心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    都市伝説

    ELFA_doorrere15180543_TP_V

    みんな郵便受けは毎日ちゃんとみてる?
    俺一人暮らしで、引きこもりに近い感じだったからほとんど郵便受け使ってなかったんだよね。
    請求書関係はすべて実家に届くようにしてたから、郵便受けに入ってくるのはピザ屋のチラシとかそんなものばっかり。
    ある時、コンビニ行って何気なく郵便受けのぞいてみた。
    そしたら入りっぱなしのチラシとかの上にはがきが一枚乗ってる。
    手に取ってみてみると、宛名はなにも書いてなくて、ただ一言
    「次の会合は○○で。夜八時から」
    わけわかんないから、また郵便受けに戻しておいた。

    【【都市伝説】郵便受けの確認は怠るな!】の続きを読む

    gunma-IMGL5975_TP_V

    2013年2月15日、ロシア・チェリャビンスク州に落下した隕石は、直径約17メートル、重さ約1万トンと推測されている。
    この隕石は地表面に対して20度未満の浅い角度で、秒速18キロ(時速6万4800キロ)という猛スピードで大気圏に突入、爆発、分解したとみられている。
    多くの負傷者をだした。

    では実際に隕石に当たって死亡する確率はどのくらいなのか。
    NASAが計算したところによると、その確率は
    2千億分の1。
    ちなみに年末ジャンボ宝くじに当たる確率の約2万倍といわれている。

    ちなみに今現在確認されている隕石による死者は、
    1954年アメリカで、4キロある隕石が家の屋根をぶち抜いて就寝中の女性を直撃した一例のみである。

    ZUN_hohoemuojizousan_TP_V

    学生時代の話、私が通う塾の帰り道にお地蔵さまがあった。
    受験が近かった私は、ふと思い立ち合格祈願をそのお地蔵さまにした。
    家に帰り母にその話をしたところ、怪訝そうな顔をして
    「地蔵に関わったらだめ。でも合格したらお礼だけは言うように。」と何度もしつこく言われた。

    理由を尋ねても教えてくれず、周りの友達に聞いてもわからない。
    その後、無事高校に合格できた私は、一度だけお礼を言いに行きそれ以後お地蔵さまには関わっていない。
    それから数年後、母の実家に行ったときふと、そのことを思い出しおばあちゃんに聞いてみた。

    【【都市伝説】お地蔵さまに関わってはいけない?】の続きを読む

    ISHISHI_haisen_TP_V

    戦艦大和に次いで有名な戦艦、武蔵をご存じだろうか。
    アメリカの公式記録によれば、武蔵はフィリピンのシブヤン海にて魚雷20本以上、
    命中弾17発以上、至近弾20発以上を受け沈没したとされている。しかしそれだけの攻撃を受け、
    沈没するのに4時間45分以上もかかった戦艦は他にはない。

    防御力が長けていただけではなく、気密性の高い作りで沈みにくかったとされている。

    武蔵の不思議なところはそれだけではない。

    【【都市伝説】戦艦大和に次いで有名な戦艦武蔵のその後】の続きを読む

    PAK_momo0I9A1755_TP_V

    日本でもっとも有名な昔話の一つ桃太郎。

    この話に後日談があるのをご存じだろうか?
    鬼ヶ島から帰ってきた桃太郎は毎日家でごろごろしていたらしい。
    逆に退治された鬼は心を入れ替え、村人に謝り、農作業を手伝うようになった。
    そんなことがしばらく続いたある日、
    あまりに働かない桃太郎に業を煮やしたおじいさんとおばあさんは桃太郎の殺害を決意。
    皆が寝静まった夜に、桃太郎を殺し、再び桃に詰めて川に流してしまったという話がある。
    他にも、鬼ヶ島から帰りその偉業に気をよくした桃太郎は、当時国を治めていた大名に謀反を計画。

    しかし、計画は直前に裏切った猿よりばれてしまい、処刑されてしまう。それ以来犬は猿が嫌いになり犬猿の仲という言葉が生まれたとか、よいまま終わらない話が日本全国で語り継がれている。
    皆に愛されるはずの桃太郎だが、盛者必衰の理を日本人は決して忘れないのだ

    paku_kasjdkfasdj_TP_V

    口裂け女は1970年代後半に急速に広まった都市伝説である。
    大きなマスクをし、「私キレイ?」と聞いてくる。
    キレイですよと答えると、「これでも?」とマスクを取る。
    その口は大きく耳まで裂けている、といったものだが、話に尾ひれがつき最後は凶悪な殺人鬼になってしまった。
    今のようにネットもない時代、なぜここまで急速に、そして全国的に広まってしまったのか。
    これにはある社会現象が関わっている。
    実はこの時代、学習塾が一気に増えている。

    【【都市伝説】急速に広まった都市伝説「口裂け女」】の続きを読む

    171116AMEMAN024_TP_V

    もずって言う鳥知ってる?
    捕まえたトカゲとか昆虫とかを木の枝に突き刺して保存食にする鳥なんだけど。
    はやにえっていう行動なんだって。でも所詮は鳥だから刺したこと忘れちゃうんだって。
    だから、刺さりっぱなしになっているのも田舎ではちらほら見かけたな。なんか懐かしい。

    そういえば子どもの頃、じいちゃん家の山によく遊びに行ったなあ。 
    トカゲやカエルやバッタなんかが枝に刺さっているのはもずの忘れ物だって、その時じいちゃんに教えてもらった。

    【【都市伝説】ヒサル?非猿?誰かしらない?】の続きを読む

    GINZAPAS00637_TP_V

    最近の車には、前に車が接近しすぎると
    自動的にブレーキをかけてくれるものがある。
    CMでみたことがある人も多いだろう。

    あのシステムは車両の上部についている2つカメラが前方の車を認識し
    自動でブレーキをかけるようになっている。

    今販売されているものは車しか認識しない。
    これは車しか認識できないのではなく、車のみに反応する様に設定しているだけなのだ。

    【【都市伝説】自動ブレーキシステム】の続きを読む

    003SAYAKA1205_TP_V

    耳抜き、という言葉をご存知だろうか。

    水中に潜る際、鼓膜に圧をかけて破れるのを防ぐ方法だ。
    ダイビングの基本として習う技術である。

    もし耳抜きをせず、深く潜ると鼓膜が破れてしまう。
    水中で鼓膜が破れた人間は一瞬で上下の感覚を失ってしまい、
    自分が潜っているのか、浮き上がっているのかの感覚もつかめなくなってしまうそうだ。

    なので、鼓膜が破れた人は、激しい痛みと、上下の感覚が無くなったことにパニックになってしまい
    水面にあがろうと必死にもがく。
    しかし、上下の感覚がないためさらに深く、深くに潜っていってしまうことがあるそうだ。

    その様子はまるで何者かによって水中へ深く引きずり込まれていく様に見えるらしい。

    PAK86_waretakadanbukimi20140102_TP_V

    今でもちょっと信じられない話なんだけど、もう5年くらい前、熱海へ遊びに行った時の話。
    夜、ちょっと主要道路から外れた所を車でブラブラと流してた。
    そしたら道沿いに裸の女が座ってるのが見えた。
    見間違いかと思って停めろ停めろ!って車停めて見てたら、高校生くらいの女の子がつぶれたドライブイン横の空き地で
    こっちに尻向ける格好でしゃがんでんの。

    【【都市伝説】オオカミ少女か?】の続きを読む

    このページのトップヘ