東北

【東北の怖い話】ハチロー(秋田県八郎湖)へバス釣りに行った 後編

435 : ハチロー[sage] 投稿日:2012/02/03(金) 04:39:19.07 ID:j38Oqh2F0 [3/5回(PC)]
行きに通った航路にボートを戻して、全開で走りました。 
男がいた場所を通りすぎる時、ダチはじっとその辺りを見ていましたが、俺は、怖くて見れませんでしたよ。とにかく、全開で走り続けました。 
ボートを下ろした場所と自分の車が見えてきて、助かったと思いました。 
「なぁ、アレ、やばいヤツだよなー? まさか、ホントに人だったなんてことは無いよな。」 
「当たり前だろ、ペラが底につく浅さだぜ、人間じゃねぇよ。」 
「おー、でも、初めて見たぜ、ホンモン。」 
そんな軽口を、少しは叩けるくらいにまで、落ち着いてきました。 

少し冷静になって、気がつきました。朝より、少し減水してるようです。 
「ちょっと減水してっから、ボート上げるのキツイぞ。」 
「とっとと上げて、帰ろうぜ。」 
その日、トレーラーを使えそうな所が無くて、比較的段差の無い所から、ズリ降ろしたんですよ。 
ボートを岸に近づけて、急いで、装備を車に投げ込みました。 
その間、川の方は、なるべく見ないようにしてました。特に、男がいた辺りは、絶対に。 

軽くなったボートの先を岸に引っ張り上げて流されないようにして、さあ、後はタックルを積むだけ。 
ガシャ、ガシャ・・・ 
「あっ、チッキショー! ボックス(釣り道具箱)、ぶちまけたー!あれっ?・・・」 
「ナニ、やってんだよ、早く拾えよ!」 
「割れてる、こんなにでっかく・・・」 
「えっ・・・」 
ダチのプラノ(釣り道具箱)を見ました。  
取手と留具の部分に、何ヶ所もひびが入っていました。 
「・・・なんだ、こりゃ・・・」 
多分、俺もダチも同じことを考えていたと思います。 
でも、お互い口に出しませんでしたよ。 
何かが、始まったり、来たりするような気がして。

 
続きを読む

【東北の怖い話】ハチロー(秋田県八郎湖)へバス釣りに行った 前編

433 : ハチロー[sage] 投稿日:2012/02/03(金) 04:35:05.78 ID:j38Oqh2F0 [1/5回(PC)]

去年の8月、ダチと2人でトレーラーでアルミボート引いて、ハチロー(秋田県八郎湖)へバス釣りに行ったんですよ。4日間の予定で。 
ところが、到着前日から、凄い雨で流入河川とか濁流なんですわ。 
初日、西部やったんですけど、いまいちで、2日目から中央カンセンロとかいう、ドブみたいな所でやったんですよ。 
小雨の肌寒い中、一日中やって、そこそこ釣れました。 
夕方帰ろうとした時、川の真ん中に人が立っているのが見えたんですよ。200mくらい先に、ぼんやりと。 
夕方、結構肌寒いし、釣りとか網とかやっている風でもなく、棒みたいに突っ立っているんですよね。 
ダチと、なんか気味悪りぃなーとか言いながら、なるべく避けて、端を通るようにボートを走らせていたんですよ。 
「やべぇぞ!」 
前に座っていたダチが言いながら、止めろと、手で合図をしてくるんですよ。 
何だ?と思って見ると、さっきの突っ立っているヤツが、その時点で、グレーっぽい作業服を着ている男のように見えました、そいつが、まっすぐお風呂に入るみたいに沈んでいくんですよ。 
自殺なのか? それとも何かしていて、倒れたのか? 
助けなきゃ! 面倒な事になった・・・ 
いろいろな考えが、頭の中をグルグルと回りました。 

全開で近づいていく中、その男は、もう胸くらいまで水に浸かっていました。 
50mくらいまで近づき、こちらに背を向けた男らしい事が分かりました。 
やばい、急げ! 
「おいっ、アンタ! シッカリしろ!」 
ダチが叫んでいました。 
沈んでいく男は無反応でした。

 
続きを読む

【東北の怖い話】そうぶんぜ 後編

229 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/30(月) 01:05:59.38 ID:8x3Fma9k0 [5/9回(PC)]
こんな感じだった。後で知ったんだけど、俺が軽く調べた限り、ネットで目にするどの話とも微妙にパターンが違ってた。 
で、ガチビビリした俺らは言うとおりにやったんだけど、 
Aはさっきも言ったようにハンデ持ちだったので、話をよく分かっていないのか、怖くてテンパってたのか 
目を瞑りながら喋ってしまった。 
そのとき喋ってた言葉が聞いたこともない言葉というか、少なくとも日本語には聞こえない言葉だった。 

俺ら「おい、これやべーんでね?喋ってらって!」 

B「あっはっは、おめだぢマジうげるー!『そうぶんぜ』って逆がら読んでみれでば!」 

俺ら「あ?『ぜ・・・んぶ・・・う・・・そ』んなー!頭さ来るなー、嘘がー。マジビビッたでばー!」 

一件落着、と思いきやAがさっきと同じ状態のまま。 

俺ら「おい、A!いい加減やめれでば!全部嘘だどや!」 

A「くぁwせdrftgyふじこlp;」←聞き取れなかったから適当に入れた。 

俺ら「おい、やめれっつってらべが!おいっ!」 


続きを読む

【東北の怖い話】そうぶんぜ 前編

225 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/30(月) 01:04:00.00 ID:8x3Fma9k0 [1/9回(PC)]
小学校んときの話。 
会話文は雰囲気出すために方言で行くわ。 


俺は地元が東北なんだけど、俺の小学校は俺が在学中ミニバスが結構強くて、 
土日も長期休みも練習&練習試合&合宿ばっかだったのね。 
ある夏休みの日、近隣の学校と合同合宿があって、隣町のセミナーハウスに泊まることになった。

 
続きを読む

アカエ様

206 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/26(木) 23:48:41.65 ID:WgFZzPTu0 [4/7回(PC)]
じゃあ。ガチ実話投下。 

俺が小学校低学年の頃の話、つってももう30年以上前になるけどな。 
東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。 
海辺の生き物を探して無意味にいじくってみたり、釣り人に餌を売りつけて小遣いもらったりとまあ、無邪気に遊ぶ毎日だったよ。 
しかし、かくれんぼだけは海の近くでやってはいけないと周りの大人にきつく言われていた。 
まあ、海は危険が危ない場所が一杯あるからな、変な所に隠れられて大怪我や命を落とす事故を心配してのものだろうと子供ながらに理解していた。 
しかし、理解しているとか何とかいったってそこはしょせん子供、周りに誰もいなけりゃやっちゃうもんなんだよね。 
俺と、近所のくそがき、A太B朗C子の四人でかくれんぼをしたことがある。 

当時のガキにしちゃあ丸々と太っていた実質ガキ大将のC子がどうしてもかくれんぼしたいって聞かなかったんで、俺ら男はなんか臆病者扱いされるのも 
嫌だったんで付き合うことしたんだわ。 
しぶしぶ始めたとはいえ海の近くで変なくぼみとか一杯あって、めちゃくちゃ楽しかった、てのを今でも覚えてる、危険な場所ってのは基本的に楽しいものだよね。 
かくれんはじめて1時間くらいたったころ、A太が鬼だったんだけどC子がどうしても見つからない。 
仕方なくかくれんぼを中断して三人でC子を探すことにしたが、なかなか見つからないから、3人で手分けして探すことにした。 
それでも見つからないからもうあきらめて帰ろうと思ったとき、さっき調べても見つからなかった岩場のくぼみににC子を見つけた。 
ただC子一人じゃなくてなんかやたらと立派な和服をきた爺さんが一緒だった。 
ガキだった俺は、家の人間が迎えに来たから勝手にかくれんぼ中断しやがったなと一瞬思ったが、どうも様子がおかしい。 
普段は大人相手だろうが子供相手だろうがのべつまくなしに騒ぎまくるC子がやけにおとなしい、和服の爺さんが何か話てるのにも反応せずに一点を見つめて動かない。 
これはやべーんじゃねーのと思った俺は、幸い二人ともこっちに気づいてないようだったので気づかれないように様子をうかがうことにした。 


続きを読む

アレ、撃っていいのか?

857 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/21(土) 12:49:29.99 ID:wUiLOFU9O [1/1回(携帯)]

スレチっぽいけどバイクツーでの話。オカルト(?)繋がりって事で。 

くねくねって知ってる? 
アレっぽいのを東北の山奥で見た事がある。 
ただ、俺の見たあれが本当にオカ板にあるくねくねかはわからん。 

盆休みに北東北ツーリングしていて、山奥にあるちょっとした集落を通った時、 
なぜか無人の押しボタン式信号で止められてしまった。 
ずっと走りっぱなしだったので一息付きつつ青々とした田んぼとか眺めてると、 
全身白な人(白の全身タイツに顔も白く塗ったようなやつ)が変なポーズで田んぼに立ってる。 
かかしか?と思った瞬間くねくね踊り始めた。 
俺はその瞬間鳥肌全開。オカ板で見たくねくねそのままだったから。 
俺が固まってると、俺の視界の外れで動きがあった。 
くねくねから目をそらすのは怖かったけど、そっちの方を見たら猟銃持ったおっさんがくねくねを狙ってる。 
そして、パーン!って撃つと同時にくねくね猛ダッシュで逃走。 
俺も怖くなって猛ダッシュ。 

アレ、撃っていいのか?


続きを読む

東海地方の遊園地

441 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/29(金) 18:05:42.35 ID:bR6OfFf50 [1/2回(PC)]
昔バイトしてた遊園地のアトラクションで、歩いて廻るタイプのお化け屋敷があった。 

入口と出口が並んでて、1周50mもないような小さいやつ。まあ中身もしょぼかった。 
もぎり担当は平日は基本1人で、空いてるときとか清掃・整備でぐるっと廻るのね。 

なかに、歩いて進むとセンサーで前方に順に灯りがともっていくところがあったんだけど、 
清掃・整備で逆方向から廻った時に、逆行してるのに俺の前方に順に灯りがともっていったときがあった。 
すぐには気付かなかったんだけどね。何回か通りなおしたんだけど1回きりだったなー 
あれはなんか不思議だった。特に怖くはなかったが。 

入口脇の倉庫からマジックミラー越しに人が入るのを見たけど出てこない、中に誰もいないとかあったなぁ。 

いまはもうそのお化け屋敷ないけど。東海地方の遊園地。


続きを読む

山が背比べ

645 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/08(金) 08:16:42.87 ID:GoXdZLwT0 [1/3回(PC)]
地元の昔話でこんな話があったから投下してみる。 

昔、A山とBヶ岳の神様が背比べをしていた。 
しかし、いくらやってもA山はBヶ岳に勝てない。そこでA山の神様は自分の頭に石を置いて背を高くした。 
しかし、一人?でやっても微々たるもので、今も勝てないでいるらしい。 
それでもA山の神様はいつか勝てると信じて石を置き続けているとかw 

ちなみにA山の神様は登山者にもお願いしているらしく、登山者が山頂に石を置いてくれると、喜んで願いを叶えてくれるらしい。 

確かこんな話だった。 
携帯から書いたので変な改行になってるね。ごめん。


続きを読む

青森の小湊に津波が来襲した

601 : 1/2[sage] 投稿日:2011/03/23(水) 17:37:40.99 ID:jUhQ/tvQ0 [2/3回(PC)]
津波にまつわる、なんだかよくわからない昔話。 
この話は私が郷土の史書や怪談集から同様の話を数多く発見したので一部では有名な話なのかも。 
また、無論のこと史実ではなかろうが、何かちょっと心惹かれるものを感じる話。 




あるとき、青森の小湊に津波が来襲した。多くの家屋が流され、また多くの人命が失われた。 
しかし、更地になった町を歩いていた一人の男が声を上げた。化け物のように巨大な蟹が打ち上げられていたのだ。 
甲羅が八尺(2.4m)もあったというから、脚の長さまで含めると5mぐらいにはなったんじゃなかろうか。 

津波の原因はこいつだと合点した村の人々は怒りに燃えて蟹に打ちかかった。 
瓦礫や千切れた網を動員しての白兵戦は熾烈を極めた。蟹は自慢の鋏で網を破り棍棒をへし折ったが、 
劣勢になったのを感じてか、やがて海へと逃げ帰っていったという。 

しかし、後日になって蟹は再び小湊の村を襲撃した。しかも男たちが漁で留守にしている昼間を狙ってだ。 
蟹はその巨大な鋏で逃げ惑う女子供の首をパチンパチンと跳ね、先日の恨みとでも言うように小湊を荒らし回った。 
小湊の町は跳ねられた女子供の血で真っ赤に染まったという。 

漁から帰ってきた男たちを待っていたのは、変わり果てた家々と累々と転がる死体の山だった。 
男たちや生存者たちは憎しみに燃え、大蟹討伐隊を結成した。遺されたものたちは来る日も来る日も海を見回り、 
あの憎き大蟹がやってくるのを待った。

 
続きを読む

宮城県に八木山橋ってあるじゃん  後編

389 : 3[sage] 投稿日:2011/02/21(月) 22:43:46.20 ID:EdUs4ttB0 [3/4回(PC)]
Eは最後まで納得していなかったが、車も無いし、どうせ一人じゃいけないだろうと、俺は面倒になってさっさと帰った。 
翌日の午前中、死体を回収しました、ご迷惑をおかけしました。という電話が警察から俺にかかってきた。 
俺は正直安心した。Eと険悪な感じになっていたから、警察のミスでなら、簡単に仲直りできると思った。警察の話も半分だけ聞いているような状況で、写真の提出を求められて、そういえば何でEに先にかけなかったんですか?と質問した。 
Eにかけたが出なかったと説明してよこした。写真は彼が持っているので、と話している途中、少し気になってやはり昨日は発見できなかったのかと尋ねた。 
警察はええ、既に暗かったので捜索は無理でしたと答えた。俺はそれでもわざわざ確認に行って頂けたようで、ありがとうございますと言った。 
電話の向こうから、昨日は確認に行っておりませんよ、という答えが返ってきた。


続きを読む
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
メールはこちら

名前
メール
本文