心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    不思議体験

    AMEMAN17826009_TP_V

    10年ほど前だろうか。私がまだ高校生ぐらいだった頃の話。
    親に買ってもらったバウリンガルというおもちゃでよく遊んでいた。

    簡単に説明すると首輪につけた発信器から
    犬の鳴き声を解析して日本語に訳してくれるというもの。

    自分はダックスフンドを飼っていてそいつにつけてた。
    でも比較的おとなしい感じの犬で滅多に吠えない。
    多分こいつ泥棒きても吠えないんじゃないかっていうレベル。

    でも吠えてくれないと使えないから、あの手この手で鳴かせようとしたけど
    あんまり成功しなかった。
    【【不思議体験】バウリンガル】の続きを読む

    gunma-IMG_7950_TP_V

    日本がまだまだ貧しかった、昭和31年の話。 
    東京E区に住んでいたA子さんが近所の小川で、1枚のワイシャツを拾った。 
    ちょっとした汚れはあったけど、洗えば落ちそうだし、綺麗にして父親にあげようと 
    彼女はそれを持ち帰った。今なら考えられない事だけど、当時の庶民の生活水準から 
    すれば、わりと当然の感覚だったらしい。 

    【【不思議体験】近所の小川で1枚のワイシャツを拾った】の続きを読む

    ss76_bbwosousasurute14172508_TP_V

    3年前の秋にちょっとビビった実体験 

    当時広島に長期出張に行ってた俺は、休日には色々観光して回ってた。 
    特に宮島の自然と厳島神社に感動した俺は、是非思い出を記録に残したいと思ってデジカメを購入。 
    まあさほど高い物じゃなかったけど、カメラなんて携帯のぐらいしか
    使った事無い俺は凄いテンションあがった。 

    【【不思議体験】顔認証】の続きを読む

    cc0160132413_TP_V

    俺は芸術系の大学に通ってるんだが、夏の初めくらいの時期だったかな? 
    舞台学科の友人と夕飯に行く約束をしていたんだが、友人がまだ授業があるとかで俺は一人自分の学科棟で暇をつぶしてたんだ。 
    六時過ぎたころ、校内放送が流れた。 

    【【不思議体験】芸術系の大学に通ってるんだが校内放送が流れた】の続きを読む

    C785_gakkounowasikitoire_TP_V

    10年位前の話。

    私は経営コンサルの会社やっていて、全国あちこち出張で飛び回っていた。
    割と名前が売れていたので、講演会などにも講師として呼ばれる事が多かった。

    ある時、山梨県にある中堅どころの機械製造メーカーの講演会に呼ばれた。

    講演会は近場の会議室を借りて行われ、出番があるまで小さい会議室を控え室としてあてがわれた。

    待ち時間中トイレに行きたくなり席を立つと、案内係を務める若い社員がこちらですと誘導しはじめる。
    しかし部屋に入る時すぐ横にトイレがある事を見ていたので、案内など必要ないよと告げると、
    「隣のトイレは古いので、施設の人が下の階を使った方がいいと言っていました。」
    という。
    【【不思議体験】トイレの鏡】の続きを読む

    ELLsyuumeigiku150928507742_TP_V

    昨年の話。
    お婆ちゃんが亡くなった。しかも正月、元旦に。
    享年85歳。死因は心筋梗塞とのこと。年の割には背筋もぴんとして、ボケもなくて、とてもそんな年には見えない元気なおばあちゃんだった。

    住んでいたのが青森の田舎だったので、葬儀屋は近くに一軒しかなく、なおかつ営業開始日は4日。
    結局その日まで待つことになった。
    腐っちゃうんじゃないかと心配だったので、担当の人に聞いたら暖房とかつけなければ真冬だから大丈夫といわれた。じいちゃんは豪快に雪にでも埋めとくかなんて言ってたりした。

    それからいろいろあったが葬儀も無事に済み、松の内も開けた1月7~8日頃。
    不思議な事が起こった。

    【【不思議体験】お婆ちゃん宛の年賀状】の続きを読む

    OHhokkaido_IMG52941_TP_V

    私は所謂「見える人」だ。 
    といっても「見える」「会話する」ぐらいで他に特別な事が出来るわけではない。 
    例えば分かり易く事故現場にボケっと突っ立つ、どことなく色の薄い青年。私と目が合うと照れくさそうに目を逸らす。 
    20余年こんな自分と付き合っていて、生きている人間と同じくらいの「何か」に引き留められている色の薄い(元)人を見てきたが、彼らがこちらに害を加えようとした事はほとんど無い。 
    ある人は何かを考えこんでいるような。またある人は虚空を睨むように、その場に留まっている。自由自在に移動しているような奴は本当に極稀である。 
    正直、オカルト好きな私にとってこの体質は非常に有難い。ラッキーと思っているくらいだ。 
    これまで「オカルト好き」と「見える」のお陰で色んな体験をしてきたが、私は私の体質が生来のモノなのかどうか知らない。記憶に残る一番幼い頃の話をしようと思う。

    【【不思議体験】りゅうちゃん】の続きを読む

    paku_dasdfa_TP_V

    夜、会社帰りで自宅近くの信号が青になるのを待っていた時なんだけど、 
    信号待ちの先客に若い女の子が一人いた。 
    夜で暗かったので多少の色の違いはあるかもしれないけれど、 
    上は黒っぽい色の薄手のパーカー、下はカーキ色?の短パン(カボチャパンツみたいな形のやつ)、 
    さらに蛍光紫?のストッキングで靴が赤いハイヒールだった。 

    【【不思議体験】じろじろ見てんじゃねーよ】の続きを読む

    ZUN_hohoemuojizousan_TP_V

    近畿のあるお寺で開かれる骨董市で仏像と携帯用の小さな木箱に入ったお地蔵さんを買った。 
    今思えば何故そんなものを買おうと思ったのか分からないが、 
    もしかしたら当時の私は、新しい環境になって気が弱まっていたので、 
    何か心の支えになるものが欲しかったのかもしれない。 
    ともかくも少し骨董市でブラブラする。 


    【【不思議体験】骨董市で鬼神とお地蔵さんを購入した】の続きを読む

    N612_huruikosen_TP_V

    叔母が霊能力者みたいな新興宗教みたいなのにハマってた 
    その娘(俺からすればイトコ)はちょうどアジア系のファッションにハマってた。 
    イトコはネットショップで現地買い付けのちょっと汚い鈴とか古銭とかを買って自分でアクセサリー作ったりもしてたんだけど、 
    ある日叔母の宗教上の上司みたいなのが家に来て、その時たまたまイトコと鉢合わせてしまい 
    前々から宗教に入れたい叔母と喧嘩が絶えなかったイトコを説教。二人がかりでなんとか説得して入信させようとしてきた。

    【【不思議体験】自称霊能力団体VS外人の呪い】の続きを読む

    このページのトップヘ