心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

私の母は、お寺の子供で、元々小さい頃から人魂なんか普通に見てきたそうです。 私にもそういう力が宿っているのかどうかはわかりませんが・・。 それは、小学校5年の時の臨海学校(お泊り)の時です。 場所は、伊豆のとあるところです(場所名を言ってしまうと現地の観 ...

秋田は大仙市に伝わるお話 大仙市(花火大会で有名な大曲)の北に花館というところがあるが、ここに姫神山という山がある 大曲市はその昔、奥州の豪族・安倍氏の一人が支配していた土地であり、鶴羽形城という難攻不落の要塞があった この要塞に、まつろわぬ民・安倍氏の ...

結構後悔してる話。 今年に入って少しして友人達と心霊スポットに行こうって話になった。 メンバーはA男,B男,C女そして俺だった。 場所は伊豆の某所。 心霊スポット表に上がってるかどうか分からないけども、 地域から避けられてる旧トンネル。 首吊った女が見えた、と ...

太平洋戦争末期、インドネシアを占領していた日本軍は、戦況の悪化に伴って過酷な徴発を何度も繰り返した そのせいで、戦争末期には友好的であったインドネシア人たちの間にもかなり反日的な意識が芽生えていたという この抗日的意識と民族団結の機運は日本の降伏後、イン ...

高校生の頃、ひきこもりではなかったんだけど、 学校いくのめんどくさくて、サボることが多かった。 てか、学校自体が嫌いだった。先生も生徒も制服も黒板も机も校則も大嫌いだった。 正直、シンドかった。なので、学校行くって言って家出て、プーの友達と遊んだりしてた ...

今、夫と旅行に来ています。M県に。 観光でお寺さんとか、回っていたんだけど、そのお寺が妙に気持ち悪くて。 早々に予約していたホテルに向かいました。スタッフさんに迎えられ、軽く館内を案内してもらって、そのまま部屋に向かいました。ラブホとビジネスホテルを足し ...

高校の時、部活の合宿で長野に行ったんだが 旅館とかに泊まるんじゃなくて廃園になった幼稚園を掃除して そこに泊まることになった。 無論手入れなんかされてないから泊まる前に掃除をすることになった。 庭、教室?は想像していた通り虫の寝床になっていたんだが、 職 ...

自分がまだ中学生で実家に住んでいた頃 東北の雪深い山奥で冬は毎日家の前、日曜日は田舎特有の無駄に広い土地の為家族総出で屋根の雪おろし、庭などの雪かきが定番だった ある日曜日、我が家は定番の一家総出で雪かきをしてたんだが隣に住んでいるお年寄りも雪かきをして ...

高校生の頃のことです。私は弓道部に所属していて、 毎日夜の七時頃まで練習していました。 また、日の短い時期は多くの部活は真っ暗になる前に練習をやめて 帰ってしまうため、弓道部以外に校舎の外を歩く人はほぼいません。 特に弓道場は正門と反対側、つまり校舎の裏 ...

ちょうどCが戻って来て様子のおかしい俺を見て C「どうした?なんかいた?」 俺「いた!聞いた!女の声!」 C「落ち着けって!裏見て来たけどいなかったよ。 とりあえず中探すしかないだろ?無理なら鳥居で待ってるか?」 どっちも嫌だった。が、一人になるのが一番嫌だ ...

高校三年生の夏休み連れ四人で隣町のそんなに知られてないhigh病院に行ったんだ。 それぞれの名前は俺とA、B、Cとする。 Aが車の免許をとったって事でドライブも兼ねて近頃話題になってたhigh病院に行ってみようぜって事になったんだ。 夜中一時半位だったか、Aが家まで迎 ...

昨年の末、祖父がくも膜下出血で倒れました。で、結果的に半身不随。 意識は有ってこちらの呼びかけは理解している様子なんだけど目が開けられなくて、言葉もうまく発音できない状態。(判読は出来るレベル) その祖父が心筋梗塞で危篤になってしまった時のお話です。 その ...

大学一年の夏の話 その頃ちょうどバイトクビになってて、毎日暇で寝てるだけの生活だった。 その日はいつも以上に蒸し暑く寝苦しい日だったのを覚えてる。 おれはよく夢を見るんだが、その日の夢はなんか変だった。 表現しづらいが、その日は妙にリアルで自分の部屋に突 ...

これは高校時代経験した話です 当時私は決まって週末はオールで友達と遊んでいました ある週末、当然その日も友達Aとオールで遊んでいたのですが凄い大雨が降ってきたので友達Bの家に泊まることになりました Bの家は二世帯住宅でおばあちゃんがいました とりあえず夜 ...

従妹の両親から聞いた話なんだけど  俺の従妹は美術系の高校通ってて、やっぱり絵画とか好きなのね  それで、自分の部屋に美術品のポスターとかを飾ってるらしい  でも、芸術としての絵って、なんというかちょっと不気味なところあるじゃん  それで従妹の弟(まだ小 ...

作家、民俗学者として知られる山田野理夫氏の話或る春の朝、氏が起きると突然右膝が痛み出し、立つことも出来なくなった 知り合いの鍼灸師を呼んで治療してもらったが、原因不明の痛みは治まらない その前後、山田氏は不思議な夢を見るようになったという 夢の中で山田氏 ...

数年前に面倒になって以来、ブログはやってない。 気づいたのは遠方に住んでる何人かの友人から時折来る携帯のメール。 「そういやお前先月、香港に行ってたんだね」やら 「車のキーなくして大変だったんだって?」やら 「彼女もうすぐ退院できるんだって? 良かったね ...

↑このページのトップヘ