心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    切ない体験

    NKD2017_DSC5445_TP_V

    俺の田舎では、家の仏壇や神棚を粗末に扱う人に対して、『不動さんのリスを見習え』と言う決まり文句がある。この決まり文句の由来はそう古くなく、昭和30年頃だと言う。 
    山の麓には川が流れて橋が架かっており、橋を渡って山に向かうと、大きな岩壁が見えて来る。 
    その岩壁には自然に出来た穴があり、穴の中には『不動さん』と呼ばれる石像が祀ってある。 

    【【切ない体験】不動さんのリスを見習え】の続きを読む

    esacat0I9A4415_TP_V

    僕の父親は、米国と日本人のハーフ(祖父が日本人で祖母が米国人)なんだ。昔の話になるけど父親が小学校の時に母親(僕からするとお婆ちゃん)が事故で死んだ。
    父親は一人っ子だから家族三人で東京に住んでいた。
    仕事の都合もあり父親とお爺ちゃんで、関西圏へ引っ越しした。
    お爺ちゃんは体が弱く、お婆ちゃんの稼ぎもなくなったから、生活は貧困を極めた。 

    また、差別もなく、東京で友達と元気いっぱい遊んでいた父は、
    その白人ゆえの独特な風貌が田舎では相当目を引くらしく、
    引っ越し先では全然受け入れられなかった。 

    【【切ない体験】鈴】の続きを読む

    PPH_touroutokouyounomomiji_TP_V

    母と二時間ドラマを見ていて 

    「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が 

    「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一人も○○ちゃんやったわあ」 

    「お手伝いさんなんていたの!?」 

    つい今の時代と照らし合わせて驚いてしまったけど、 

    大金持ちというわけでは無いけど、戦前から田舎町の名士という感じの祖父母の家は大きく、お手伝いさんがいても不思議ではないことなのかもしれません 

    【【切ない体験】帰って来たお手伝いさん】の続きを読む

    IUK_ookinajyumokutosarari-man_TP_V

    オヤジが小さい頃の遊びといったらメンコが大ブームで、オヤジも色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか 

    あるとき、同じ町内のA君に惨敗し、彼に頼み込んで特訓を受けた
     
    勉強そっちのけで血の滲むような練習を重ねたところ、かなりの上達を遂げ気がつくとオヤジは近所でも名うてのメンコ名人になった 
    師匠であるA君までもがライバルと認め、二人の直接対決は町内の子供たちがみな観戦に集まる名物となっていた 

    星取は一進一退でなかなか決着はつかなかったとか 

    しかし、A君は父親の仕事の都合で東京に引っ越してしまった 

    【【切ない体験】A君とめんこ】の続きを読む

    ZUDSC_5745_TP_V

    今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。 

    戦中予科上がりだけど、特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。 

    こっちから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。 
    その中で印象に残ったいる話を一つ。 

    【【切ない体験】零戦乗りの祖父】の続きを読む

    PAK73_kumasannonuigurumi20140531_TP_V

    2年前、彼と死別しました。 

    彼が亡くなる3ヶ月ほど前、デートでの出来事です。 
    彼は私の膝枕が大好きで、公園のベンチで膝枕をしていたときのこと。 

    私が「なんか○○ってクマさんみたいだね」って言うと 

    彼は「そうかな? 生まれ変わったら優しいクマになってお前を癒してやるよ」って優しい笑みを浮かべて言いました。 

    彼はその後、病でこの世を去りました。 

    【【切ない体験】クマに生まれ変わったの?】の続きを読む

    PAS00240_TP_V

    高校一年の時、林間学校へ行くときの事です。 

    友達とバスの中でマンガとかのくだらない話をしている時でした。
     
    楽しく話をしていたのに、何故か不意に涙がポロポロっとこぼれました。 

    友達「お前 何泣いてんだよwww」 

    「いやぁ、なんでかわかんないけど、涙でたw」 

    【【切ない体験】じいちゃんの「すまんねぇ」】の続きを読む

    USAGI0I9A6068_TP_V

    あたしは色々あって、学校に行ってなかった。 

    今では馬鹿じゃねーの、とかその時の自分のことを思う。 

    毎日泣いて、死ぬことばっか考えてた。誰も信じられなかった。すんげー厨二病だったんだよな。 

    家族と会話しなかった。友人とも話さなかった。そんなあたしを見かねて親が一匹の兎を飼ってくれた。 

    最初は「どうせ死んじゃうんだからまた一人になる」とか考えて拒否ってた。 

    【【切ない体験】登校拒否元の私が飼ってもらった兎】の続きを読む

    CCC9V9A9900_TP_V

    夢なのか心霊体験なのか。 

    オレは夜の22時に残業が終わって帰宅した。 

    その日は疲労のせいか何処か意識が散漫で夢うつつだった。 

    玄関のドアを開けて真っ直ぐキッチンに向かう。 

    するとそこには、カチャカチャ洗い物をしている母親と、 
    母親の横の椅子に座りながら、酒を飲んで上機嫌にしている父親が居た。 

    【【切ない体験】父親と母親】の続きを読む

    HOSSYSDIM3444_TP_V

    2、3年くらい前で私が中学1年の時の話です。 

    夕飯を食べ終わって食器をキッチンに片付けたその直後急に立ちくらみみたいになって目の前がガサガサしてきたと思ったら、
    今まで聞いたことないような超音波みたいな叫び声が聞こえ始めた。

    そして身体にすごい衝撃をくらったと思ったら、ボサボサの髪を持って白い服をきて目の中が真っ赤な女の人が目の前に映った。 

    妹やお母さんは3秒くらい倒れてたらしいけど、自分としては30分は倒れてたような気がする。 

    因みに私が立ちくらみして倒れるときは記憶がないことがほとんど。

    【【恐怖体験】【切ない体験】2つの心霊体験】の続きを読む

    このページのトップヘ