心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    不思議体験

    ELLY107121611_TP_V

    小学三年生の時の不思議な話。 

    私と友人はオカルトにのめりこんでた。 

    ある日友人がどこからか仕入れたネタなのか
    「異次元に行く方法があるの」と言い出した。 

    「それって大丈夫なの?ちゃんと戻ってこれるの?」 

    友人「うん。やり方も簡単だけど2人じゃ出来ないの」 

    と言うので、数人を誘ってやってみることに。 

    【【不思議体験】異次元に行く方法を知っていた友人】の続きを読む

    KAZUKIDSCF2411_TP_V

    小学2年の頃のはなし 

    私は、母親とその同僚、兄(小4)とともに母の同僚(以下Mさん)の家に遊びに行った 

    夕方になり、近所の銭湯に行ったのだがそこでおかしな体験をした 

    母とMさんは女湯へ私と兄は男湯へ 

    他の客は爺さんが5~6人ほど 
    私と兄は、端っこの方で湯につかっていた

    しばらくすると、爺の一人が怪訝な顔をしてこっちに来た 
    1mくらいのところで、こういいやがった 

    【【不思議体験】銭湯での忘れられない経験】の続きを読む

    coffee20160715365204_TP_V

    田舎のアパート住まいだった頃の話 

    社会人になってすぐの頃、何もない所に住んでいた書店も近所には無い。

    夜は近くのサ店(漫画が沢山置いてあった。喫茶店以上レストラン未満の感じ)で過ごすのが多かった。
    オレの他には殆ど誰もいないくらい。

    ただ途中から女が一人いつも来るようになった 
    オレより前に店を出る時もあれば、あとに出ることもある。
    【【不思議体験】消えた女】の続きを読む

    P1000381_TP_V

    大学4年の春休みに当時の彼女(現在は嫁)が車を購入。

    そこで俺、彼女のN、そして一つ下の後輩Yの3人で泊まりの旅行を計画。 

    桜のシーズンだったのでそれに見合った候補地をいくつか挙げていった所、Nの田舎が桜の名所と言うことが判明。 

    そこで物は試しとNがその田舎に住む祖父母に連絡を取ったところ、コレがあっさり宿泊OK。 

    俺とN、Yの3人は親同士がすでに昔からの友人同士。なのでつきあいも長く、3人でのの旅行は初めてではない。 

    最終的には、俺たち3人に加えNの妹、中学生のAちゃんを加えて4人で行くことに。 

     
    当日はNの車だが終始運転は俺と後輩Y。 

    「なーNのお爺さんの家ってやっぱデカイん?」 

    「やー普通やないかなー?古いけどええ感じの所よー」 

    と 前の座席で俺とNがだらだらしゃべり、 
    後部座席では190近い巨漢のYに小柄なAちゃんが小猿のごとくギャーギャーと絡んでいる。 
    【【不思議体験】廊下に飾ってあるおもちゃの意味】の続きを読む

    AKPAKU1177_TP_V

    以前派遣されていた会社での話。 

    派遣先の方に「アレルギーとか体質って1晩で治るものなのか?」と聞かれたことがある。 

    自分はアレルギー持ちなので、1晩でなることはあっても治ることは殆どないと思うと答えた。 

    その後その方(以後Aさん)は欝気味になっていって、先月ついに会社を辞めてしまった。 

    会社を辞める前に、疲れるんじゃないですか?どうしたんですか?やめちゃってどうするんですか?と失礼ながら聞いた。 

    Aさんは奥さんがいなくなったという。 

    以下Aさんの話 
    【【不思議体験】奥さんはどこに?】の続きを読む

    NIS_kurenazumuyuuhi_TP_V

    車が納車されたばかりの俺は先日、夜中にふとドライブでもするかと思って近場の峠に行ったんだ。 

    近場って言っても走るのは初めての道で暫く山道を楽しんでた。 

    そしたら段々道が変に狭くなりだして道路脇に小さい(30cm位の)鳥居が大量に建てられてたり綱が木に巻かれてたり空が妙に赤みがかったりし始めた。 

    【【不思議体験】空が妙に赤みがかったと思ったら・・】の続きを読む

    TSU863_kirinosaki_TP_V

    消防の時、田舎に帰ると毎日山へ行って釣りやってた 。

    山道の入り口にある家からそこまで山道を40分歩いて行くんだよ 。

    ある日そこで父が川で滑って片手が傷だらけの血まみれ 
    帰るかっていうからまぁ待ってるわって言って父だけ歩いて医者へ 。

    そこでどれぐらい待ったか、「こっちこっち」って声が聞こえた

    【【不思議体験】山で聞こえた「こっちこっち」】の続きを読む

    YAMAyamasha-01_TP_V

    うちの夫は山奥の電波塔や中継局などに整備の仕事に行くんだけど、 

    そういう建物がある場所ってしばしば自殺スポットのようになっている。 

    車で機材を運ぶための林道が整備してあるから、山に不慣れな人でもわりと簡単に奥まで入っていけちゃうみたいだね。 

    【【不思議体験】山奥の電波塔や中継局整備の夫の体験】の続きを読む

    このページのトップヘ