心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    恐怖体験

    ELF85_senromen20140608151908_TP_V

    つい最近、友人に呼び出されて飲んでいたら、帰る頃になって、そいつが幽霊出る踏み切りがあるらしいから、みんなで行ってみようぜって言い出した。 

    会社の同僚だかが、そこでなんか見たらしい。 

    俺は嫌だったんだけど、他のみんなは酒入ってることもあり乗り気。 
    夜中になんの変鉄もない踏切に連れてこられた。 

    【【恐怖体験】線路の隙間】の続きを読む

    NKD2017_DSC5532_TP_V

    ある山にビバークしてクマを追っていた日のこと。突然、傍らで寝ていた相棒の猟犬が立ち上がり唸りだした 
    「どうした?」と声をかけても、普段ヒグマにさえ怯えない相棒の猟犬が、全身の毛を逆立て、テントの一点を見つめて唸っている 
    これはもしやヒグマの夜襲かと思い、ライフルを構えながらテントを開けると、猟犬はものすごい勢いで飛び出していった 

    【【恐怖体験】北海道で猟師をしている人の話】の続きを読む

    mariIMG_0513_TP_V

    ある車掌が京都行きの列車に乗務していた。 

    終電近くのため車内の乗客は数えるほどしかいなかった。 

    北小松に着いたとき、一番後ろの車両に若い女性が乗ってきた。 

    彼女は発車するや否や「すみません。この列車は吹田へは行きますか」と尋ねてきた。 

    この列車は京都止まりで、吹田へは京都でお乗り替えですと答えると「そうですか…」とさびしげに席へ戻って行った。 

    【【恐怖体験】湖西線での話】の続きを読む

    PB110227-Edit_TP_V

    その日は友人と待ち合わせをしていた。
    ところが、約束の時間を過ぎても友人は来ない。 

    30分待ったが一向に来ないので、携帯に電話をしてみた。 

    何度かけても全く出ない。留守電にもならないので自宅まで行ってみることにした。 

    マンションに着いて友人の部屋のインターフォンを鳴らしてみたが
    返事がない。
     

    【【恐怖体験】これは夢だこれは夢だ】の続きを読む

    KAI428028_TP_V

    今あるかはわからないが地元では有名な心霊スポットで肝試しに行く人が多かった。 
    自分たちも例に漏れず行く計画をたてていた。 
    スクーターで現地集合、チキンで女の子もいたので割りと早い時間 土曜の16時に集合した。 
    外観は不気味で窓が割られていて遠目でもかなりの荒れようなのがわかった。 

    【【恐怖体験】地元では有名な心霊スポットで肝試し】の続きを読む

    AMEyuugurenorocalsen_TP_V

    十年程前、金と時間のわずかな余裕が人生史上珍しく出来たことがあって、スチームロコに乗りまくりましょうな時期があった。

    自分はカメラ担当、友人1はビデオ、友人2は音だけ録りたいとかで、一緒にいるのが恥ずかしいような、ワケわからんな機材装備で毎回やって来た。 

    鉄オタで知らない者同士、たまたま居合わせた所で和やかに会話することはままあるが、自分はそういうの苦手だから、必ず友達と同行するってのもあるし、何より唯乗るのや眺めるのは幾らでも桶だがガチでコアなヲタではないから、細かな知識がなくて話しかけられても、たいして答えの用意がないわけだ。 

    【【恐怖体験】鉄オタの録音した声】の続きを読む

    PAK85_harunootozurewomatu20150125110931_TP_V

    中学の時、修学旅行で京都に行った。 
    京都の有名どころをだいたい回って、夕方にはホテルに着いた。 

    私たちの部屋は5、6人が横になって寝れる大部屋で 
    夜には布団を敷いてみんなで雑魚寝の体制になっって雑談してた。 
    まあ例によって恋愛話とか、だれかの愚痴とかだけどw 

    【【恐怖体験】修学旅行で京都に行った】の続きを読む

    SDIM3157_TP_V

    息があがっていた、叫びが止んで廊下に耳を澄ますと音はしてなかった 

    そこへ階段を上がる音が聞こえてくる 
    俺はその音だけで安心していた 

    ガチャと扉が開きそこには怒っている父親が立っていた 
    父親「おまえ何時だと思ってるんだ近所に迷惑だろ」と頭をガツンと叩かれた 

    だがそんな父親の怒りより俺には廊下の音の方が怖かった 
    父親と一緒に1階へと下りる最中、ふと穴の方へと目がいった 

    【【恐怖体験】引越し先の家がおかしい 後編】の続きを読む

    このページのトップヘ