東北

彼女が失踪してから数ヶ月後に体験した 実話です

59 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 23:06:11 ID:9VtUz/Nz0 [13/24回(PC)]
 当時高校一年だった俺は、海辺の我が家から友人宅へ向かう べく歩いていました。時刻は 
午後九時をまわっていたでしょうか。 住宅地とはいえ街灯も疎らで薄暗い海岸近くの生活道路 に、 
俺以外の人影は全くありませんでした。 

 と、後ろから足 音が聞こえてきました。何気なく振り返ってみると、10メー トル程後方に男がいます。 
一見して、それほど若くないことだ けはわかりました。  足音が早くなり、その男がどんどん近づいてきました。 
(追い 越すんだな)と思っていると、その足音は1メートルほど後方で 歩を緩め、俺にぴったりと 
追従する形になりました。 細い路地ならともかく、そこは幅員5メートル程もある道です。 
 
明ら かに意図的なその行動に、当時既に武道の有段者だった俺も、 相手の真意を質すことはおろか、 
振り向くことすらできなくな っていました。 そのまま10メートルも歩いたでしょうか、 後ろの男が 
再び早足になると、息がかかるほどに密着してきました。  

つづく 

 
続きを読む

オカルト大好きな小沢県民だったら誰もが知ってるあの森

508 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/09/04(土) 09:44:10 ID:1hWlPtIz0 [1/1回(PC)]
オカルト大好きな小沢県民だったら誰もが知ってるあの森があるよな 
東北でも最強クラスの心霊スポット!飛行機墜落事故で有名な○石のあの森だ 
俺なんかもうすぐ三十路だっつうのにあそこの話をするだけで鳥肌がたっちまう 

当時担任だったオカルト好きの小学校の先生がこんなことを言ってたっけ 
遊び半分であそこだけはいっちゃいけないよ 
仮にもし君達が大人になって誰かと行くことになったなら階段の数でも数えてみるといい 
誰一人同じ数じゃなくなるだろうね 
って 

今はどうだかしらんが 
一晩置いて行かれた女が白髪になった話とか車が手形だらけなるとか 
昔は特にヤバかったらしい 
エンジンかかんなくなるとか今でも普通にありそう 

中でも俺が聞いた一番怖いのは 
仲良し6人組で、悪乗りして広場みたいな所でキャンブをしようってことになったらしいだが 
昼にテントを張る時いきなり始まってたって話 

すでに一人多いんだってwww 

気づいたけど誰一人そのことにつっこまなかったって 
そんな状況になったら顔も上げれないよなw 
大急ぎでテントを組み立て中に入ると 
「熱い・・・」等ささやきが聞こえてくるしテントは手で触ったかのようにガサガサ揺れたらしい 
彼らはなんとか我慢して明るくなったら逃げだしたそうだ 

書いてて気分悪くなるなぁ 
ホント、あそこにはしんでも行きたくないわ 

 
続きを読む

宮城にある牧山トンネル

115 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/07/16(金) 03:22:46 ID:5WyNbktD0 [1/3回(PC)]
数年前に俺が体験したんだけどさ 

友達、俺含め5人で宮城にある牧山トンネルってとこいったのよ 
まぁその友達たちも俺も、こういうの大好きな人間だからめっちゃテンション上がってた 

その時は確か午前3時ぐらいだったかな 
一人がふざけて上半身裸になり特攻して俺ら大笑い 
そいつ絶叫あげてトンネルの多分奥か中央くらいまでいったんだけどいきなりピタッと絶叫止まったんだよね 

俺らは俺らで大笑いしてて、またあいつ何かしようとしてんのかと思ってたんだけどさ 
数分待ってても何一つ物音もしなければそいつも現れない訳 
場所が場所だから俺らも「あれ?これやべぇんじゃね?」とか思って、そいつの名前呼んだりしたんだけど音沙汰無し 

さすがにちょっと怖くなってきて、みんなで確認しにいこうってなったんだよね 
そんで進んで20m30mくらい進んだとこにそいつ立ってるわけよ

 
続きを読む

八甲田山

342 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 17:15:37 ID:S4NKeY/r0 [1/1回(PC)]
八甲田山はやばいと昔雑誌に書いてありましたがどんな事がおこるんだろう・・ 
ナックルズだかに以前載ってたのは、四谷怪談のようなメカニズムの恐怖があるとかいてたけど・・ 

 
続きを読む

禁忌の植物

768 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/06/10(木) 20:39:43 ID:ABwa14U80 [1/2回(PC)]

家で育てちゃいけない植物がある、のだそうだ。 

当時「ゆうがお」と聞いた気がしていたが 
改めて親父に聞くと「ひなげし」だと言っていた。 
逮捕されるからだろ?と聞いたら、違う、ひなげしだ、とのこと。 


うちで育てたらどうなるかは不明だが、昔、家の近くに 
玉蜀黍を育ててはいけない家があって、でも欲にくらんで育てたんだけど 
そしたら家が全焼したときいた。 
最近ナガミヒナゲシを見るたびに思い出す。これ、うちに来たらどうしよう、と。 

東北に一族がいるわけだが 
禁忌の植物がある家、どっか他にないかな?

 
続きを読む

この家には悪魔が住んでる

345 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 16:03:04 ID:xOfTn2jz0 [1/1回(PC)]
家系というか何というかどこに書くか迷ったのでここに投下させてもらいます。 
うちは東北の田舎の古い家なんだけど、ときどき自称霊能力者という人たちが勝手に来ては 
「この家には悪魔が住んでる」 
とか言ってくるんだ。 
それで不安にさせといてお祓いのグッズとか売りつけようとしてくるなら、まあ所謂インチキだって思えるんだけど、 
そういうこともされないし、ただ「悪魔がいる」って言われるだけ。 
祖父母の話を聞くと、本当に昔からそっち系の人たちにそういうことを言われるらしい。 
一回、周りの家に「あの家に悪魔が住んでる」と言いふらされて、少し頭のおかしくなってたおばあさんに放火されかけたり、 
「悪魔の子」とか言われて自分が殺されそうになったこともある。 
一族はわりと長生きだし、大病する人もいないし、悪いことなんて滅多に起こらないんだけど、 
それなのに悪魔がついてるなんてことあるのかな? 
ちなみに自分は霊能力はまったくゼロ。オカルト大好きだけど何も見えなさすぎ感じなさすぎで悲しい。 
そっち方面に鈍感過ぎる、とか呆れられたことも。 
唯一、家に住んでるらしい座敷童が夜中走り回る音が聞こえるくらい。 
座敷童と悪魔が同居できるのかは知らない。 
母は霊能力が強いらしくていろいろ見えるらしいけど、悪魔のことについて聞いてみると冗談めかして 
「私のことよ」なんて言う。

 
続きを読む

地蔵

8 : 地蔵[sage] 投稿日:2010/03/29(月) 16:51:16 ID:82xGF21Y0 [1/3回(PC)]
昔、民間の旅客機と自衛隊機が上空で衝突して、乗客成員が死亡したっ 
ていう事件があったでしょ、場所は東北だけどさ。 
かなりの高度で衝突したから、機体の破片と乗客の遺体は地上の広範囲 
にバラまかれてしまって、遺体の収容が大変だったってやつ。 

遺体と機体が落下したその場所って、関東圏でもかなり有名なスキー場 
になっている。地元民は落下したあたりの山には今でもあまり入りたが 
らないよ。 

でも、俺らも若くてバカだったから、18のとき夏休みに友達と3人で出 
かけていたんだ、夜の墜落現場に。 
遺体が一番落ちたって言われてる場所は山の中腹あたりで、車で入れる 
ところから普通に歩ける作業用の林道を歩いて20分くらいのとこだった。 

続く

 
続きを読む

家の主に代々伝わる話

322 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/02/27(土) 19:24:57 ID:jem8Wdzn0 [2/5回(PC)]
東北某県の山奥にある実家にまだ住んでいた頃の話なんだけど 

その地域では俺の一族が大地主だったらしく、 
祖父に対して近所の連中がぺこぺこしてるというなんとも嫌な感じで、 
正直俺は余り実家のことが好きじゃなかった。 

んでそんな俺の実家には蔵がある。 
家宝が云々とか言われているけど、なんのことはなく 
ようは他方からの貢物を収めている。 

そんな中でひときわ大切にされている玉があった。 
用途は一切不明、黒ずんだ金属(何の金属かはわからん)製らしき玉で、 
模様装飾その他は一切なし。 
振るとカラカラ言った(子供の頃振って祖父に血を吐くほど殴られた) 
なんなのかよくわからなかったけどただ 
「最も大事な物、絶対に触るな」とだけ言われてきた。 
絶対に触るなって言っても別に呪いがどうこうではなく、祖父曰く 
「孫が入っておる。いつ生まれるかわからんから刺激はするな」とのこと。 

どうやらその家の主に代々伝わる話があるらしく、それに関係しているらしい。 
俺の父親は知っていたが俺はまだ知らなかったので、 
気味が悪いとは思っていたが別にどうすることもなかった。 

後で父親に聞いた話だと「孫」っていうのはその地域の土着神みたいなもの。 
普通土着神っていうのはその地域に住んでいるものだけど、 
「孫」は特別で、村が出来て人が住んでから他方の神様を持ってきたんだと。 
その連れてきた人間っていうのが家の家系の1代目ってわけだ。 
なんで「孫」っていうのかとか何故変な玉に入っているのか 
生まれるってどういう事かとか、そういうことはわからんとのこと。

 
続きを読む

遠野の妖怪

601 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/02/14(日) 10:29:09 ID:AM8NMZqr0 [1/3回(PC)]
俺の体験した話をひとつ。 

 これは、岩手県遠野市に旅行に行った時のこと。 
 時間は黄昏時。とある民宿を探し、俺は山の中を歩いてた。 
 山の中……って言っても、舗装された広い道路があって、脇には公衆便所や民家がポツポツとあった。 
 で、そんな民家の側に、一人のお婆さんがいたんだよな。そのお婆さん見つけた時、正直ラッキーって思ったさ。丁度道がわからなくなってたからな。 
 それで、渡りに船と思って、お婆さんに道を聞いたら、 

「そこの坂をね、まっすぐ行くんだよ」 

 俺は驚いた。なぜかっていうと、道路の方ではなく、人一人通るのがやっとの急な坂を指差しているのんだから。 
 俺は間違いだと思って聞き返した。 

 「ここをずーっとですか?」 
 「ああ、ここをずーっと」 

 間違いない。お婆さんは、確かに細い坂を指差している。 
 俺は観念して、そこを上っていった。

 
続きを読む

ある東北の小さな町の話

470 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/02/12(金) 22:33:50 ID:+j+aZwc30 [1/2回(PC)]
俺が小学5年の時の話。 

朝から具合が悪くて、学校休んで高台にある県立病院に行った。 
小さな町だけど5階建ての結構立派な病院。 
診察終わってただの風邪だって言われて薬もらって、さぁ帰ろうという時。 
玄関に向かって歩いてたら、廊下の向こうから一人のばあ様がつかつか俺に向かって歩いてきた。 
んで、いきなり俺の胸倉掴んで、 

「あんたがやったんだろ!知ってるんぞ!あんたが全部悪いんだぞ!」 

って、いきなり怒鳴り始めた。 
老人臭が凄い凄い。 

「オレ(その地方では女性でも「オレ」って言う)、知ってるんだからな!」 

もうとにかく騒ぎ出すばあ様。 
俺はまだ10歳のガキだし、胸倉掴まれた経験なんて無かったからもうわけがわからない。 
見ず知らずのばあ様にいきなりキレられる理由が見当もつかない。 
「え?え?え?」 
俺は慌てふためくばかり。 
なおもばあ様は喚き続ける。 
そのうち人も集まりだしてきた。 
でもばあ様はひたすら俺に「あんたが!あんたが!」って喚き続ける。 

やがて、看護婦さんと中年の小太りのおばちゃんが向こうからは走って来て、 
俺からばあ様を引き剥がして 
「ごめんね、うちのばあちゃん、心の病気なの。勘忍してな」 

俺に謝るおばちゃん。 続く↓

 
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
最新コメント
スポンサードリンク
メールはこちら

名前
メール
本文