心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    切ない体験

    HOSSYSDIM3444_TP_V

    2、3年くらい前で私が中学1年の時の話です。 

    夕飯を食べ終わって食器をキッチンに片付けたその直後急に立ちくらみみたいになって目の前がガサガサしてきたと思ったら、
    今まで聞いたことないような超音波みたいな叫び声が聞こえ始めた。

    そして身体にすごい衝撃をくらったと思ったら、ボサボサの髪を持って白い服をきて目の中が真っ赤な女の人が目の前に映った。 

    妹やお母さんは3秒くらい倒れてたらしいけど、自分としては30分は倒れてたような気がする。 

    因みに私が立ちくらみして倒れるときは記憶がないことがほとんど。

    【【恐怖体験】【切ない体験】2つの心霊体験】の続きを読む

    TSU92_syukuhuku_TP_V

    学生時代、彼氏を事故で亡くした。 


    引きずりまくって、もう新しい彼氏も結婚もいらない、とすさみ 
    誘いも蹴り告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど 

    ある日いきなりご縁が降ってわいた。 

    今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になって 
    (これがそもそも不思議、色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに) 

    付き合い始めてみるとあれよあれよと結婚まで進んでいった。 

    【【切ない体験】事故で亡くなった彼氏】の続きを読む

    pp_kaikyu_TP_V

    俺の大叔父、祖父の弟の話なんだが興味深かったから話したい。80年~90年ぐらい昔の話かな? 

    祖父の家は農家で大叔父は五男で末弟だった。
    聞く話によると農家の五男あたりは穀潰しでろくな扱いを受けていなかったと言ってた。 

    ただ大叔父は他の兄弟と比べて格段に頭が良く、当時の小学校の先生からも褒められて「憲兵学校」?みたいな所に受験したらしい。 
    家族は受かるはずも無いと思っていたらしいが、なんと合格。憲兵となった。 

    【【切ない体験】憲兵の大叔父の体験】の続きを読む

    N912_raracyan_TP_V

    昔話だけど。 
    実家の猫はあかさんの時、目も潰れて放置されて空き地で泣きわめいてたのを保護したんだ。 

    正直、化け猫みたいで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 

    目は病院で治療してもらって開いたけど、命の保証は出来ませんって言われた。 

    だけどちゃんと育ってくれてね。 

    本当に毛並みも美しくビックリする程の美猫になったんよ。 
    ただ、あの空き地で声の限り鳴き続けたせいか声帯が潰れたらしく、鳴かない猫だった。

    【【切ない体験】うちの猫は恩人だ】の続きを読む

    PAK_0I9A4487_TP_V

    30年ほど前の話だが、勤めてた軍港の外れに普段は使われていないエリアがあったんだ。 
     
    無人エリアで艀にも船影は無い、寂れて人が居ない港を想像したらいいよ。 
     
    その日は小雨が降る夏の終わりで、部下と4人で書類や機材をビルの2階へ運んでいた。 

    【【切ない体験】軍港での少し悲しい体験】の続きを読む

    27NJ_shibuyashingoumachinokousaten_TP_V

    中学生の頃、伯父さんの家に日帰りで遊びに行く約束をしてたんだ。 

    自宅の滋賀県から伯父の家の京都まで。 

    歩き、バスに乗り、電車に乗り、再びバスに乗り、歩く。

    滋賀の方のバスは1時間3本、電車は10分おきくらい。
     
    京都のバスも場所が場所なだけに少なくて1時間3本だった。 

    移動時間と待ち時間を考えると、だいたい2時間30分くらいの距離だったと思う。 

    そんで、約束の日 
     
    【【切ない体験】見つけて欲しかったのかな】の続きを読む

    PAK160219200I9A0061_TP_V

    昔からバスをよく使うんだけど。 

    去年の夏夕方バスに乗ったら、自分が通っていた小学校の制服を着た10歳くらいの女の子がいた。 

    あー懐かしいな。この路線自分も昔から使っていたしな。とおもって後ろに座ってちらちら眺めていた。
     
    もう20年以上前か~なんて見ていると、ふと気がついた。 

    今はその小学校のカバンはモデルチェンジしたと聞いた。 

    でも彼女が持っているカバンは私が持っていた時代のもの。
     
    小学校のころ私はいじめられていて、カバンを焦がされたことがあったんだけど、 

    彼女も同じような汚れのあるカバンを持っていた。 
     
    【【切ない体験】ドッペルゲンガーなら伝えてあげたい】の続きを読む

    PAK86_taxinaka15075427_TP_V

    私の知り合いのおじさんが肝臓がんになったと言うことを聞いて 

    家族みんなで「会いに行かないといけないね」

    と言う話にそのおじさんは2泊3日の旅行に行った際に県を跨ってあちこち案内をしてくれた人だった。

    しかも食事代・高速料金を全て払い、 

    「いいよ、いいよ旅行者は楽しみなさい」 

    と笑う笑顔の素敵な70歳の現役タクシードライバーだった。 

    (運転中は急ブレーキは多くわりと怖わめな運転でしたw)

    それで飛行機の予約も入れて、 

    家族全員の合う時間に予定を立てることにした。 

    その飛行機に乗る数週間前、そのおじさんから電話がかかってきた。
     
    【【切ない体験】親切だったおじさんの願い】の続きを読む

    このページのトップヘ