心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    不思議体験

    mizuho17810DSC_0421_TP_V

    けっこう昔の出来事なんだが俺が小学生のとき臨死体験にあった。

    海水浴場で溺れて死にかけたことがきっかけだった。 

    家族で行った海水浴場で、俺がそこで泳いでいるときに突然足がつって溺れた。 

    「ヤバイ、ヤバイ!!」って思いながらも海水をどんどん飲み込んでそのまま意識が薄れていった。 

    【【不思議体験】臨死体験】の続きを読む

    KAI428027_TP_V

    JR北陸線虎姫-長浜間、長浜市内のJR北陸線虎姫-長浜間で新快速電車が非常ブレーキを かけて停車した。 

    運転士が「線路内に人影を認めた」ためだが、現場に人はいな かった。 

    電車にも線路にも異変は見つからず、関係者は「いったい何があったの か?」と首をひねっている。 

    【【不思議体験】線路内に人影!?新快速「ドン」異変なし】の続きを読む

    KAI428027_TP_V

    2歳ころの記憶。 

    そのころ家は貧乏だったそうで、古いアパートに住んでいた。 
    遠くには単線の駅があり、そこからカンカンと踏切の音が良くしていた。 

    ある日曜日の昼、いつものようにアパートの下で砂遊びをしていた。 

    同じアパートに住むお姉ちゃんと、自分の母とお姉ちゃんの母親が立ち話をしてた。 

    座り込んで遊んでいてふと顔をあげると、目の前に小学生くらいの男の子が二人いた。 

    【【不思議体験】引越し先でも現れるお兄ちゃん】の続きを読む

    PEZ85_magamagakumo15092554_TP_V

    夕方、山に登っていると、この時代に蓑を着て木の杖ついたおじさんというかお爺さんとすれ違ったの。 

    今の時代、蓑なんて着ないでしょ。しかも、半ズボンというよりもほぼパンツのようないでたちで、素足を出しまくり。

    そして草鞋を履いてた。 

    で、その爺さんとすれ違うときに、「こんにちは」と声掛けしたんだけど、こっち見てニヤニヤ笑ってるだけで歩き去って行った。
     
    まゆ毛が「ハの字」で垂れ目。ちょっと池沼ぽかった。 

    歩き方もヨタヨタしていて、とてもここまで登ってきたとは思えない・・・。 

    【【不思議体験】謎のじいさんとばあさん】の続きを読む

    tachiaraiDSC02706_TP_V

    小学3年生の時。ダチの家からの帰り道。 

    その道は、周りをたんぼや畑に囲まれた、長い一本道だった。 

    周りは誰もいない。俺はその道を、自転車を押して歩いていた。 

    道の内側に自転車。俺は思い切り端を歩いていたんだが、道の真ん中ら辺で、不意に左足を滑らせて自転車諸とも畑にダイブした。 

    畑と自転車に挟まれた挙げ句、左足を捻ったのか痛い。自転車を持ち上げることも出来ず、俺は不安から泣き出してしまった。 

    そしたら不意に、大丈夫?って声を掛けられた。見上げたら、カップルが俺を見下ろしてる。

    【【不思議体験】見えるきっかけになったカップル】の続きを読む

    007horror0523_TP_V

    最近どうも体調が悪く、大学の授業にも遅刻する事が増えた。 
    胸が圧迫されるような感覚があって、吐き気が出たり、集中できなかったりで、ついに胸に刺すような痛みが出た。 

    持病があるわけでもないしなんかただ風邪ひいたって感じでもなかったから、たまたま遠出して帰ってきた母親に聞いてみたんだ。 

    特別信じてるわけじゃないが、母はチャクラだのが見えるとかで、個人的にヒーリングみたいなことをしてる。 

    で、餅は餅屋かと思ってそれを頼んでみた。 

    母の話だと胸のあたりに一つチャクラがあるらしくて、そこのヒーリングを始めた。 

    【【不思議体験】母のヒーリング】の続きを読む

    SSK_minatabokkowosururetoribar_TP_V

    昔、実家で犬飼ってたんだけど猫大好きなやつでさ、 
    散歩の時とか向かいから犬来るとワンワン吠えるし飛びかかろうとするしで毎回大変だったのに 

    猫にだけは優しくて近所の野良猫もうちの犬見ると走ってきてすりすりしてんのw 

    んで、ここからが不思議な話。 


    【【不思議体験】犬の死を察知した猫】の続きを読む

    IMA20160724291614_TP_V

    学生の時某ファストフード店で働いていた。 
    冬のある日朝ピーク時間の前にフロアにトレーなどを下げに行ったら、窓際の席に女性のお客様がいた。 

    コーヒーとポテトを召し上がりながら、頬杖を着いて本を読んでいらした。 

    1時間くらいしてまたフロア清掃に行ったら同じ格好でいらっしゃる。 

    まあ別にファストフードなので何時間でもいらっしゃる方は居る。 
    1時間位してまたトレーを下げに行った時、まだその方は同じ格好でいらっしゃった。 

    その時手が滑ってトレーを落としてしまった。 
    バターンバタバタン・・・・・音が響き渡る。 
    フロアにいらっしゃったお客様が一斉にこっちを見る。 

    でも窓際の女性の方は、ぴくりとも動かない。 
    【【不思議体験】微動だにしない女性】の続きを読む

    ILL151201503784_TP_V

    これは俺が幼稚園の頃 もう30年以上前の話 

    当時の俺はよく怖い夢を見てた 

    迷路のような巨大な図書館で、大きな口のある毛むくじゃらの巨大な芋虫のような化け物に追われる夢 
    「熱出した時に必ず見る悪夢」なんてのはよく聞くけど、俺は恒常的に見てたんだ 

    その夢は、いつも同じ結末だった 
    ずっと化け物に追われるんだけど、図書館を逃げ回ってるうちに、本棚の影でうずくまって泣いてる女性を見つけるんだ 

    その女性は真っ白なドレスを着て、頭には透けた布を被っていた 
    夢を見ていた当時は気が付かなかったというか、そもそも知識になかったんだが、思い返せばあれはウェディングドレスだったな 

    彼女は花嫁だったんだ しばし見とれる 怪物はいつの間にか消えている 

    意を決してその花嫁に声をかけ、何故か大人になってる俺が彼女の手を取ると、彼女が笑って鐘が鳴るそこでいつも夢は終わる 

    見たことも無い女性なのに、何故かとても懐かしく、どこか悲しい想いがした
     
    今では細かく思い出せなくなってしまったが、彼女の笑顔はとても綺麗だったはずだ 

    そんな夢をほぼ毎日のように見てたんだが、ある日を境に見なくなった 

    いや、ある出来事を境に…と言ったほうがいいのかもしれない

    【【不思議体験】いきなり現れた見たことも無い女性】の続きを読む

    このページのトップヘ