心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    恐怖体験

    SHI86_kiiroikaeru_TP_V

    日中は観光客や子供連れの親子達で賑わう観音崎公園は、夜になるともう一つの顔を現す。

    灯台の周りを飛び回る発光体、軍服を着た幽霊達が闊歩している、公園内の公衆トイレに現れる女性の幽霊、水難者の幽霊、つまり、夜のもう一つの顔とは心霊スポットのことである。

    【【関東の恐怖体験】観音崎公園のもう一つの顔】の続きを読む

    kemuriIMGL7039_TP_V

    虹の大橋(にじのおおはし)は神奈川県道64号伊勢原津久井線の途中、宮ヶ瀬湖に架かる逆ローゼタイプのアーチ橋。かながわの橋100選に選ばれている。

    相模原市緑区と清川村の境界になっている。

    現在は宮ヶ瀬湖に架かる橋で高度感はあまりないが、宮ヶ瀬ダムができる前は早戸川に架かる橋で高さが結構あった。

    【【関東の恐怖体験】虹の大橋での心霊体験】の続きを読む

    N934_hairotonattadoukutu_TP_V

    トンネル内は明かりがなく、幅が狭い。

    トンネルに続く林道の入り口にゲートがあるため、車で行くことはできず、通行できるのは徒歩か自転車などに限られる。

    そのゲートはトンネルを抜けて林道の終点を過ぎ、さらに進んだ道の終点にあった「不動尻キャンプ場」が閉鎖したため、設けられたものである。

    現在もハイカーなどによって利用されているトンネルである。

    【【関東の恐怖体験】神奈川県にある山神隧道】の続きを読む

    meganeIMG_8379_TP_V

    善波トンネル(ぜんばトンネル)は、神奈川県伊勢原市善波と同県秦野市名古木を跨る善波峠にあるトンネル。

    国道246号に設置されているトンネルは新善波トンネル(しんぜんば - )、同道の旧道に設置されているトンネルは善波隧道(ぜんばずいどう)と呼称される。

    霊が手招きをして事故を誘うと。等のうわさがある。

    これはとある出来事に端を発しているらしい。

    とある少年が事故を起こし、この付近で亡くなられた。

    その筋では非常に有名といえる看板があるらしい。

    これ以降、様々な噂話が持ち上がることになる。

    20140323-P1020868_TP_V

    西千葉駅前の御稲荷さんと松林。

    やはり、刑場だったといわれているが、実際はさらし場だったらしいです。

    松の木を切ると祟られると言われてましたが、10数年前に切っちゃったんですよ。

    横の病院建てるとき。

    案の定、病院オープンから1ヶ月で院長は死にました。

    西千葉の首塚をその昔移動した事があった時、工事関係者が3人亡くなった。

    海側はまたまたその昔結核隔離地区(金持ちの)だったらしい。

    いわくつきの土地って訳。

    一度幽霊見た事あるし、「 たすけてぇ~ 」って悲鳴を海側の松林から聞こえた・が誰もいなかった。

    bukimi0I9A9943_TP_V

    泣塔(なきとう)は神奈川県鎌倉市深沢地域梶原、旧東日本旅客鉄道大船工場敷地脇に建つ宝篋印塔で、塔に刻印された文字から建立は文和年間であると推定されている。

    鎌倉市の指定有形文化財。塔の正式な由緒は不明だが、鎌倉時代末期に新田義貞が鎌倉を攻めた際の古戦場(洲崎古戦場)が付近にある事、塔の背後にやぐらがある事から、やぐらに葬られた戦死者を周辺の住民が弔う為にたてた塔と見られている。

    横須賀海軍の工場造営時に塔を撤去しようとした人間が次々と不審な死を遂げたという伝承が残っています。

    また泣塔を見た者は幽霊と遭遇したり、祟りに遭うという伝承も残っています。

    これらの伝承が影響したのか、泣塔は今でもそのままにされています。

    yanbaMG_4075_TP_V

    大多喜ダム(おおたきダム)は千葉県夷隅郡大多喜町、二級河川・夷隅川(いすみがわ)水系沢山川に建設が進められていたダムである。

    千葉県が計画を進めていた県営ダムで、高さ36.5メートルのロックフィルダム。

    夷隅川水系唯一の多目的ダムとして計画され、夷隅川下流の治水と南房総地域への上水道供給を目的とし、さらに房総導水路の調整池としての役割も担う予定であった。

    しかし事業の長期化が進む中で南房総地域の上水道需要が低下。

    その結果下流受益地の自治体が事業からの撤退を表明したため、2008年(平成20年)3月27日に事業中止方針が公表され、地元住民の理解を得られたとして、県は2011年3月4日正式に中止を決定した。

    その後は川幅を広げる「河道改修方式」を行う。中止したダム事業の一つである。

    悲しい目をした女の子の目撃情報がある。

    KAZDSCF2647_TP_V

    おせんころがし殺人事件(おせんころがしさつじんじけん)は、1952年(昭和27年)10月11日に、千葉県小湊町(後の天津小湊町、現鴨川市)にある断崖、通称「おせんころがし」で起こった殺人事件である。

    母子3人が1人の男に強姦され、殺害された。

    【【関東の恐怖体験】おせんころがし殺人事件】の続きを読む

    このページのトップヘ