な好意 中編

HOS8512_TP_V

でも正直に言うと非現実的な感じがして、普通にこんな事言ったんだ 
「なら逃げればいいんじゃない?金払うと思えば遠くへ行けるし」 

そう言ったらまた泣き出す 
再婚相手は母親にも暴力振るうらしくて金を払わなかったら母親に八つ当たりするらしい、確かにそれは可哀相だが、自殺する事と比べたらどうだろうかと思う  

続きを読む

【人間の怖い話】下手な好意 前編

HOS8512_TP_V

派遣だけど、少し給料がいい所見つかったから働く事になったんだ 
実家からは結構距離あって朝は毎日6時に起きてた、でも朝は苦手だし、仕事は終わるの遅いし、早起きが結構苦になって会社と実家の中間位の所にアパート借りる事にした 
その借りたアパートの隣に変な奴がいたんだよね、そいつがとにかく変だったんだよ 

何て言うかな、自殺願望あるくせに怖くて最後の一線を越えれない感じの奴 
アパート借りた初日に管理人さんが俺に言いに来る位の奴でさ、本当良く追い出されないでいたよなって思う、管理人さんが良い人だったからかな 
 続きを読む

【人間の怖い話】ブルーシートを広げてる男

ELL86_tuchinotex20140402_TP_V

場所は埼玉東部 
高校の卒業式が終わった後、チャリで帰宅中のこと。 

中学校と空き地に挟まれた人気の無い細道を通っていたところ、 
進行方向にブルーシートを広げてる男がいた。 
ブルーシートには毛布だか衣類だかの荷物があり 
男はブルーシートの上に乗った砂なんかを払ってる感じだった。 
続きを読む

【人間の怖い話】友人宅の隣人の美人な女性

PKIMGL0403_TP_V

大学の友人のAはアパートで独り暮らし中 
なんで、仲間内で宅飲むしたりする時はよくAの部屋に集まっていた 

Aは角部屋に住んでて、ある日Aの隣室の女性を見かけたんだが、超美人なの 
Aに美人が隣でいいなぁ~って言ったら、急に真顔になった 
続きを読む

【人間の怖い話】『クロ宗』の鉄の掟

20140323-P3230659_TP_V

※明治時代まで肝食いをやっていただの、集落に近づけさせないためのデマにすぎないとの諸説がある。 
 あまり真に受けないように。

『クロ宗』の鉄の掟 

今から400年前、キリスト教徒が江戸幕府によって迫害されていたころの話。 
島原の乱に敗れたあと、彼らは幕府からの厳しい弾圧を逃れるべく、鹿児島県、下甑島(しもこしきじま)に流れ着いた。 
離島であるがゆえに、幕府の追及も届かない。ようやく安住の地を得た彼らはこの島にTという集落をもうけ、 
なおもキリスト教を信仰し続けた。 
とはいえ世間から孤立することにより、キリスト教本来の教えとは異なる独自の宗教を編み出すに至る。 
それが『クロ宗』だった。 
クロス(十字架)が語源といわれ、外部との接触を完全に拒んだ秘密結社的な概念。 
驚くべきことに、隠れキリシタンの末裔たちによって、今もなお受け継がれているそうだ。

続きを読む

【人間の怖い話】某宗教に入信していた祖母の奇行

KAI428005_TP_V

俺の親友の話をしたいと思う。 

小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。 
建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は当時団地住まいだった俺にとっては羨ましかった。 
だがHは『雰囲気が暗い』と言ってあまり嬉しそうではなかった。 
Hが言うように、窓も大きく取られて日の光がたくさん入りそうな家なのに室内はどの部屋も暗く、湿っぽい感じがした。
続きを読む
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文