心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    都市伝説

    UESIMGP2852_TP_V

    日本テレビ放送網では、毎週金曜日に金曜ロードSHOW!(金曜ロードショー)という枠を設けており、この枠において、日テレおよび読売テレビや中京テレビなどの日テレ系各局では、スタジオジブリが制作したアニメ映画を放送することがある。

    一方、金融市場に目を向けると、2010年1月から2013年7月までに、ジブリ作品は24回放映されているが、そのうち2/3近い回数で放映日翌日以降の最初の取引日には東京市場の為替相場で円高が起こり、約半数の場合で株価が下落しているほか、各種統計調査の結果の内容も芳しくないものが、かなりの割合で出されることが多いとされている。

    【【都市伝説】ジブリの呪い】の続きを読む

    N112_musyamusyaushisan_TP_V

    件(くだん)は、19世紀前半ごろから日本各地で知られる妖怪。

    「件」(=人+牛)の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。

    その姿は、古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。

    【【都市伝説】件(くだん)】の続きを読む

    bitcoinIMGL1749_TP_V

    キメラ・ハウスは、主にアメリカ合衆国で語られる。

    共通する形式としては、深夜、3階建てから5階建て程度の巨大なビル内で、(遊園地にあるような)乗り物に乗って様々な恐怖をくぐりぬけるというアトラクション(いわゆる「ライド」)が開催されている。

    参加者はいくらかの金銭(おおむね20ドルから100ドルの間が多いという)を支払うが、フロアを制覇する毎に参加者は対価を得ることが出来ると説明される。

    【【都市伝説】キメラ・ハウス】の続きを読む

    KAI428020_TP_V

    犬鳴峠という名前は側に位置する犬鳴山から来ている。

    由来は諸説あり、文献『犬鳴山古実』には「この山を犬啼と呼ぶのは谷の入口には久原へ越える道筋に滝があり、昔 狼が滝に行き着いたが、上に登れないことを悲しんで鳴いていた」と記されている。

    他にもこの犬鳴山はとても深いため、犬でも超えることが難しく泣き叫んだため犬鳴山と命名された説がある。

    他にも、律令時代に稲置(いなぎ)の境界線に位置していたことから、次第に「いんなき」と変化していった説がある。筑前方言で犬は「イン」と呼ぶため、犬鳴峠は「インナキとうげ」とも呼ばれる。

    【【都市伝説】犬鳴村】の続きを読む

    KOGAPAS00292_TP_V

    自動車で道を行く運転手が、途中でヒッチハイク客を乗せる。

    その乗客が目的地だという家に辿り着くと、乗客はいつの間にか車内から消えている。不思議に思った運転手がその家を訪ねると、ヒッチハイク客は確かにその家の住人だが、数年前に亡くなっていた。

    自動車に纏わる怪談では古典的なものであり、1930年代から口承で多く語りつがれている。

    話によっては舞台となる地域、ヒッチハイクをする理由、その行き先など、様々なバリエーションがある。

    ヒッチハイクをした日はちょうどその死者の誕生日だった、運転手(男性)はプロムに向かう途中で女性のヒッチハイク客を車に乗せ、一緒にダンスを楽しんだ、などの付加要素がつくこともある。

    【【都市伝説】消えるヒッチハイカー】の続きを読む

    このページのトップヘ