心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    都市伝説

    YUSEI_9V9A5412_TP_V

    別に怖い話ではないんですが、私が就職活動の時(4年前)にあった話。 

    某有名ブランドメーカーの就職面接に行った子いました。
    面接官が
    「あなたはどんな事が起きても冷静に仕事をこなせますか?」 
    と、聞いてきたそうです。
    その子が 
    「はい、臨機応変に対処する事ができます。」 
    とか何とか言った途端、
    面接官が一言、「これでも・・?」といって、 
    目の前でその子の履歴書をビリビリに破いた。 

    その子は案の定動揺してしまい面接で落ちた・・・というもの。 
    そのブランドメーカーはそれでどれだけ根性の座っているか見るらしいです。 

    これから面接を受ける学生さん、頑張ってくださいね。

    erry15051929_TP_V

    これはある検索大手の質問箱に寄せられた質問です。

    ちょっと質問させてくれ。
    M県にある有名な観光名所の滝であったことなんだけど。

    近くには吊り橋とか神社とかあってなかなかの観光スポットなんだ。
    でも最近自殺者が増えて、一部の遊歩道が立ち入り禁止になってしまった。

    でもそういうのが逆に受けて、俺たちの中で格好の肝試しスポットになっていて。

    んでこの前友達の男と二人で、なんとなくそこに行ってみようぜってことになった。
    そのときは肝試しとかじゃなく、本当にただの暇つぶし。

    現地についてぶらぶらしてたら、観光にきていた女の子二人組に道を尋ねられた。
    案内しますよって、観光ガイドのまねごとみたいなまねをやってたらめっちゃ意気投合。
    地元のおいしい晩飯をごちそうするのを条件にこのあとも一緒に観光地を周ることになった。

    もうおもいがけないナンパに成功した俺らはうかれちゃって
    「お前、A美ちゃんとB子ちゃんどっちにする?」なんてひそひそ話とかしてた。

    【【都市伝説】検索大手の質問箱】の続きを読む

    MIYAZAKIDSC_2423_TP_V

    この前家族で、久しぶりに昔撮ったホームビデオでも見ようかということになった。 
    私がまだ5歳ぐらいのころのビデオを見ることになった。 
    ビデオの内容は叔母夫婦とその子ども3人が遊びに来た時に一緒に海へ行った時のものだ。
    とても楽しかったのでいまだに記憶にも残っている出来事だった。 

    みんなで仲良く砂の城を作ったり、妹が転んで泣いたりしている様子を
    「なつかしいねぇ」なんていいながら家族四人で見ていた。 
    しかし、しばらくすると父が黙って映像を巻き戻す。みんなが映っているところで一時停止をかけた。
    その部分は激しく手ぶれして映像や音が乱れている。まあ昔のビデオテープなのでそういうこともあるだろう。
    父はみんなが映る静止したその場面を見ながら首を傾げる。
    どうしたの?と聞くと、不思議そうな顔で言った。 
    「これ・・・誰が撮っているんだ?」 

    PAK86_taxinaka15075427_TP_V

    オービスとは自動速度違反取り締まり装置の総称。
    スピード違反をした車のナンバープレートや車両・運転者を自動で撮影し、後日検挙するための装置だ。

    N県警のとあるオービスには、頻繁に奇怪なものが写り込む事があるそうだ。 
    霧のような黒い影や、謎の光源、中にはぼんやりと人間らしき白い顔まで写るらしい。 

    その為に無用な噂や職務に支障が出ないように、問題部分を目隠しシールで貼り 
    違反者にはその写真を見せる事にしている。 

    【【都市伝説】N県警のとあるオービス】の続きを読む

    sora0I9A4468_TP_V

    飛行機に乗っていて、一番事故に遭遇しやすい時間というものがある。
    それは、離陸時の6分間と着陸時の5分間。
    関係者はそれを「魔の11分間」と呼ぶ。

    離陸、着陸時には必ずシートベルトを締めて、リクライニングを戻し、テーブルも元に戻さなくてはならない。
    これも魔の11分間に対する対策といえよう。

    さらに夜間飛行をするときだけ行われる対策がある。
    おわかりだろうか?

    飛行機に乗ったことがある人ならわかると思うが、夜間飛行の離陸・着陸の際は必ず室内の照明が落とされる。
    これは墜落した際、速やかに避難できるように暗闇に目を慣れさせるためである。

    一般的に言って飛行機事故に遭遇する確率は交通事故に遭う確率よりも低いとされている。
    滅多に起きない事故ではあるが、飛行機に乗る際は死が真横に乗り合わせていることも忘れてはいけない事実である。

    YMD75_okinawamachinami_TP_V

    ラブホテルを使ったことがある人はわかるだろうが、部屋の広さ、設備の割にはとてもリーズナブルである。

    そんな理由からか、カップルが安旅行をする際の宿泊先としても人気がある。
    最近では友達同士、果ては家族連れの利用者もいるとのこと。

    しかし、ほとんどのラブホテルは一人で泊まろうとすると拒否されてしまうことが多い。
    理由としてあげられるのは、一人の客のほとんどが宿泊目的できているため、少しでも回転させて売上げを上げたいホテルにとって迷惑な存在だからというものや、盗撮・盗聴目的の輩がいるためというもの。

    しかしこれは表向きの理由だ。
    【【都市伝説】ラブホテルにまつわる話】の続きを読む

    PEZ_2076_TP_V

    日本のどこかに、呼び辻っていう十字路があるらしい。 
    目印は真っ赤なポスト。 
    んで、そこを通りかかると後ろから呼ぶ声がする。 
    誰だろうって振り返ると何もない。声をあげてみても返事がない。 
    よくみてみるとなんかおかしい事に気づく。 
    後ろを振り返ったはずなのに、自分のちょっと前に十字路がある。 
    慌てて、又振り向くと(向き直ると)同じように十字路がある。 
    どちらにも真っ赤なポスト。怖くなる。 
    自分がどっちから来たのかもわからなくなってしまう。 
    でも、ここでパニックや、やけを起こしてはいけない。 
    もしも間違った方の道を選んでしまったら、 
    そこで一生さまよいつづけなければならないから。 

    PAK_0I9A4487_TP_V

    フィリピンのある海域で発生する不思議な現象の話。
    その海域は第二次世界大戦中の海戦で多くの戦死者・溺死者が出た地域である。

    現地の漁師の話によると、まだ夜が明けきらない時間帯にその海域で漁をしていると、
    海中からたくさんの手が出てきて船べりに掴まってくるらしい。
    【【都市伝説】フィリピンのある海域での現象】の続きを読む

    PAK77_konbininobinirugasa_TP_V

    とある新規オープンのコンビニであった話。

    オープンから二週間経ち、客足もだいぶ落ち着いてきた深夜。
    午前3時頃だったろうか、その日は店長とバイト二人だったが、お客もいないためバイト二人に休憩をするように言った。
    二人は近くのファミレスにご飯を食べに行き、店長はバックルームで一人でいたそうだ。

    ふと、監視カメラを見ると5〜6歳位の男の子が映っている。
    こんな時間に…と思い、店内の他の映像を見たが他に人はいない。
    【【都市伝説】新規オープンのコンビニでの話】の続きを読む

    iphoenx-21_TP_V

    帰宅中、俺は急に腹が痛くなり、途中の駅で降りて、トイレに駆け込んだ。

    運良く開いていた個室に飛び込むと、大いにその開放感に浸った。
    ほんとにぎりぎり危ないところだった。

    第二波が来るまでの間、手持ち無沙汰にトイレの壁一面に書かれている落書きをながめていた。
    下品なものから、手の込んだ力作まで多種多様。
    その時、その中に少し気になる落書きを見つけた。
    それはトイレのドアの隅の方、電話番号だった。 

    【【都市伝説】かけるの禁止】の続きを読む

    このページのトップヘ