東北

【東北の不思議な話】能面が起きたとは?

PAK52_jinjyanoomaturitokoibito_TP_V

私は東北在住なんですけど私の住んでいる地域で最近変な話があるんです。 
『能面が起きた』と。 
それは、今年の5月に私の住む部落(地域的な意味です)で急きょ祭りが行われることになりました。 
今まで無かった祭りが急にできたのです。 
続きを読む

【東北の怖い話】慰霊の森 前編

AME_yukishidaretuki_TP_V

681 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:36:48.56 ID:tJNiq/co0 [1/4回(PC)]
某県の慰霊の森の話なんだけどね。 
俺の叔父がずいぶん前に行ってききたんですよ、慰霊の森。 
友達数人と連れ立って、慰霊碑を拝んで帰ろうってことになって、深夜の園内の階段を上ってた。 
そしたら、普段はそんなキャラじゃないS田がやたらとびびる。 
前を歩いてる友達に「ヤバイよ!ヤバイって…」としきりに主張し後ろを何度も振り返る。 
しかし叔父たちも肝試しのノリで来ていたのでそんな事を真に受けて「じゃぁかえろう」 
というものは誰も居なく、結局S田の意見は軽く受け流され一向は慰霊碑へ。 
そこで、ふざけた友人の内の一人(仮にF谷)がよせばいいものを慰霊碑の前で大きく柏手を打った。 
「なんだよwwなんにもおこんねえなwww」 
確かにF谷の言う通りだった。幽霊が出るどころか、深夜の慰霊の森は静まり返って風音一つしない。 
心霊スポットと言うからには何かしらあるのだろう。そう期待していた一行は半ば落胆しつつも、 
今来た道を引き返す事にした。


続きを読む

【東北の怖い話】慰霊の森 後編

AME_yukishidaretuki_TP_V

683 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:39:30.28 ID:tJNiq/co0 [3/4回(PC)]
明るい店内に入って、皆はとりあえず落ち着いたようだった。 
S田もあれほど脅えていたものはついてこなかたのか、いくらか安心した表情を浮かべている。 
「で、S田。結局なんだったんだよ。さっきのは」 
友人の促しに、S田は先ほどの話を詳しく反芻し始めた。 
S田「最初な、あの階段のとこ。F谷段差に躓いてたろ…だから俺も気をつけようと思って足元見てみたんだよ… 
   そしたらなんか誰かの足がF谷の足ひっかけてんの。おかしいじゃん。なんか足、はだしだったんだよ。 
   そんで怖くなったから俺言ったけどお前ら相手にしてくんねーし、F谷は馬鹿な事するし、俺めちゃめちゃ怖かった。 
   それで帰り道にさ、怖いから後ろ振り向いてみたんだよ。そしたらなんか増えてんの。 
   さっきの足に太ももとか腰みたいなのがついてる。しかもなんか全部ばらばらのパーツが組み合わさってるみたいな… 
   それでどんどん後ろ見るたびにそいつ体のパーツ?ミンチみたいなのが増えてってくし… 
   俺怖いから逃げようと思ったけどおまえら俺の話聞かねーし。


続きを読む

【東北の怖い話】ムサカリ 前編

427 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/31(木) 19:40:21.57 ID:A9d0tpN10 [1/4回(PC)]
俺は今は大きなデザイン事務所に勤めてるんだけど、 
専門学校を出てしばらくは学校から勧められた冠婚葬祭会社で写真加工のバイトをしていた。 
葬式の場合は遺影用としてスナップから顔をスキャンしてスーツ姿にしたり、 
結婚写真の場合は全体的な修正などの仕事が多かった。あとは写真に関係ない細々した雑用。 

ある20代の若い男性の葬儀で、アルバムから遺影用の写真を選ぶのに自分も加わったけど、 
そのあとで60代と思われるご両親から呼び止められて奇妙な依頼をされた。 
それは故人となった息子の結婚写真をつくってほしいという話で、 
未婚のまま病気で亡くなった息子が不憫でならない、なんとか空事でも結婚式を挙げた写真を残したいが、 
そういうことはできるものかと尋ねられたんだ。 
まあ、できるかどうかは素材の画像が揃ってるかどうかで決まるんだけど、 
会社で正規に請け負う仕事とは違うんで、その場での即答は避け正社員の先輩に相談した。


続きを読む

【東北の怖い話】ヨウコウ

351 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/05/19(土) 19:46:07.89 ID:TI7wvHDL0 [1/2回(PC)]
オレのじいちゃんは猟師なんだけど、昔そのじいちゃんについてって体験した実話。 
田舎のじいちゃんの所に遊びに行くとじいちゃんは必ずオレを猟につれてってくれた。 
本命は猪なんだけど、タヌキや鳥(名前覚えてない)も撃ってた。 
その日もじいちゃんは鉄砲を肩に背負って、オレと山道を歩きながら、 
「今日はうんまいボタン鍋くわしちゃるからの!」 
と言っていた(実際撃ったばかりの猪は食わないが)。 
そのうち、何か動物がいるような物音がした。ガサガサって感じで。 
オレは危ないからすぐじいちゃんの後ろに隠れるように言われてて 
すぐじいちゃんの後ろに回って見てたんだけど、じいちゃんは一向に撃つ気配がない。 
いつもならオレを放っておくくらいの勢いで 
「待てー!」 
と行ってしまうのだが、鉄砲を中途半端に構えて固まってしまっている。 
オレはそのころは背が低くて茂みの向こうにいる動物であろうものはよく見えなかった。 

オレは気になってじいちゃんに 
「何?猪?タヌキ?」 
って聞いた。 
しかし、じいちゃんはしばらく黙っていて、茂みの向こうをじっ…と見ていた。 
「あれは…」 
とじいちゃんが口を開いた瞬間、急に茂みがガサガサと音を立てた。 
「やめれ!」 
と言い放ち、じいちゃんはその茂みに一発発砲した。 
そしてオレを抱えて猛ダッシュで逃げ出した。

 


続きを読む

【東北の心霊スポット】大籠地区は日本有数の隠れキリシタンの里である

LOK_nukarundasandou_TP_V

270 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/28(木) 22:51:52.41 ID:oU9e8f7l0 [1/1回(PC)]
岩手・宮城にまたがる大籠地区は日本有数の隠れキリシタンの里である 


大籠地区には、かつて砂鉄を原料としたタタラ製鉄で炯屋(どうや)が数多くあった 
永禄元年(1558年)、技術者として千松兄弟を吉備の国から呼び寄せたが、実はこの千松兄弟がキリシタンであったのだという 
これ以後、さらに炯屋が増えるとともに、人々の間に着々とキリスト教が広まっていった 

しかしその後、徳川幕府がキリスト教の禁教を命じた結果、この地で実に300余人が殉教したという 
当時日本屈指の大大名であった伊達藩領内だからなのか、その弾圧は徹底的であり、また凄惨なものであった 


この地が、島原・天草に代表される他の隠れキリシタンの里と違うのはその処刑場跡の多いことである 

この地区の中だけで刑場跡は十数箇所もあり、そのいずれにも供養のために地蔵が建てられている 
不思議なことに、処刑場の地蔵の首は何度付け替えても繰り返し落ちるのだそうである 
ついには諦めて首がなくなったまま放置された地蔵も多いが、そんな場所がのどかな農道の傍らに 
ゴロゴロある光景は筆舌に尽くしがたく異様で不気味である 

また、この刑場跡は、やはりというかかつては亡霊に悩まされ、夜な夜な男女の悲鳴が聞こえてきて一睡もできぬ有様だったという 




俺もここに一度行ったが、あの時が止まったような、異界としか表現できない雰囲気は体験してみなければわからぬ 
異世界度は個人的には同じ岩手県内にあるかの慰霊の森すら遥かに凌ぐ。知る人ぞ知る隠れ里である

【東北の怖い話】ハチロー(秋田県八郎湖)へバス釣りに行った 後編

435 : ハチロー[sage] 投稿日:2012/02/03(金) 04:39:19.07 ID:j38Oqh2F0 [3/5回(PC)]
行きに通った航路にボートを戻して、全開で走りました。 
男がいた場所を通りすぎる時、ダチはじっとその辺りを見ていましたが、俺は、怖くて見れませんでしたよ。とにかく、全開で走り続けました。 
ボートを下ろした場所と自分の車が見えてきて、助かったと思いました。 
「なぁ、アレ、やばいヤツだよなー? まさか、ホントに人だったなんてことは無いよな。」 
「当たり前だろ、ペラが底につく浅さだぜ、人間じゃねぇよ。」 
「おー、でも、初めて見たぜ、ホンモン。」 
そんな軽口を、少しは叩けるくらいにまで、落ち着いてきました。 

少し冷静になって、気がつきました。朝より、少し減水してるようです。 
「ちょっと減水してっから、ボート上げるのキツイぞ。」 
「とっとと上げて、帰ろうぜ。」 
その日、トレーラーを使えそうな所が無くて、比較的段差の無い所から、ズリ降ろしたんですよ。 
ボートを岸に近づけて、急いで、装備を車に投げ込みました。 
その間、川の方は、なるべく見ないようにしてました。特に、男がいた辺りは、絶対に。 

軽くなったボートの先を岸に引っ張り上げて流されないようにして、さあ、後はタックルを積むだけ。 
ガシャ、ガシャ・・・ 
「あっ、チッキショー! ボックス(釣り道具箱)、ぶちまけたー!あれっ?・・・」 
「ナニ、やってんだよ、早く拾えよ!」 
「割れてる、こんなにでっかく・・・」 
「えっ・・・」 
ダチのプラノ(釣り道具箱)を見ました。  
取手と留具の部分に、何ヶ所もひびが入っていました。 
「・・・なんだ、こりゃ・・・」 
多分、俺もダチも同じことを考えていたと思います。 
でも、お互い口に出しませんでしたよ。 
何かが、始まったり、来たりするような気がして。

 
続きを読む

【東北の怖い話】ハチロー(秋田県八郎湖)へバス釣りに行った 前編

433 : ハチロー[sage] 投稿日:2012/02/03(金) 04:35:05.78 ID:j38Oqh2F0 [1/5回(PC)]

去年の8月、ダチと2人でトレーラーでアルミボート引いて、ハチロー(秋田県八郎湖)へバス釣りに行ったんですよ。4日間の予定で。 
ところが、到着前日から、凄い雨で流入河川とか濁流なんですわ。 
初日、西部やったんですけど、いまいちで、2日目から中央カンセンロとかいう、ドブみたいな所でやったんですよ。 
小雨の肌寒い中、一日中やって、そこそこ釣れました。 
夕方帰ろうとした時、川の真ん中に人が立っているのが見えたんですよ。200mくらい先に、ぼんやりと。 
夕方、結構肌寒いし、釣りとか網とかやっている風でもなく、棒みたいに突っ立っているんですよね。 
ダチと、なんか気味悪りぃなーとか言いながら、なるべく避けて、端を通るようにボートを走らせていたんですよ。 
「やべぇぞ!」 
前に座っていたダチが言いながら、止めろと、手で合図をしてくるんですよ。 
何だ?と思って見ると、さっきの突っ立っているヤツが、その時点で、グレーっぽい作業服を着ている男のように見えました、そいつが、まっすぐお風呂に入るみたいに沈んでいくんですよ。 
自殺なのか? それとも何かしていて、倒れたのか? 
助けなきゃ! 面倒な事になった・・・ 
いろいろな考えが、頭の中をグルグルと回りました。 

全開で近づいていく中、その男は、もう胸くらいまで水に浸かっていました。 
50mくらいまで近づき、こちらに背を向けた男らしい事が分かりました。 
やばい、急げ! 
「おいっ、アンタ! シッカリしろ!」 
ダチが叫んでいました。 
沈んでいく男は無反応でした。

 
続きを読む

【東北の怖い話】そうぶんぜ 後編

229 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/30(月) 01:05:59.38 ID:8x3Fma9k0 [5/9回(PC)]
こんな感じだった。後で知ったんだけど、俺が軽く調べた限り、ネットで目にするどの話とも微妙にパターンが違ってた。 
で、ガチビビリした俺らは言うとおりにやったんだけど、 
Aはさっきも言ったようにハンデ持ちだったので、話をよく分かっていないのか、怖くてテンパってたのか 
目を瞑りながら喋ってしまった。 
そのとき喋ってた言葉が聞いたこともない言葉というか、少なくとも日本語には聞こえない言葉だった。 

俺ら「おい、これやべーんでね?喋ってらって!」 

B「あっはっは、おめだぢマジうげるー!『そうぶんぜ』って逆がら読んでみれでば!」 

俺ら「あ?『ぜ・・・んぶ・・・う・・・そ』んなー!頭さ来るなー、嘘がー。マジビビッたでばー!」 

一件落着、と思いきやAがさっきと同じ状態のまま。 

俺ら「おい、A!いい加減やめれでば!全部嘘だどや!」 

A「くぁwせdrftgyふじこlp;」←聞き取れなかったから適当に入れた。 

俺ら「おい、やめれっつってらべが!おいっ!」 


続きを読む

【東北の怖い話】そうぶんぜ 前編

225 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/30(月) 01:04:00.00 ID:8x3Fma9k0 [1/9回(PC)]
小学校んときの話。 
会話文は雰囲気出すために方言で行くわ。 


俺は地元が東北なんだけど、俺の小学校は俺が在学中ミニバスが結構強くて、 
土日も長期休みも練習&練習試合&合宿ばっかだったのね。 
ある夏休みの日、近隣の学校と合同合宿があって、隣町のセミナーハウスに泊まることになった。

 
続きを読む
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文